2016
02.29

初めての試練

Category: サッカー
子供たちの参観日があった日。

私と息子は夕方からある場所へ出かけました。



息子はサッカークラブに入っています。

その他に、2か所のサッカースクールに通っています。



毎日でもサッカーをしたい息子。

お金も時間もかかりますが、上手くなりたい気持ちがあるならと許しました。

先はどうなるか分からないけど、今「やりたい」気持ちを大事にしてあげたい。

それが私たちの考えです。



スクールも私たちなりの目的を持った選び方でした。

1つは、基礎をみっちりやりたい。

もう1つは、自分の実力を試せる場所。

チーム内では、(息子の性格では)戦術などもあるので思い切ったプレーができない。

だけど、スクールの場ならいろんな事が試せる。



もうすぐ年度終わりです。

そろそろ、新しいチャレンジをしてもいいのではないかと考えました。

そこで、スクールでもセレクション(テスト)があるクラブのクラスを受けることにしました。

今年度、チームメイトが2人入っているクラブチームの最上位クラス。

息子の実力ではどうかな?と思っていました。

でも、今の実力を試してみるのもいいんじゃないか。



テストを受けることを決めて、彼は毎日テストされる技術を練習していました。

毎日自分の中で、ここまで出来るまで終わらないと決めて。



そして、テスト当日。

この日は、学校参観、チーム練習がありました。

とても忙しく、とても充実した1日。(ちなみに町内の買い物もこの日でした)



息子にとって初めての経験。

感情なしで振り分けられるということ。



いよいよテスト開始です。

練習した部分はかなり良かったようです。

でも、最後の試合で全く別チームに1人ポツンと入れられちゃいました。

息子以外は全て同じクラブチームのチームメイト。

息子の一番苦手とする状況。

見る側は、逆にそれを見たかったんじゃないかと後で教えてもらいました。



ゲーム中、息子はいつものプレーができません。

ポジションもいつもと全く別の場所。

アピールがなかなか出来ず、本人も焦っていたのかもしれません。

全てのテストが終わってから、車の中で静かに泣いていました。

仕方ないよ、これが今の実力。

知らない選手とだって、いつものプレーができるのが上手い子なんだよ。

あんなに一生懸命練習してたのに、これが現実。

 私:「でもさ、それが分かったから、また次の目標見つけようよ

息子:「ダメだったけど、次は絶対・・・



そして、気球を見た日。

その日が合格発表の日でした。

一緒に受けた友人のママさんと朝からホームページを確認していましたが、何度見ても結果が出てない。

すると昼過ぎに、別会場で大会に参加していたもう1人の一緒に受けた友人のママさんから電話が。(気球を見た日、息子チームは2つに分かれて別大会に参加していました)

友人ママ:「結果出てるよ!!3人とも全員受かってる!!!」

慌てて、スマホで確認しました。

番号・・・・ありました。

あ~受かったんだ。



その日の大会終了後、息子を呼びました。

 私:「ちょっと耳貸して

息子:「なになに?

 私:「〇〇(スクール)受かってたよ

息子は目が真ん丸になっていました。

次の瞬間、満面の笑み。

良かったね。

この日の大会では良い成績が出せなかったけど、別のビックプレゼントがあったよ。



帰り、お祝いにサーティワンアイスを食べました。(ちょびっとだけお祝い気分)

201602サーティワンアイス

新商品のアイスはすごい色ですが、 とっても美味しかったようです。



これからがまた大変だよ。

上手い子たちに混ざってやるんだよ。

強い気持ちが必要です。

スタートラインに立てたね。

君の頑張り、これからも応援していくよ。

ちっちゃい息子の初めての試練。

無事に乗り切ることができました。



親って脇でじっと見ているしかない存在なんだって改めて思いました。

辛い、苦しい、悲しい思いをしていても、手を出せないところ。

手を出しちゃいけないところ。

歯がゆくても、見守るしかないこと。

彼自身が自分で乗り越えなければいけない事。

私も親としてのチャレンジ、1つクリアでしたような気がしました。


Comment:6  Trackback:0
2016
02.29

真っ赤な気球

Category: サッカー
週末に、新潟県の小千谷市へ行きました。

観光ではなく、また子供の試合です。



朝、駐車場へ着くと、「ゴォォォーー」という音。

なになに??

見上げたら、真っ赤な気球。

201602気球

この日はお天気も良く、私たちの真上を通っていく気球は気持ちよさそう。



朝から気球も見れたし、今回の大会はいいとこ行けるかな?

でも、期待空しく優勝カップを逃しました。



だけど、この日、私と息子にとっては良いニュースが。

続きは明日に。


Comment:4  Trackback:0
2016
02.26

大事な時間

Category: 子供
セブンイレブンが無料配布している本「ボノロン」。

2月号をだいぶ前にもらって来ていました。

201602ボノロン

息子:「ママ、今日ボノロン読める?

 私:「今日は早いから読もうか



いつも、主人公が話している部分など、キャラクターによって声色を変えて読んでいます。

この日は、

息子:「もっと巨人みたいに読んでみて

 私:「お~で~は~~ ぼ~の~ろ~んっっ

読み始めたら、子供達は大爆笑です。

息子:「やっぱやめて

 私:「きょ~ぼ~く~の~く~に た~すっんんん

手で口を押えられてしまいました。

息子:「ねぇ、普通に読んでよ

いやいや自分が巨人みたいにって言ったんじゃん。

何がお気に召さないのか、この後は誇張表現しないで読みました。




読み終わった後

 私:「ママも読み聞かせボランティアできるかな?

 娘:「〇小のボランティアさん、お年寄りばっかりだよ

 私:「それ、どういう意味で受け取ればいいのでしょうか?

 娘:「



まるで、「となりのトトロ」でお父さんとメイ、さつきでお風呂に入っているシーンのようなこの感じ。

子供達が笑い声を上げて、私もニコニコで。

ボノロンの時間は我が家にとって、とっても大事な時間です。





Comment:10  Trackback:0
2016
02.25

母はモンスター?!

Category: 一言
昨日記事にしたお買い物

この時に、一悶着ありました。

商品の包装に関してお店の人と。

中身が見えるようなギフト包装にしてほしいがこちらの希望。

土曜日行ったお店では閉店15分前に関わらず、お若い男性店員さん、一生懸命やってくださいました。(閉店時間、知らなくてすみません

こちらが申し訳なくて、持ち帰ってからやりますから、と言うほどに。



翌日の日曜日行ったお店。

実はこのお店で、昨年も同じ要望を出しています。

その時、店員さんは「こうしたらどうか?」「こんな風にしか出来なくて申し訳ない」と言ってくださいました。

その包装を見たママたちの評判は、とても良かったんです。



この日、談笑していた見たことのない2人の店員さんに、同じようにお願いしました。

すると

店員:「中身が見えるようにでしたら、ブルーかピンクの袋がございます
   (ちなみにこの時の店員さんは女性です)

こう言って、ブルーとピンクの袋を持ち上げました。

いえいえ、それは半透明。

うっすら中が透けては見えますが・・・。

 私:「以前、こちらで透明フィルムのようなもので包装していただいたんですが
    リボンなどでわきを留めていただいたりして

店員:「あ~そうですか

面倒くさそうな様子。

その後、少しやり取りしましたが、いかにも「やりたくないな」がにじみ出てる。

私も仕事柄、お客様からイレギュラーなご要望もいただきます。

けれど、ギフトの場合は特に「もらう方も、また贈る方も笑顔で商品を手にしてほしい」の気持ちで、できる限りご要望に添えるよう奔走します。




あまりの態度に思わず

 私:「それでは、包装ができる方とできない方がいるということですね

店員:「・・・・・

 私:「もういいです

店員:「こんな風にしかできませんが

私の言葉をさえぎって、包装を始めました。




出来上がりを取りに行くと、

店員:「今回は特別にしましたが、次回からはブルーかピンクの袋ですよ

 私:「もう買いませんので



包装を見ると、だいぶ雑でした。

もしかして、本当に包装に自信がなかったとか?




この日は、家族4人で行ったお買いもの。

帰り道

 私:「ママってモンスター?

と聞くと、みんなニヤニヤ。

201602六送一迎会1
イメージです

土曜日担当してくれた男性。

昨年担当してくれた女性。

この方たちが、とても良くして下さったからなおさら、残念でなりませんでした。

談笑を遮られたのが嫌だったのでしょうか?

日曜の夜の時間帯、もう仕事も終わる時間。

面倒だったのでしょうね。



私は10年以上、毎週火曜日にこのお店に行っていました。

でも、この件があってから行くのを止めています。

何十何百人いる店員さんの中で、たった一人そんな方がいるだけで、お店の評判は下がるのだと思います。

私のモンスターさ加減は置いといて、とても怖い事だなぁと思います。



Comment:10  Trackback:0
2016
02.24

やっぱり楽しい お買いもの

Category: 行事
町内の六送一迎会の割り当て分の買い物が終わりました。

私は男の子の景品担当。

土曜日、息子と用事で新潟市内へ行ったついでに買い物。

日曜日、家族で学習用ノートを買いに行ったついでに買い物。

2日間かけて、何とか無事に終わりました。

201602六送一迎会

男の子が欲しがる物。

息子に意見を聞きながらのお買い物でした。

でもね、何となく幼いよね。

いいの、いいの。

低学年の男子率も高いですから。

もう1つ、商品券はまだ買っていないけど、全部で9個のお買いもの。

ここに×5の景品が揃います。

みんな喜んでくれるといいなぁ。



Comment:10  Trackback:0
back-to-top