2017
09.06

後ろ姿に萌える ♡

Category: お出かけ
息子サッカーの試合で、新潟県阿賀野市安田へ。

すると、行く道行く道に「瓦」の文字。

「瓦ロード」なるものも通りました。



試合会場に到着すると、遠目にこんな物も見えました。

安田瓦4

何だろう?

行ってみたいよね。

ここは、瓦の粉砕廃棄場でした。

安田瓦5

それにしても、この鬼、遠くからでも目立つ。

そして、こんな可愛らしい子たちも

201809安田瓦1


子鬼??

安田瓦2

ちょこんと座っていましたよ。

安田瓦3


後ろ姿がめちゃくちゃキュート。



アンパンマン?のような瓦も

201809安田瓦6


安田と言うと、ヨーグルトとかサントピアワールド(遊園地)しか思い浮かばない新潟県民。

瓦も名産だったんだ。

同じ県内でも知らない事はたくさんあるものです。




Comment:6  Trackback:0
2017
08.30

できないできないで ダブルパンチ

Category: お出かけ
金沢遠征の続きです。


古都金沢。

お寺や神社、古い町並み散策が好きな私は、どこか観光へ行きたかったのですが。

時間の関係でそれは叶わず。

それでも、宿泊場所が金沢駅の近くだったので、駅をちょっぴり見て回りました。
(これも私が行きたいとだだこねました

201708金沢5


北陸新幹線が開通した当初、よく金沢駅の映像をTVで見たっけ。



これこれ、これがよく映されてた。

201708金沢6

門をくぐってみましたが、想像以上に大きかった。

201708金沢7

水で「KANAZAWA」とか「WELCOME」とか出てました。

201708金沢8

至る所が、格子のようなデザイン。

上を見上げて、思わず「うわぁ~」と言ってしまう。



金沢駅のみを回って、その後は夕飯も兼ねた飲み会でした。

帰宅を気にしない飲み会は嬉しいです。



翌日、相変わらず動きがチグハグな子供達の試合。

2日目も勝ち進むことができずに終わりました。
(決勝トーナメント出場チームの順位決めがありました)

よくよく聞いたら、前日からコーチに怒られて、2日目のスタメン・交代・戦術は子供達で決めたとのこと。

彼らの締まりのないプレー。

そして、生活面でも約束事を守れなかったとか。

それで、「自分たちで全部やりなさい」みたいになっちゃったって。

聞けば、生活面では子供達も可哀想な部分はたくさんあって、全面的に彼らが「できなかった」訳ではないのだけれど。

小学生最後の試合が近づいている中、強烈に喝を入れられたのね。

大会のチームMVPも子供達で選べと言われ。

多数決で、息子がいただいて参りました。

得点王ではなかったけど、大事な試合での1点と、1番走っていたことかな。

でも、いつもは帰宅して1番にバックから取り出すメダルも、その日は後回しでした。

やっぱりコーチから選んでほしかったんだろうね。



今の時点でこの結果、それはそれで良かったのかもしれません。

もうこのメンバーでプレーするのは残り少ない事。

ここまで来たら、がむしゃらに進まなくてはいけない事。

今回の一件で分かったかな。

石川県まで行って、分からなくても・・・と思わない訳ではないですが。

この夏休み、息子はいろんな経験をしました。

心が一回り大きくなっていてくれたら、辛かったことも、それらは全てプラスに変わりますね。



Comment:6  Trackback:0
2017
08.29

観光気分♪

Category: お出かけ
石川県は金沢、行って参りました。

出発前日、翌日は早いことが分かっていながら、バレーの練習へ行きました。

帰宅時間は22時半過ぎ。

その上、ついついビールなんぞを飲んじゃいました。

そりゃ寝るのも遅くなるよね。

起きれなかったらどうしようと思っていたら、なかなか寝付けず、睡眠時間はほとんどない状態での石川出発となりました。



今回は、石川県の金沢市へ行きました。

こちらには「本田圭祐クラフトコート」なるものがあるらしい。

試合の合間に見学へ。

201708金沢1


クラフトコートとは、当時の新聞によると

『本田のVVV在籍時のオランダでの活躍をたたえ、
名選手クライフ氏が設立した財団が
日本協会に子供向けサッカー場(クライフコート)の寄付を要望。
本田が星稜高時代3年間をすごした金沢市内での建設が実現した。』

だそうです。

201708金沢2


フットサルコート1面くらいの広さでした。

この日も地元のチビッ子たちが練習してましたよ。

この運動公園、とっても整備されてて、綺麗でした。

201708金沢3


人工芝のサッカーコートがいくつもあって。

201708金沢4


遠くに見える体育館も不思議な形。

こんな場所でサッカーできるなんて、ありがたいことです。


息子たちは、1日目予選は1位通過したものの、決勝トーナメント1回戦で敗退してしまいました。

なんか動きがバラバラでしっくりきてないなぁ。

下位リーグだけど、2日目は頑張ってね。

と思いつつ、保護者達は金沢駅前にくり出しました。

続きは明日。


Comment:6  Trackback:0
2017
08.18

息抜き 息抜き♪

Category: お出かけ
みなさんご無沙汰しておりました。

お盆はどんな風に過ごされましたか?

後で、みなさんのブログにお邪魔させていただいて、楽しさのおすそ分けをいただきたいです。



我が家は、いつものように子供たちの大会や遠征であっちこっちに行っていました。

6連休のうち、完全オフは13・14日だけ。

その2日間はお墓参りですものね。

遊んでる場合じゃない。



私もここのところは凄まじい忙しさで、自分の買い物すら行けてない状態。

ちょっとだけ愚痴を言ったら、主人が空いた時間で、近場ですが買い物へ連れて行ってくれました。

それを我慢してついてきた子供達。

ありがとうね。



主人が子供たちのために、買い物の帰りにバッティングセンターへも行ってくれました。

201708バッティングセンター

子供達と私、順番にバッターボックスへ。

子供達はさすが感が良いですね。

すぐに打てるようになりました。

私はと言うと、1球も当たらなかった。

昔はカンカンと快音を響かせていたのに・・。

おかしいな。



その後やったストラックアウトと、動体視力は母がNO1でしたけど。
(ちょっと自信回復

お盆真っ只中の夕方でしたので、お客さんもまばらで、楽しめました。

久しぶりの家族でのお出かけ、半日だけだったけど楽しかった。

これからも忙しさは続きますが、いい息抜きができました。


Comment:6  Trackback:0
2017
07.12

プチ旅行記3

Category: お出かけ
プチ旅行記1・2の続きです。
プチ旅行記1はこちらから  プチ旅行記2はこちらから



翌朝、宿のお隣のパン屋さんへ向かいました。

201707佐渡11

朝早かったけど、もうお客さんがいましたよ。

カフェスペースには誰もいなかったけど。

モーニングを食べるつもりでしたが、自分でできたてのパンを選んで朝食にすることに。

時間があまりなかったんです。

201707佐渡12

とりあえず2個。

パンは温かかったです。

朝から美味しい物を食べれるって幸せですね。

のんびりしていたら、さらに時間がなくなって、1つしか食べられませんでした。

もう1つはテイクアウトにしていただきました。(後で娘が食べました



バタバタと荷物をまとめて、娘の試合会場へ。

シードをもらっていたのに、別山のシードと当たる前に負けてしまいました。

結局、娘たちが負けたペアが優勝。

こんなもんよね。

幸い、県大会出場権は獲得できました。



この日は昼過ぎには大会終了。

子供達も明日から学校ですもの、早く帰らなければね。

それでも、船は夕方便しかありません。

レンタカーに乗せてくれた方が、まだ何時間かあるから、子供達と別行動で観光でもとおっしゃってくれました。




まず、私が幼少時代住んでいた小木へ。

何十年ぶりだろう。

小学校へ上がる前だったから、もうほとんど覚えていないんですけどね。

201707佐渡15

たらい舟体験をされてる方たち。

まさか、乗る訳ではないでしょうね?

とビクビクしていましたが、乗ることにはならず、遠くから見学。



その後、ご一緒した方が行きたかったという矢島・経島へ行きました。

201707佐渡16

すんごい細い道を走って、「こっちで大丈夫?」って不安になりましたが、急に目の前が開けて、綺麗な海が現れました。

201707佐渡17

入江(?)みたいになっていて、ぐるっと散策できる道がありました。



海を覗き込むと、昨日まで雨が降っていたにも関わらず、水がとってもキレイ。

201707佐渡18

ちょっと遠いですが、キラキラしているのはみんな魚ですよ。

釣りしたら楽しいんだろうな。

201707佐渡19

綺麗な海と、たくさんの魚と自然をいっぱい満喫してこの地を後にしました。

もう戻らないとフェリーの時間に間に合わない。

もっと行きたいところもありましたが、観光地同士が離れていて、今回はここまで。



娘の試合も、なんとか次に繋がったし。

いろんなシーンを思い出しながら、フェリーに乗船。

帰りの船の中では、もう帰宅後の段取りと、翌日からの予定のチェック。

現実に戻るなぁ。

楽しい思いでは、小石のようにコトンと心の中に。

また明日から頑張れそうな気がしました。

201707佐渡20



Comment:8  Trackback:0
back-to-top