2017
10.18

どれが真相なの?

Category: 子供
息子の帰宅が遅くなった日。

どうやら、先生に事情聴取(説教)されていたらしい。

息子:「この事で、あとで家に電話するかもって言われた」



事の発端は、息子に関わりないところで、ふざけた子供同士がトラブルになったらしい。

そこにたまたま来てしまった息子。

被害者側の子供に、息子も同じ事をされたことがあるよね?

そう聞かれ、外部のクラブではある、と答えたらしい。

すると、加害者側の子供が、自分も被害者と息子に同じことをされたと申告。

被害者の子は認めなかったけど、息子は認めちゃったって話。

でも、本人的にはした記憶がないらしい。

私:「なんで余計なこと言うのかな
   別にたいしたことじゃないでしょ」

息子:「言いたくなかったんだ
    別にどうでもいいことだし」

息子:「それに、されたことはあっても、したことはなかったのに」

息子:「先生に呼ばれた時、
   『自分のしたことも覚えていないのか』
    って言われて。
    言い方がすごく怖くて」

私:「でもさ、ママもあなた達をいつも見てるけど
   やられてたことはあるよね。
   ぎゃーぎゃー言いながらやり返そうとしたこともあるでしょ」

その「ふざけ」の行為のどこまでが事の完了で、どこまでが完了していないのかよく分からないけど。

私の中では、息子が笑いながらやり返そうとした時点で「やった」なのかな?という認識。



この日、私は外出していたため、一旦自宅に電話をして学校から電話があったかを確認しました。

私の電話に娘が出て、なかったと言いました。

するとその後すぐに娘から電話が来て、学校から今連絡があったことを教えてくれました。

私は出先でしたが、折り返し学校へ連絡を入れました。

この時は、まだ息子からの話しか聞いていなかったので、正直腹が立っていました。

事実確認をきちんとしないで。

子供たちにプレッシャーをかけて聞いた話なんて当てにならないじゃない。

それなのに、それを事実として、勝手に話を進めてくれて。

電話での言葉や口調は丁寧でも、先生はかなり私の怒りを感じたと思います。
(後で深く反省しましたが)



関わっていた子供、親ともよく知っている人間ばかり。

この後、それぞれの親に話を聞きました。



私としては、子供たちはふざけていただけで、同じ教室内にいた先生に言った子(被害者)も、ふざけて「せんせぇ~○○が・・(ニヤニヤ)」な感じだったと想像できる。

いつも一緒にいる子供達、じゃれ合うのはいつもの事。

なぜにこんなに話が大きくなったのか。

学校側はクラブにも連絡を入れると言ったらしい。



この話、いろんな気持ちが絡み合ってて、真相が見えない。

ただ、息子の話と、他の子、他の親の話を聞いていて引っ掛かった部分がいくつかありました。

息子が思わず「やった」と言った時の状況。

本人は「やった」意識がない中で、怖くて言ったしまった部分。

これでは、よく聞く尋問と一緒。



学校側は子供たちの関係性をきちんと把握できていたのか。

私たちが見ている限り、こんなことはいつもの事。

私たち自身、これはと思えば、どの子にも雷を落とします。(たぶん先生より怖い親たち)



そして、早々にクラブに連絡してしまったこと。

クラブ、関係ないような気が。

被害者の子曰く、「息子がクラブ中にあった」と言ったから、クラブに連絡が行ったんだって。

学校側の言わんとすることも分かるけど、親(私)の管轄内の事。

それがどうしてもいけない事であれば、ここまでは大丈夫と判断した私も説教されなきゃいけない気がします。



ちなみに、娘の部活でも、男子部で少し前にまったく同じトラブルがありました。

聞いた時は、今の気持ちと全く一緒。

子供達はふざけてやってただけなんだろうな。

それが大事になっちゃって。

先生も子供達をよく見ていれば、そんなことすぐに分かるのに。

この結果、男子部は部活停止になったのでした。



息子たち、もうすぐ公式戦。

出れなかったらどうしよう。

子供達の不安は大きくなっていきました。


つづく。



Comment:0  Trackback:0
2017
10.16

山あり谷ありな毎日・・

Category: サッカー
先日出場した息子のサッカーの大会。

第1回大会ということもあり、優勝してチームの名前が残ったらいいよねと話していました。



その大会の優勝トロフィーはかなり高価な物。

10万円ですって。

私も持たせてもらいましたが、ずっしり重くピカピカ。

お金かかってるな。

施設建設を記念したサッカー大会だからなのかも。

ぜひ優勝してこれを持ち帰ろう(実際はすぐに返却ですけど)。



そして念願叶い、優勝し、トロフィーを手にすることができました。

それにしてもあんな立派な物、ありがたいことです。

201710サッカートロフィー


ところが、息子、1日目の予選で負傷。

2日目のトーナメントに参加できず・・・。

本人は出たかったようですが、皆に止められました。

6年間の集大成の試合がもうすぐそこ。

その大会に出れなかったらどうするの?



いいところで、いつもヘマをやらかす感じがするのは気のせいかしら?

ドジだよね。



それから1週間後、怪我はほぼ治りました。

大事な試合が控えているのに、みんなに心配をかけて、私の心は申し訳なさでいっぱいでした。

やっと、運動OKを医師からもらい、安心したところに、また新たな心配事が待ち受けているなんて。



運動OKを医師からもらえた前日と、当日、息子の下校はいつもより遅かったんです。

息子:「ママ、昨日と今日帰り遅かったでしょ?
    実はね・・・」

この話はまた後日。



Comment:6  Trackback:0
2017
10.12

向いているのはどっち?

Category: 行事
娘の中学では1・2年と職場体験あります。

昨年は自分が卒園した園へ体験に行きました。

今年は、彼女の念願だったお菓子屋さん(和菓子屋さん)。




ところが、3日の職場体験のうち、お菓子屋さんは2日間のみ。
(たぶん、定休日の都合かな?)

なので、1日は再び保育園へ。

前日準備は手慣れたもので、お昼用のプラカップを用意したりしていました。



1日目帰宅した娘、ドンヨリ・・・。

今年はわりと小さ目の年少クラス担当だったようで、お昼の時間が戦いだったとか。

給食のキウイは

園児:「このトゲトゲ痛いんだよね」

と言いつつ、指でブスッ!!

その後も、娘の給食に伸ばされるたくさんの手をくぐりながら、お昼を食べたとか。

遊んで体当たりなどなどは昨年も経験済みのようでしたが、なにせ食べ物好きでのんびり食べたい食命の娘。

自分の給食を死守するのに必死だったそうです。

娘:「もう保育園は2度と行きたくない」

と苦笑いしておりました。



そして、2日目。

念願のお菓子屋さんへ行った娘。

目をキラキラさせて帰って来ました。

娘:「ママ♪見て見て
   お土産もらっちゃった♪♪」

201710職場体験4

金鍔3つとオムレット1つ。

娘:「休憩時間にお茶菓子が出たよぉ
  (一緒に行った友達と)女子会みたいで楽しかった」

1日目、大変だったからね、ご褒美かな。

仕事内容は掃除やら箱の積み下ろし、接客だったようです。

明日はお菓子も作れるかな?



そして、職場体験最終日。

この日も、ニコニコで帰宅した娘。

娘:「今日もおみやげもらっちゃった」

201710職場体験2

これなんだか分かりますか?

ただの大福じゃないですよ。

中身は

201710職場体験3

マスカット!!!

しかもお高いシャインマスカットの大福。

201710職場体験1

どうしても食べてみたくて、娘にお願いして3つを娘・息子・私で分けました。

外の求肥は美味しかったです。

シャインマスカットも美味しかった。

でも・・・・実は私、いちご大福が大嫌い。

外の皮のもちっと感と、中のじゅわっと感が何とも気持ち悪くて、絶対食べません。

よく考えたら、マスカット大福も同じだよね。

半分食べて、息子がちょうだいと言ったので、あげました。

娘、すまない。



最終日もお茶菓子をもらいつつ女子会が開催されたようで、お菓子屋さん体験はすこぶる楽しかったよう。

力仕事は辛かったみたいですが、もともと一緒に行った中でも体力自慢の力持ちなので、他の子に比べたら、なんなくこなせたとのこと。

ちょっぴりお菓子作り体験もさせてもらって、大満足の職場体験でした。



娘:「1,400円分もお菓子もらっちゃった」

私:「そう言うこと言わないの」

ちゃんと商品の値段で計算しているところ、ちゃっかりしてるわ。


  
Comment:8  Trackback:0
back-to-top