2014
07.31

くまもんビーチボールの行く末

Category: 雑貨
夏休みが始まって、一週間が過ぎようとしています。

毎日、仕事から帰ると、5人~10人ほどの子供たちが出迎えてくれます。

娘&息子の友達がエアコンも付けずに遊んでおりますわ。

この人たち、とにかく うるさい、うるさい。

母、昨日はさすがに疲れて、1時間ほど2階に避難しちゃいました。

ところで、我が家には子供たちが遊ぶ部屋に、様々なボールが置かれています。

サッカーボール、サッカーリフティング練習用ボール、アンパンマンゴムボール、ボールハウスの中にあるようなカラフルボール。

そして、ビーチボール。

数あるボールの中で、このビーチボールだけは母用。

ソフトバレーの練習(柔らかすぎですが )も兼ねて、子供たちとバレーをします。

先週末、息子とバレーをしていた時の事、

息子:「ママ、アタック打っていいよ

 母:「えっここで?!
   「よっしゃぁ

母のストレスを発散するかのように、強打を打ち続けました。

すると、

息子:「ママ、ボールが裂けたぁ

 母:(

旦那さん:「それだけ打てば、当たり前でしょ

ビーチボールないとつまんないなぁ。

で、買ってきました、4代目くまもんビーチボール。
(4代目と言うのは、すでに3個爆裂させちゃったということ

2014ビーチボール

でもね、毎日家に帰ると、息子の友達がこのビーチボールをサッカーボールのごとく蹴ってるんです。

母が使う前に、またしても破壊される可能性大。(100均のですがね

どうなる?くまもんビーチボール。

母の優しい手に打たれるまで、達者でいるんだよ。


Comment:6  Trackback:0
2014
07.30

子供を守るということ

Category: 一言
今日は重いお話です。

日曜日の夜、私のスマホが鳴りました。

相手は、学生時代の友人。

十数年前、新潟市内の学校に通っていた私たち。

卒業してからは、結婚式でしか再会はありませんでした。

ところが、SNSでまたみんなが繋がり、ここ2・3年、年に2回ほど集まるようになっていました。

友人:「あまりいい話じゃないんだけど」
   「○○のお子さんが亡くなったらしい」

 私:「えっ」

友人:「水難事故のニュース見た?」

 私:「もしかして、○○でおきた?」

友人:「・・そう。みんなに連絡回してるんだけど、お通夜の時間言うね」
   「○○ちゃん(私のこと)も遠いから、大変だと思うけど、一応ね」

 私:「何とか時間調整して行くよ」

旦那さんと見ていたニュースで、我が子たちと同じ年頃のお子さんが、水難事故にあったと伝えていました。

その時、私たち「可哀想だね、うちも気を付けなきゃね」と話していました。

でも、まさかその子が友人の子供だったとは。

昨年、海で溺れた我が子供たち、他人事ではありませんでした。

会場に行くまで、いろんな事が頭を駆け巡りました。

到着後、友人夫妻に会いましたが、何一つ言葉にはなりません。

彼女は気丈にも一人一人と話していましたが、たぶん同じ立場になったら私にはできないことでしょう。

同級生の子供たちと保護者、学校関係者、友人など、座ることができないほど、たくさんの方々で会場が埋め尽くされていました。

たった数年の人生の中で、これほどまで人の繋がりがあり、これほどまで悲しんでくれる人がいる。

私は、もう苦しくて仕方がなかったです。

彼女と子供のことを思い、自分と子供たちのことを重ね、そしてまた彼女のことを思い、とても苦しかった。

細かい状況は分かりませんが、「なぜ助けられなかったのか」と悔やむ気持ちがあったことでしょう。

大人数で水場へ遊びに行くと、ついつい目を離しがちになります。

誰かが見ててくれるから大丈夫。

私は昨年の経験で、これがまったく大丈夫じゃないこと痛感しました。

自分の子供は、自分で守る責任。

「こうしとけば良かった」では取り返しがつきません。

お子さんのご冥福と、彼女たちが早く立ち直れること、祈っています。


Comment:14  Trackback:0
2014
07.29

夏休み今昔

Category: 子供
娘が小学1年生の夏休みに思ったこと。

「ラジオ体操は、夏休み中、毎日じゃないの?!

我が家の子供たちが通う小学校では、町内ごとにラジオ体操実施期間を決めます。

娘1年生の頃は、1週間くらいでした。

今は校長先生の意向もあり、少し長く2週間です。

それでも、2週間ですよ。

私たちの頃と言えば、ラジオ体操は毎日ありました。

私の家は夏休みだからって、旅行などに行きませんでした。

ですから、私、ラジオ体操カードはほぼハンコで埋まっていました。

ジブリの映画「おもひでぽろぽろ」の主人公のように、みんなが遊びに行ってラジオ体操に来れない時期(特にお盆休みの間)子供の人数がほとんどいない中でも、行ってましたよ。

こんな私でしたので、今のラジオ体操事情を知った時は、驚愕でした。

ラジオ体操カード、こんなに押す欄を作ってくれているのに。

2014ラジオ体操カード


ちなみに毎年、夏休みが終わると先生にカードを提出させるのですが、どうらや提出もしなくていいようです。

しかし現在、私たちの時代になかったサマースクールなるものがあります。

授業時間数の減少による学力低下を心配してか、こちらは年々日数が増えています。

サマースクールは参加自由ですが、子供たちによると、ほとんどの子供は出席しているとのこと。

子供たち曰く:「サマースクールがあると、休みじゃない

ごもっとも。

5週間の休みのうち、2週間ありますもん。

まぁ、大きな声では言えませんが、働く母としてはありがたいです。

学校へ行けば、嫌でも勉強するし、なんせ居所が確かです。

特に息子は、鉄砲玉のようで野放しにしておくと、心配ですから。

時代の流れと共に、夏休みの光景も変わっていくものですね。


Comment:8  Trackback:0
2014
07.28

早くない?!

Category: 子供
ついに子供らの夏休みがスタートしました。

弁当作り、サマースクール・プール開放の段取りなどなど。

25日の終業式にもらって来たプリントの数々、昨日やっと目を通しました。

読んでいくと、疑問点、注意点がいっぱい。(←ほぼ息子に関して

娘は私の疑問に的確に答えてくれましたが、息子は

息子:「わかんな~い
   「聞いてな~い
   「言われてな~い

のオンパレード。

どうすんのよ、もう夏休みに入って先生に聞けないのに。

ところが今朝、母もやらかしてしまいました。

息子がラジオ体操から帰ってくると、

息子:「○○達(近所の子)、サマースクール8時に行こうって

 母:「えっ、10時からでしょ?早くない??
   「あ~行く前にサッカーでもするのか

息子:「わかんないけど、8時に行く

 娘:「私はどうすんのよ

 母:「じゃさ、ホントに学校行く時間になったら、○○(娘)も呼びに来てよ

息子:「わかった

しかし、7時50分に呼びに来た近所の子ら、すでにリュックを担いでます。

 母:「もう行くの?10時からじゃない?

近所の子:「8時30分までに学校行かなきゃなんだよ

 母:(まじっ
    慌ててプリントを再確認
   「ホントだぁ
   「あんたたち、早く準備して!!

トイレに入っていた娘をたたき出し、昨日準備したはずのリュックに、筆箱が入っていなかったという息子に暴言を吐きながら、何とかみんなと行かせることができました。

出発際、

近所の子:「日が暮れるし

   母:(すいません

我が子たちの小学校、サマースクールがⅠ(前半)とⅡ(後半)に分かれています。

私、Ⅱ(後半)の方の時間を見ていたんです。(←またしても言い訳

のらりくらりとしていても、そつなくこなす娘。

対照的に、機敏に動いているようで、全てを母に聞く息子。

いい加減 「ちっとは自分で考えろっ!! 」 と叫んだ昨日。

始まりました、波乱の夏休み。


Comment:6  Trackback:0
2014
07.25

私を見つけて

Category: ガーデニング
掃除中、ふと窓の外の庭を見ると。

「ギボウシに何か付いてる!!

外に出てよく見て見ると、植えてから初めて、花が咲いていました。

201407ギボウシ

このギボウシの横には紫式部が植えてあります。

紫式部の枝があまりにも勢いよく、ギボウシが陰になっていて気付かなかったんです。

花を下から撮影したかったのですが、葉っぱの具合でどうしても叶わず。
(しかも、葉っぱに穴が開いちゃってるし

数か月前に撮影したのがこちら

2014ギボウシ

葉っぱの色もだいぶ変わってます。

まさか今年、花が咲くとは思ってもみませんでした。

庭の隅でひっそり咲いたお花が、「私を見て」とオーラを出していたのでしょうか。

気付いてよかった。

朝から良い事見つけて、テンションUP。

しかしこの後、3か所蚊に刺されていることに気付き、少々テンションが下がった今朝の私でした。


Comment:8  Trackback:0
back-to-top