2015
03.06

よろこぶ顔

Category: カトラリー
昨日はみなさんのブログへのご訪問、コメントができませんでした。

ブログを更新したまでで力尽きました。

すいません。

ところで私、昨日仕事でカトラリーの包装をしていたんです。

1本1本をプレゼント用にということだったので、こんな感じで。

201503包装1


リボンの色がワインレッドバージョンの物も作りました。(画像撮り忘れました

センスが問われる包装。

どうしようかな?と悩むこともあります。

でも、基本的に女子ですので、リボン選んだり、シールを選んだりするのは楽しいです。

この1本1本がどんな方の手元に届くのか、考えるとそれもまた楽しいことです。

昨年12月に、クリスマス風にのご要望で包装したもの。

201503包装2


少し可愛らし目です。

自分が誰かにプレゼントする時のことを考えて。

やはり差し上げる方は、もらった人の笑顔が見たいですもんね。


Comment:10  Trackback:0
2013
12.06

日本の心

Category: カトラリー
2013年流行語大賞を受賞した”おもてなし”
そして、和食も”世界無形文化遺産”に登録されました。

ここに共通しているのは、「日本の心」ではないでしょうか?
相手のことを常に考え、相手に気持ちよく過ごしていただく。
日本人の相手を思いやる心が”おもてなし”であり、和食という繊細で美しく、身体にやさしい料理を作り出したのではないかと思います。

これからお客様が多い時期になります。
木のティーマットや、リバーシブルマットでワンランク上の”おもてなしの心”を伝えませんか?

詳しくはこちらから
     ↓
http://www.sunao-tsubame.com/shopbrand/011/X/

2013ティーマットレク 2013ティーマットスク
2013ティーマットナガ


Comment:8  Trackback:0
2013
11.15

まったり時間・・冬アイス

Category: カトラリー
小さい頃、真冬に暖かい部屋のコタツでアイスクリームを食べるのが大好きでした。

我が家の子供たちも、学校から帰ってくるとこの寒いのに「アイスある?」と聞きます。

ここ数年、ちまたでは冬場もアイスの売れ行きが落ちないそうです。

シャーベット系は寒くなると買う人が減る一方、濃厚なアイスクリームは冬場にじっくり味わいたい人が多いとか。

言われてみれば、そうですね。

真夏の暑い時期に、濃厚アイスはちょっと重たい。

昔より、アイスの種類も増え、高級なものは自分へのご褒美でじっくり味わいたいですよね。

そこで "まったり時間" のお手伝いにsunaoアイスクリームスプーンをご紹介いたします。

先日のブログ記事にも雑誌に掲載ことを載せましたが、

興味のある方はこちらをご覧ください →  -- sunaoカトラリー記事へ --



Comment:6  Trackback:0
2013
10.18

使いやすいカトラリー

Category: カトラリー
月刊誌「LDK」に燕振興カトラリー "SUNAO" が掲載されました。

LDK

「カトラリーベスト大公開」
「奇跡のアイスクリームスプーンは存在するのか」
のちょっと知りたい記事が掲載されています。

カトラリーの選び方など、使い手目線から考えた内容になっています。

詳しくご覧になりたい方は燕振興ホームページからご覧ください。

http://www.sunao-tsubame.com/html/page35.html



Comment:6  Trackback:0
2013
09.05

身近な工夫

Category: カトラリー
菜箸長さ比較

 
 常々、思うことがあります。

 日本の"モノ"づくりってすごいなって。

           一見どこにでもあるようなこの菜箸も拡大して見ると

    菜箸側面1 菜箸側面2
持ち手はおにぎり型に、食材をつかむ先端は四角になっています。

持ち手をおにぎり型にすることにより、持ちやすく、先端を四角にすることにより食材をつかみやすくなっています。

また、素材は孟宗竹なので竹の弾力性があり、とても軽いです。

たかが菜箸、されど菜箸です。

身近なモノにも数々の工夫が施されています。

生活の中の"工夫"を見つけてみるのもおもしろいかもしれませんね。

菜箸持つ
  

  この画像の手は私です。

  ゴツゴツしてますね。

  お恥ずかしい。

              SUNAO菜箸の詳しい内容はこちらから
                      ↓
               http://www.sunao-tsubame.com



Comment:2  Trackback:0
back-to-top