2015
05.29

難しいお年頃

Category: 子供
昨日、娘から聞いた話です。

娘の小学校はもうすぐ移動教室。

移動教室とは修学旅行のことです。

今は修学旅行と言っちゃいけないんですって。 (娘談)

我が家の娘、応援団長を務めることからもお分かりかと思いますが、どちらかというと男っぽい。

男の子たちと遊ぶことも多いです。

でもね、世の小6女子はもっと複雑。

移動教室では、各クラスから2名づつ同じお部屋に泊まるらしいです。

どの子供たちも、各々気の合うもん同士で決定していた部屋割り。

ところが昨日、娘と同室の子2人で先生に呼び出されたとのこと。

どうやら、別部屋の子で同室の友人が気に入らないらしく、替わってくれないかのお願い。

娘的には、その別部屋の2名、どちらとも仲良し。

快く替わってあげたそうです。

娘たちの前にも、何組か2人づつ呼び出されていたよう。

先生、いい返事がもらえなかったのね。

たぶん、いつも「いいよぉ 」と言っちゃう娘は、後回しにしてくれたんでしょうね。

娘:「〇〇(嫌がられた方の子)はさ、ワーワーするのが好きじゃないんだよ。
   だから、私と一緒の方がいい。
   せっかくの旅行だから、みんなが楽しんで行けるようにしたいんだ

私:「そうだよね、2人ともアニメオタクだからいんじゃない

娘:「最近〇〇(嫌がられた方の子)クラスでも浮いてるしね。
   でもこれで、夜ゆっくり休めるわぁ

私:「昼は思い切りはじけて、夜はゆっくり休む、理想的だね


替わって欲しいと言った子、どうやら親が申し出たようです。

それもどうなんだろう?

子供がせっかく楽しみにしている移動教室。

楽しんで欲しいのは親心でしょうが。

私ならどうするだろう?言っちゃうかなぁ??

思春期女子、難しい。



Comment:12  Trackback:0
2015
05.28

自然の強さ

Category: ガーデニング
どんどん時期がズレてしまうので、本日もお花画像です。

今年は枝にビッシリ花をつけてくれたオオベニウツギ。

201505オオベニウツギ1

昨年に比べたら、花つきは倍以上です。

長く天に伸びた枝にたくさんの花。

樹木自体のバランスはいまいちですが。

201505オオベニウツギ2

花も時間がたつと色合いが変わっていきます。

201505オオベニウツギ13

薄いピンクと、濃いピンク。

このオオベニウツギ、現在はほとんど散ってしまいました。

この暑さ、植物も難儀ですね。


先日、高速道路下の道路にこれと同じオオベニウツギを見つけました。

自然に生えた感じでした。

管理する人がいないのに、こんな場所でも綺麗に咲いている。

まさに、私にピッタリの植物です。


Comment:10  Trackback:0
2015
05.27

ごめんね きみたち

Category: ガーデニング
私の大好きなオダマキが、今年も花壇以外の場所で咲きました。

201505オダマキ

中央の花びらは桜のよう。

その外側に、金魚の尾のような花びら。

オダマキは紫も好きですが、やはり赤はパッと目を引きます。

アッツザクラも少しですが咲いてくれました。

201505アッツザクラ

お見せするのも恥ずかしい花数です。(雑草も生えてますし・・ 

でもね、何のお世話もしないのに、野に咲く花のように毎年花を咲かせてくれます。

だから、載せてあげたかったんです。

いつかまた、ガーデニングにどっぷり浸れる日が来たら、たっぷりお世話をしてあげるからね。


Comment:8  Trackback:0
2015
05.26

涙の応援団長

Category: 子供
お天気のいい週末、小学校の運動会が行われました。(昨日の記事はこちらから)

実は娘、応援団長の大役を仰せつかっておりました。

201505運動会1


女団長は私が経験した6回の運動会で1人だけ。

母としてはとても心配していました。

でも、忙しい中で彼女は非常に頑張っていました。

よその組の団長からも相談されるくらい、しっかりやってくれていました。

子供たちの小学校は、3色で競技優勝・応援優勝・パネル優勝を争います。


応援合戦、最終で行った娘のチーム。

観客の方々が「次は何が起こるか、ワクワクしたね」ってくらい上出来でした。

娘も旗を持ってグランドを駆け回っていました。

応援の優勝は、母が客観的に見ても娘チームか、もう一色の争いだろうと。

昼食の時、娘も手ごたえを感じていたようでした。

そして、結果発表・・。

娘チームはまさかの最下位でした。

そして優勝したのは、全く予想していなかったチーム。

娘に相談していた団長のいるチームでした。

娘、泣いていました。

人目もはばからず。

団員も、チームメイトの子供たちも泣いていました。

今回の結果は審査員の審査結果によるものです。

好みなどの主観も入るでしょう。

3つの部門で各チームが一つづつ優勝する結果となりました。


それにしても、悔しくて母も泣きました。

まったく知らない方々、「なんで〇チームが優勝なんだ?」の声も聞かれました。

私のところにも、絶対一番良かったのにと口々に言って下さる方々。

運動会終了後、私は泣いている娘たちに歩み寄り、話をしました。

私:「何で優勝できなかったんだろうって言う保護者がいっぱいいたよ。
   観客をとってもワクワクドキドキさせてた。
   負けたけど、そういう評価をしてくれた人がたくさんいたことを忘れないで。
   そして、どのチームよりも団結してたよ。
   一番楽しんでやれてた。

泣きながら、みんな真っ直ぐに私のことを見てくれていました。


運動会が終わり、帰宅してから娘たちは、月曜日の打ち上げの準備をするために集まる計画をしていました。

集合までの時間、娘と敗因についての話をしたんです。

競技中も一生懸命応援してたのは〇チーム。(旦那さん意見)

そこも見られていたのかもね。

すると娘

娘:「私が、応援しなくていいって言ったの。
   みんなすごく疲れてて、競技に影響があるといけないと思って・・

  「それなら、私のせいだ。
   私が団長をやらない方が良かったのかな

私:「そっか、考えがあってのことだったんだね

娘:「もう、これからみんなのとこ行くのやめようかな

私:「・・自分のせいだと思うなら、それをみんなに話してごらん。
   きっと、みんなはそうは言わないと思うよ。
   もし、〇〇(娘)のせいだって言われたら、帰っておいで

いつまでも、泣いている娘の背中を押し、友人たちのもとへ送り出しました。

すると、しばらくしてインターフォンが。

準備に集まるメンバーたちが、団長が遅いのでみんなで迎えに来てくれていました。

母ここでも感動。


娘帰宅後、

娘:「ママと話したこと、みんなに言ったんだ

私:「なんて言われた?

娘:「〇〇(娘)だから良かったんだよって言ってくれた

私:「いい仲間に恵まれたね

優勝旗は手にできなかったけど、それ以上の物を彼女は手に入れたのだと感じました。

一生に一度できるかできないかの貴重な経験をすることができたね。


私:「もし、もう一度団長をやるチャンスがあったらやる?

娘:「やる



Comment:6  Trackback:0
2015
05.25

100%出し尽くせ

Category: 子供
いいお天気だった週末。

子供の小学校では運動会が行われました。

子供たちの小学校は3色で優勝目指して争います。

我が家の姉弟、今まで一度も同じ色になったことがなかったのに、娘が最後の今年、まさかの同じチームです。

なので、こんな画像も取れました。

201505運動会2

運動会で姉弟が一枚に納まるなんて、ミラクルです。


我が家の息子、今年の80M走は4年生で一番早い子供たちの組。

しかも最終レース。

このレースで学年一の韋駄天男子が決まる頂上決戦です。

この6人の中に息子サッカーチームの子供が息子含め3人います。

非常に仲のいい子供たちですが、息子的にはここで一番だろう友人に絶対負けたくない。

マラソン大会でも2位(友人)と3位(息子)で負けています。

80M走、事前のタイム測定では0.1秒差で負けていたそうです。

そこで、息子は1週間くらい前から走る練習をしていました。(母やれと言ってませんよ

運動会当日の朝まで、それは続きました。


そしていざ、出走。

息子と友人、接戦です。

息子若干リードかと思われたゴール直前、友人はグーンと伸びて、ほぼ鼻差で負けてしましましました。

201505運動会3

走り終わった瞬間、息子、うなだれていました。

いやいや、いいもの見せてもらったよ。

また来年、頑張んなさい。


娘はと言うと、この日は初めて鼓笛衣装着用での演奏でした。

ものすごく立派に見えて、自分の子供じゃないみたい。

201505運動会4

指揮棒を振る娘。

誇らしい反面、なんだか遠くへ行っちゃったような感覚に陥る母でした。

こうしてそれぞれの運動会、頑張ってくれました。

でも、これだけじゃないんです。

実はもっと母を感動させてくれた出来事がありました。

長くなったので、続きは明日。



Comment:6  Trackback:0
back-to-top