2017
10.04

強制・放置でなく 必要なものを与えて 考えさせる

Category: 一言
ここ2週間揉めていた息子のサッカークラブ問題。

やっと志望クラブが決まったようです。




入るクラブによって、まだ先だと思われる高校まで考えなければいけない。
(このクラブに入ると、この高校に進学する人が多い、などがあるようです)

小6の、しかも他の子よりちょっと幼い息子にはハードルが高い問題でした。




その上、現在所属しているクラブのコーチから「体験会では良い事しか出てこないよ」

と言われていたにも関わらず、勉強に関して言われたことを丸々信じた節があります。

もともと、部活でない自宅から離れた外部チームに所属すると、部活に入っている子より勉強時間が限られます。

それをすごく心配していた息子。

そこに、「練習日が少なくて、勉強時間もしっかり確保できます」と言われたら・・・。

息子:「○○クラブへ行きたい!!」

私も周りの人も思ってもいなかったクラブに行くと言い出した時は、どうしたものかと考えました。



確かに本人の意思が一番です。

長い時間、時には辛いことも、自分で決めたことと頑張って欲しい。

親が「こうしなさい」では、先々持ちません。

そう思って、少しづつ情報を伝えてはいたものの、親の考えを強くは言いませんでした。

だからか、彼が行くと決めたクラブは、みんなの予想に反していました。

「もったいないよ」と行ってくださる方もいたり、実際私もそんな気持ちでした。




そこで、高校の偏差値や情報を調べて、息子に教えました。

「じっくりそれを見て、考えてください」

息子自身は行きたい高校が何校かあるらしいんです。
(中身はよく知らないと想像できますが)

クラブの高校とのパイプを考えて、該当する高校の様子を調べていく。

すると息子の考えも変わってきました。

息子が決めたクラブ生が多く進学する高校。

サッカーを続けるなら、そのレールから外れない方がいいと言う所属コーチの助言がありました。

だけど、そこに行くなら、そんなに勉強する必要なくない?

息子は、決めたクラブの子が多く進学する高校へは行きたくなかったようです。

そして結局、みんながもちろん受けると思っていたクラブの試験を受けることに決めたようでした。




これから、高校・大学と進んで行くと、何度か分かれ道にさしかかります。

その時、自分の意志で決めるのはもちろんです。

今回の息子の事も、自分で決めるのが1番でした。

だけど、まだ小学生の彼らは、大人よりも情報を持っていないでしょう。
(そして少ない情報を鵜呑みにしちゃう)

彼らにとっては、そうするとこうなる、が結びつかないようです。

それこそ、大人の都合的な内容も中にはありますし。




親は「こうしなさい」「こうした方がいいよ」でなく、必要な情報を提供して本人に考えさせるのが1番いいのかなと思いました。

誘導することに繋がるのでは?と悩みましたが。




「子供の意志を尊重してるの」とよく聞きます。

ただ、その子はいろいろ知った上で選んだのかな?

中学、高校になれば世の中の流れや、大人の事情も少しは分かるようになるでしょう。

だけど、小学生では(子供にもよりますけど)難しいかな。

「子供の意志」はもちろんですが、考えるための材料はしっかり親が準備してあげないと可哀想なのかもしれません。



とは言え、今はまだ志望クラブが決まったにすぎません。

大変なのはこれから。

自分の思い描く未来を手に入れられるように頑張って欲しいです。



明日から4日間、多忙により更新できません。
今度の更新は10日か11日になりそうです。
更新の際は、また遊びに来ていただけると嬉しいです。



Comment:6  Trackback:0
2017
10.04

あわや大惨事

Category: 一言
この忙しい時期に、また1つ用事ができるところでした。

昨日の夕方、食材の買い物のハシゴをしていた私。

片側2車線の道路を車で走っていました。

前方に何だかゆっくり走る1台の軽自動車。

後ろについて走っていましたが、遅いので、追い越し車線へ入りました。

201710車1

赤い車が私


踏んでいたアクセルを少し強めに踏もうとした時、遅い速度で走っていた車が、若干右寄りにハンドルを切った気がしました。

すると、私の目の前を横切ろうとしてきたんです。
(中央分離帯が切れていて、対向車線を横切って右折できる箇所でした)

201710車2


高速道路でもそうですが、すぐ脇を近づいてくる車って、死角に入って見にくい事があります。

たぶん、前方の車は、追い越し車線を確認していなかったか、私の車が見えてなかったのかな。



まずい、ブレーキをかけても間に合わない。

このままだと、相手の車の側面にぶつかる。

私がハンドルを右に切り過ぎると、私の車だけ中央分離帯にぶつかる。

一番最小限に被害を抑えるには・・・。

前の車と、中央分離帯の間に入ること。

とっさにそう判断した私。

ハンドルをゆるく右に切りました。

201710車3


それと同時にクラクションを鳴らして、後方に車がいると前方の車にアピール。

そこで、後方車(私)が見えたのか、前方の車は道路に止まりました。

前の車と、中央分離帯の隙間を通れるかは分からなかったけど・・

201710車4


なんと、上手く隙間を通り抜けることに成功。

私は対向車線に無事に出ることができました。

この時、対向車が来ていないか確認していましたが、来ていたら、またどうなっていたか。

201710車5


そのまま、バックして自分が走っていた反対車線にもう1度戻りました。

その時、相手の車の運転手の顔を見ると、口元を両手で覆って、しきりに頭を下げていました。(50代くらいの女性でした)

勘弁してください。

もし事故になっていたら、謝られても、車とその処理に費やす時間は返りませんよ。



「あぶない」と口元を動かし、その場を後にした私。

それにしても、ほんの数秒の出来事、人間っていざとなるといろんな事を一瞬で考えられるんだなって思いました。



これから年末にかけて、事故の増える季節になります。

みなさん、お気を付け下さい。


Comment:10  Trackback:0
2017
09.25

年が終わるまで駆け抜ける

Category: 一言
秋が深まるにつれ、朝起きれない。

昨日も今日も寝坊して、こんなんで高校生の親になれるのか不安です。
(まだ1年以上先の話ですけど)

お弁当持ちの高校生、朝は何時になる事やら。




娘の部長問題、3年生引退後、初の大会での残念な結果。

息子の小学生集大成のサッカー大会、中学での所属チーム問題、佳境に入ってきた小学校最後の行事。

などなどで、身も心もすり減ってきています。(大袈裟です)



疲れも家事も溜まる一方。

年末まで何とか頑張らねば。

年末と言えば、そろそろ息子の入学準備も始まるかな。(ふ~)



雑草ぼうぼうのお庭ですが。

201709ローズマリー

ちょっぴり癒されました。



Comment:6  Trackback:0
2017
09.15

不快な音

Category: 一言
今日、朝食を食べていたら、鳴りましたJアラート。

地震の時もしょっちゅう鳴っていましたが、スマホが急に鳴り出すとビックリするんですよね。

その後、防災放送が入って。

それにしても、あの放送の音は不気味です。

ワザと不快な音を出しているんでしょうね。



建物の中に避難してください。

地下に避難してください。

窓から離れる、もしくは窓のない部屋に避難してください。

ひっきりなしに同じ言葉がTVから聞こえます。

娘:「建物の中で、ご飯食べてるから、これはOKだよね
   ここら辺で、地下に避難できる人いるのかな?」

そう言うと、ニコッと笑う娘。

あなたの後ろには大きな窓がありますが、そこは気にしないのね。

娘:「学校休みにならないかなぁ」

今日は定期テストの2日目だもんね。



Jアラートが鳴ったり、防災放送が入ったりすると、戦争ってこんな感じだったのかな?と思う事があります。

普通の生活の中で、急に警告を知らせる音が鳴り響いて。

それでも、今の日本でアラートが鳴って、走って避難する人がどれだけいるんだろう?

きっと、ここは大丈夫、自分は大丈夫って思っているんだろうな。
(そう言う我が家の面々もですが)

今日は避難地域に「新潟」が入っていて、「大丈夫?」とは思ったものの、呑気に朝食を食べていた我が家。

逃げて助かるものなんだろうか。

早く何とかならないものでしょうかね。


Comment:6  Trackback:0
2017
09.13

身体メンテナンス始めました

Category: 一言
昨日の傷跡消ししかり。

ここにきて、身体のメンテナンスを始めました。

数年受けていなかった乳がん検診を受け、ついでに子宮がん検診も受けました。

子宮がん検診は今年の初めにも受けていますが、医師の勧めで受けることになりました。

まだどちらも結果は来ていませんけどね。



そして、数年放置していた気になる歯の治療のため、歯医者さんにも通い始めました。

我慢できないほどではないけれど、体調が悪くなると痛くなる歯。

ぽっぺを押しても痛みを感じるようになり・・。

これって、根が傷んでるってことよね?

顏が変わっちゃう前に受診した方がいいかな?

自分の体調より、子供の体調、自分の用事より子供の行事。

これをずっと優先して来たけど、少しずつ自分のメンテナンスもして行かなきゃと思い始めました。

まだまだのんびりと時間を過ごすことはできません。

子供達はまだこれからだし。



がむしゃらに動いていても大丈夫だった数年前とは違って来ていると感じます。

いつまでも同じようには動けないとやっと自覚しだした最近。

増えるのは安心と、たくさんの(お医者様の)領収書・・・ちょっぴり複雑。


Comment:8  Trackback:0
back-to-top