2018
05.18

紆余曲折の先にあるもの

Category: サッカー
息子サッカーの選抜選手選考会、撃沈してしまいました。

しかも最終日までも行けなかった。



地元地区でのエントリーでも良かったのですが、あえて高いレベルの所属クラブのある地区の選考会へ申し込みました。

最初に聞いた時に、息子はそこで受けると即答。

私もよりレベルの高い場所でプレーした方が良いと考えていました。




息子は小学生時代、県の選考会で落ちました。

人数の多い選考会。(100人くらいです)

選考会では「自分をアピールしよう」とよく言います。

そうでないと選考委員の目に止まらないし、点を入れたりしないとポイントがもらえないらしい。

息子の良いところは、チーム全体で点を取ろうとするところ。

自分はディフェンスを引き連れて、スペースを空ける動きとか壁になる動きをする。

後はアシスト、どうしても点が決まらなければ自ら行きます。

でもね、選考会ではみんなアピールに必死になって人なんて使わない。

=息子のような選手はボールに触れている時間が減る。

人数が多い選考会では、このプレースタイルは致命的です。




選考会の前、ある方の文章を拝見しました。

選考会に関することでした。

『ゴールやアシストでポイントがもらえる』

『ボールを持っていない時の動きが良い選手は評価されにくい』

---まさに息子だ。

『でも、選考会のためにプレースタイルを変える必要はないと思う』

---私もそう思う。

『選考会を楽しむこと』

---いえ、楽しめないでしょう。




小学生の選考会の時は、「アピール大事」って話していました。

だけど、自分のプレースタイルを変えて評価されてもどうなんだろう?

そのままの彼の評価をしてくれないならば、そこで練習しても意味があるんだろうか?

私は、今回彼に

「あなたのプレースタイルだと評価されにくいかも。でもそのままでいいと思うよ」

それだけ伝えました。



1日目・2日目とあまりいいチーム分けではなかった気がします。
(チームに分かれてゲームをやります)

持ちたい選手ばかりで、詰まって球を取られる。

良いアシストしても、ゴールに入れてくれない。



1日目が終わった時点で、

息子:「あそこ(選抜)で練習しなくていいかも」

私:「○○君はガツガツ行ってたよ
   必死の形相でドリブルしてた
   あなたも必死の形相でやったら?」

息子:「そんな怖い顔する必要ないんだよ
    かえって力が入ると良いドリブルができないんだよ」

私:「選考者が中学校の先生なら、そういうの好きじゃない?
   『この子必死にやってるな』の感じが出て」

息子:「そんなの意味ないから」



選考会2日目に3日目招集される選手が呼ばれ、その中に息子含まれず。

帰りの車の中で

私:「大丈夫?」

息子:「何が良くて、何が悪いのか、もう分からないよ」

私:「確かに足下もできない子も呼ばれたね
   だとしたら、その程度なんだと思うよ」

息子:「でも、もうメンタル強くなったから大丈夫だよ」

息子のクラブ在籍の選手、ほとんどが3日目に進むよう呼ばれていました。
(でもその中に、ついこの前まで県選抜だった選手数名は、入っていませんでした)

Bチームの選手も多数。(息子は一応Aです)



車の中でも帰宅してからもボンヤリしていた息子。

サッカーのTVを見ながら、静かに泣いていました。

落ちたことより、受かった選手よりも自分ができない評価なんて!!な部分の悔しさで泣いていたんだと思います。



息子:「別にどっちでもいいんだ
    ジュニア(小学生の選抜)の時、できるようになった事なんて1ミリもないし
    ただ、その上に行けるかどうかなだけ」

日本語間違っていますけど・・・。

この言葉、私としては衝撃的でした。

息子は地元地区ですが、2年間ジュニア選抜の練習に参加していました。

でも、習ったことが何もないなんて!!




3日目から合流の選手もいるだろうし、そこでまた選別されますが、結果は分かりません。

ただ、同じクラブの子が多くいるなら、そこに行く必要はあまりないのかもしれません。

より能力の高い選手の中で練習することが目的で、クラブのある地域での選考会参加でしたが、同じ顔ぶれならいつもやっているし。

地域的に少しレベルは下がるけれど、何も学ぶことのない練習内容であれば、地元での選考でも良かったのか?!

選考人数が少ない方が、息子の良さは見に止まりやすいでしょう。

チーム分けに関しても、平等にしてくれると思われます。




落ちた直後

私:「来年も受けるの?」

息子:「受けるよ」

当然のように言っていました。

そして、現在は思うところはあるだろうけど、陸上部の活動後帰宅するとクラブ練習のない日は自主練習をしています。

強くなったね。



息子も私もいろいろ思うところはあるけど、いい勉強になったと思っています。

この機会に彼の考え方も少し聞けたので、それも収穫の1つかな。

紆余曲折・・・真っ直ぐに進めるわけじゃないんだよ。

その方が強くなれるよ。

人間的にもその方が大きくなれるよ。

ここでストップがかかる理由が何かあるはず。

「あそこでこうだったから、今はこうなることができた」

そう言えるように、今回の意味を考えて、これからのことに活かしていってください。




本当はママもすごくショックだったよ。

君と同じ「何で?何で?」のリフレイン。

心の中は黒い渦がグルグルと渦巻いて、暴言も吐きたいくらい。

でも、そんな風にしても何も変わらないしね。



負けてしまっても、失敗してしまっても、あなた達はよくできたママの子供達です。

どんな事があっても、あなた達はママの誇れる子供達ですよ。


Comment:4  Trackback:0
2018
03.22

これからも、よろしくお願いします

Category: サッカー
昨日、息子の小学生サッカーの最終日を迎えました。

卒団大会でしたが、結局最後まで成績は振るわず。

息子は最終試合が終わった後、泣いていました。

どうしても最後の試合は勝ちたかったみたいです。



大会の後、6年間でもらったトロフィーやカップが配られました。

ジャンケンで欲しい物をとるやり方でした。

息子はジャンケンにことごとく負けていました。

こういうのにはいつも弱いから、想像はしていましたけど。

息子のもらったのは、カップと楯。

カップは1位の物でしたが、それは息子が決勝に出られなかった大会でした。

楯はクラブのイベント大会の物。

あと賞状。

初めてビックスワンで戦った準優勝の賞状でした。

それから、先日大会でもらった手袋。

大きな大会のトロフィーはもらえなかったけど、それぞれに思い入れのある大会の物をいただきました。



この他、ある保護者の方から、6年間の想い出を集めたDVDをいただきました。

曲に合わせて、それぞれのプレーが映し出されます。

最初の頃の彼らはとても小さく、とても可愛らしかったです。

いくつもの季節の中で、いくつもの経験をして、心も体も大きくなってきました。

みんなで泣いている顔、笑っている顔。

夜、保護者LINEでは、「DVD見て泣きました」の言葉がたくさん送られてきました。



最後にコーチの所へ息子と挨拶に行きました。

コーチ:「1年以内、ジュニアユース(中学)で絶対にスタメンを取りなさい
     U-13(中1)じゃないよ
     トップチームU-15のスタメンだよ」

息子:「はい」

コーチ:「自分の強みを忘れないで
     それを活かしてこれからもプレーしてください」

息子:「はい」

コーチ:「これからも頑張ってね」

息子:「はい」

コーチの目は真っ赤になっていました。

この子達にはやはり思い入れが強いのかもしれません。

とてもとても可愛がってもらいました。



これからは、いろんな意味で戦いになります。

それでも、君たちをこんなにたくさんの人たちが見守っていてくれたんだよ。

そんな君たちなら、きっと大きな壁があっても乗り越えられるよね。

そんな風に思いました。



私自身、あまりにも次から次へと物事に追われて、感情が追いついてない感じです。

今ふと思い起こしてみると、いろんな楽しい事、辛かった事、濃度の濃い時間を過ごしてきた数年間。

それがすっぽり抜けてしまうと思うと、寂しさが込み上げてくるけど、子供達にも保護者のみなさまにも、そしてコーチにもまた会えると信じて・・・。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

     
Comment:6  Trackback:0
2018
03.07

育ててくれて、ありがとうございました

Category: サッカー
息子の卒団謝恩会の次の日の大会のお話です。



5年生でタイトルを1つ取ったものの、6年生最後の年は、イマイチパッとした成績が残せなかった彼ら。

その上、低学年の頃から、どうもフットサルは弱い印象があります。

それでも、この大会ではチーム全員出場して、2位の結果でした。

最終試合は、前半 0-4 と負けていたものの、後半 4-4 と同点まで追いついた。

勝つことはできなかったけど、後半8分の短い時間で4点。

2分に1点はすごいなと思いました。

後半コートに立った息子、カッコ良かったよ!!



この大会はチームで1名ずつMVPをいただけました。

息子、いただくことができました。

201803MVP

私から見て彼は、いつもと同じようにプレーしていただけ。

何も変わったこともなかったけど。

それでも、選んでくださったコーチ、ありがとうございました。



息子チームのMVPを選ぶ時は、いつもピッチの中で貢献したことだけが理由じゃありません。

例えば、試合に出ていなくても、ボールボーイをしてくれた。

今日良いところが見えたから、これからも頑張って、と言う意味での受賞。

だから、いいところでゴールを決めても、その選手がもらえるとは限らないんです。



息子はこの6年5回?6回?MVPをもらっていますが、コーチが選んでくれたのはそのうちの3回。

他は大会関係者が選んでくれたもの。



今のチームに移籍した当初、何度か保護者から「今回のMVPは○○(息子)だね」と言われたことがあります。

だけど、いつももらえなかった。

私も「頑張ったのになぁ」とションボリすることもありました。

私:「彼もいつかもらえる時が来るのかな・・・」

そんな独り言を言った時、コーチが

コーチ:「学年が上がると、たくさんの大会があります
     MVPのチャンスはいっぱいありますよ
     公式戦だってたくさんあります
     頑張っていけば、きっと MVP取れますよ」

そうおっしゃいました。

今思うと、要所要所、彼が成長する時にMVPをもらっていた気がします。

「このまま成長しなさい」そう言われているようでした。

それなら、今回のMVPの意味は何だろう?

聞きたかったのですが、コーチはもうお帰りになった後でした。



ここまで、育ててもらったね。

この先どうなるかは分からないけど、私たちは私たちのペースで進んで行きましょう。


Comment:6  Trackback:0
2018
03.05

でっかい勇気

Category: サッカー
週末、小学生サッカークラブの卒団謝恩会がありました。

いろんな想い出話に花が咲き、これからのことをたくさん話しました。

いろんな事があったけど、あっという間だった4年半。

息子は2年生の秋から移籍して来たので、みんなよりは少し短いけれど。



息子が入団してからチームで勝ち取ったトロフィーや楯。
(なぜかそれ以前に取った物は、飾られてなかったです)

201803トロフィー

全部で26個。

この他に賞状が大量にあるそうです。

サッカーは大きな大会になると、1人1人にメダルがもらえらたり、MVP賞があったりしますが、基本的にはチームで1つのトロフィー。

個人的に持って帰れるのは、参加賞くらいです。

このトロフィーは活動最終日に、選手たちが各々1つずつ持ち帰るよう、コーチから言われています。(選手数18名、全員分あって良かった)



本当は2次会まで参加したかったのですが、翌日は大会があります。

残った保護者&子供もいたけど、息子は病み上がりなので、1次会で失礼しました。

最後にコーチの所へ挨拶に行くと

コーチ:「○○(息子)に1つ言いたい事があったんだ
     でも、今は言いません」

私:「え?!なんですか??」

コーチ:「これを言うと、何で言ってくれなかったんだってお母さんの方が言うかな」

私:??

コーチ:「他の選手にも関わってくることなんで」

私:???

コーチ:「○○(息子)が二十歳になったら言います」

私:?????

なんじゃそれは?!

気になるじゃん。

特に息子より私が「何で言ってくれなかったって」言う内容なんでしょ?



コーチの話、想像でしかないですが、なんとなく予想はできるかな。(違うかもだけど)

思っている内容だったら、それは親子で話しあったことがあります。

息子も私も気持ちは決まっていたので、言われてもそれほど動じなかった内容じゃないかな、と思います。(想像ですが)




謝恩会での謎の発言を聞いていたみんなに、「今日眠れないね」と言われました。

案の定、この話が夢に出てきました。

しかも2度寝の。

おかげで、せっかく翌日の大会も考えて謝恩会から早く帰ったのに、寝坊してしまう私。

出発予定時間の20分前に主人に起こされました。

お弁当は作れず・・。

出発時間に余裕を持っていたので、大会には遅刻しませんでしたけどね。

謎の会話は宙ぶらりんですが、いい謝恩会だった。

笑顔と想い出がたくさん詰まった空間でした。



子供達も私達も、「行きなさい!!」って背中を押してもらえたような気がします。

自信や誇りを持って先に進めると思います。

201803謝恩会

最後に、この会を準備して下さった方々、本当に疲れ様でした。

ありがとうございました。



Comment:2  Trackback:0
2018
01.17

OKもらいました

Category: サッカー
昨年の11月から出来なかったサッカーがやっと解禁になりました。

昨日、息子のお医者様へ行って、運動全面OKをいただけました。

素直に嬉しいです。

2ヵ月近く鬱々としていた親子でした。

ただ、少し神経にあたってしまったらしく、感覚がおかしい箇所があります。

普段は気にならないらしいですけど。

それも、少しづつですが回復はしてきているようなので、一安心。

神経の修復は、細かいものでも100日はかかると言われているんですって。

人の身体は繊細ですね。



先週末の大会には間に合わなかった息子。

ベンチを温めていました。

引き分けの試合の後、別チームのコーチから話しかけられたらしいです。

骨折の事を聞かれて、「お前がいれば今の試合も引き分けなかっただろうね」って言ってもらったって。

いえいえ、そんなことはありません。(やめてください、お世辞でも本人調子に乗るので)



一部のチームメイトの保護者にも許可が出たことを報告しました。

すると、「次の大会は優勝できるね」と。



正直、何だか怖いなぁ。

2ヵ月弱もプレーしていなかった人間が、すぐに元通りのプレーができるなんて思えません。

しかも、息子、骨折の間に背が伸びました。

身体つきもガッチリしてきたように感じます。

運動している子が休むと、今まで運動に使われていたエネルギーが身体を作るために使われて、背がグッと伸びる事があるらしい。

ただでさえ、成長期。

今までと少し変わった身体を使いこなすことも最初は難しいでしょう。



親子では「ゆっくり戻していこう」と話していましたが、なんとなくそうはいかない雲行き。

それでも、マイペースを唱えながら、身体を慣らせていけたらいいなぁと思っています。



Comment:6  Trackback:0
back-to-top