2016
10.28

日常から飛び出そう♪

Category: お出かけ
この週末、我が家にとって一大イベントが控えています。

今年もまた行けることになりました、夢の国。

18日昼食

子供達の試合やら行事やらで、年々忙しくなっていく毎日。

だけど、子も親もたまにはそれこれから離れて、楽しんだ方が良い気がしていました。

子供達にはスポーツ以外の想い出も作ってあげたい。

息子の大会結果で、お祝いの旅行になるか、気持ちの切り替えの旅行になるか分からなかったけど。



旅行へ行くのを決めたのが2か月ほど前。

泊まりたいホテルはとっても取れないだろうと思っていましたが、取れました。

ホテルミラコスタ。



昨年はディズニーランドホテルに宿泊しましたが、やっぱり大人も子供もミラコスタの方が良かったようで。

子供達も私達も頑張って来たから、どうしても今年泊まりたかったんです。

みんなにご褒美。



旅行を決めたのは、ホテルが取れたこともありました。

しかも、2年前よりもお部屋をアップグレード。(ちょこっとですが

今年はどんな景色が見れるか、今から楽しみです。

ハロウィンの最終週ということもあり、パークはかなり混雑しそう。

なおさら、部屋からのショー鑑賞でゆっくり過ごせるのは嬉しいことです。



出発直前まで娘も息子も練習。

帰宅後もすぐに練習です。



たった1日ですが、日常から離れて楽しんできたいと思います。


Comment:6  Trackback:0
2016
10.27

りんご感が半端ない

Category: 食べ物
秋の旅行シーズン、長野のおみやげをいただきました。

201610長野みやげ1

2つも申し訳ない。

201610長野みやげ5

「信州栗さらさ」の方は、普通の羊羹みたいな感じ。

中に栗がポツポツ入っていました。



お次は「りんご乙女」。

201610長野みやげ2

バームクーヘンのような物かなと思いきや。

おせんべいみたい。

「ダイヤモンド味覚賞」・・・味覚賞って何??

どんな味なの?

期待が膨らみます。

201610長野みやげ4

りんごだぁ。

薄いおせんべいなんですが、おせんべいの上にりんごの輪切りがのってる。



一口食べてまた、りんごだぁ。

りんごのお味が口の中いっぱいに広がります。

本物のりんごを使っている感が凄かったです。

開けた時は気付きませんでしたが、袋の裏には作り方が書いてありました。

201610長野みやげ3

へぇ~、これならりんごを食べている感覚になるはずです。

自分も買ってみたい、オススメなおみやげでした。



Comment:8  Trackback:0
2016
10.26

ついに・・・

Category: サッカー
息子サッカー県チャンピオンを決める大会の2日目です。

1日目でなんとか繋がった優勝への道。

子供達、昨日と何だか違います。

この日は気持ちが入っている感じ。

いつもは緊張して言葉数が少なくなるのですが、この日は大きな声をかけ合っていました。



初戦(準々決勝)。

昨日なかなか入らなかったシュートも面白いように決まり、5-0で勝ち。

準決勝、こちらも3-1と勝ちました。

次はついに決勝。

やはりトーナメントの別山から上がってきた相手は、昨日のリーグ戦で息子たちが負けたチームでした。

予選で1度破れて、決勝でまた戦うなんてドラマみたいな展開。

昨日のリベンジです。



TVでも放映されるこの大会。

TV新潟のアナウンサーも来ていました。

決勝進出チームへのインタビューで、息子チームのテントへも来てくださいました。

「お話したい人っ!!」と言われましたが、子供たちの手が上がらない。

私、おにぎりを頬張っている息子の背中をツンツン。

「せっかくだから、話したら」

で、インタビュー。

201610県大会優勝

この後、勢いづいた子供たちが何人かインタビューに答えていました。

こんな和やかな時間を過ごし、ついに試合時間になりました。

この時の息子たちは、緊張があまり感じられなかったです。

リラックスして声がよく出ていました。



その勢いで、試合開始からどんどんシュートを打ちます。

さすがあちらのキーパーも上手い。

ゴールネットを揺らすことができません。

こちらも攻められますが、何としてもゴールは守るの気持ちが伝わってくるプレイ。



何度目かの息子チームのコーナーキック。

味方選手が飛び込んでヘッドで押し込み、1点先取しました。

そのまま前半終了。



攻め続けて。

守っちゃダメ。

もう1点取りに行こう。



後半のスタートは、子供達も同じ気持ちだったのだと思います。

ところが、相手チームの猛攻が始まります。

なんとか防いでいる息子チーム。



残りもう5分。

息子たちは普段しないクリア(大きくコート外にボールを蹴り出す)をし始めます。

違う違う、パスを繋いで攻めなくちゃ。



息子、猛然とドリブルしてくる相手に喰らいつきます。

頑張れ、もう少し。

そして・・ホイッスルが鳴りました。

ついに県NO.1になることができました。



ずっとずっと目指してきたNO.1の座。

いつも前評判ばかりが先行してきた彼ら。

巡り合わせなのか、何でもないところでコケちゃってた彼ら。

カップ戦では勝てても、公式戦では登り詰められなかった彼ら。



その瞬間は、やけにフワフワして現実味がなかったです。



いつかコーチにインタビューしてもらおうって言ってたよね。

それが実現したね。


ここが最終目標ではないけれど、ひとまずタイトルを1つ取ることができました。

次は北信越大会、県外チームとの対戦も頑張れ子供達。

201610県大会優勝1


Comment:6  Trackback:0
2016
10.25

ハラハラ ドキドキ

Category: サッカー
週末、息子サッカー5年生での目標の大会が開催されました。

5年生県チャンピオンを決める大会です。

地区大会を1位で通過した息子チーム。

4年生県チャンピオンを決める時もそうでした。

ここまではいつも順調。

だけど・・・昨年同様クジ運が悪すぎな組み合わせとなりました。
(昨年は優勝チームと予選リーグであたり、引き分けにもかかわらず、得失点差で決勝トーナメントに進めませんでした)



県大会予選リーグの抽選は、まさかの優勝候補(昨年優勝チームとは別ですが)と同じグループ。

1リーグの中に新潟県各地区の1位通過チームが1チームづつ入ります。

ただ、1つのリーグだけ1位通過チームが2チーム入る組み合わせになっていました。

その1位通過チームが2つ入るリーグに入ってしまったのです。



決勝トーナメントに進むには、予選リーグを1位で通過する。

もしくは、全6リーグあるうちの各リーグ2位のうち、成績上位チーム2チームになること。

決勝トーナメントに上がるには、絶対負けないか勝てる試合でも大量得点を取らなくてはいけません。



1日目の予選リーグ、強豪チームとの試合は3試合目。

もしものために、1試合目、2試合目で大量得点を取って勝たなくてはいけなくなりました。



試合が始まります。

が、なかなかゴールの枠にシュートが入らない。

1試合目は4-0勝ち、2試合目は1-0で勝ちでした。

この点数差だと3試合目は勝たないと、明日の決勝トーナメント進出は怪しい

そして、3試合目。



この試合は息子がとても楽しみにしていた試合でした。

あのチームと戦いたい、戦えるのが楽しみ。

ずっとそう言っていました。

このチームとは3年生の大会でも決勝であたり、2-1で負けています。

しかも息子、このクラブチームのサッカースクールに在籍中です。



いろんな気持ちが交わりながら、試合は始まりました。

息子チームも相手チームも1歩も譲りません。

しかし、ふとした瞬間1点取られてしまいました。

それが決勝点となり、0-1で負け。

他チームの方やスタッフの方に「これが決勝でもいいくらいの試合」と言っていただいた好試合。

そんな試合をしたからこそ、明日の決勝トーナメントに進ませてあげたい。



もう2位通過上位チームとなるしかありません。

この時点で、息子たちはもう試合を全て消化していました。

あとは、他チームの結果次第。

息子チームは得点が少ない。

私は半分諦めていました。

やっぱり、これが実力なのかな。



全ての試合が終了。

結果は・・・。

得失点差わずか1点で決勝トーナメント出場が決定しました。

望みが繋がった。



翌日のトーナメントの組み合わせ、息子たちと息子たちが負けたチームは反対側の山。

絶対決勝まで行って今日のリベンジだ。



長くなりましたので、続きは明日にします。

親バカ記事ですが、もう少しお付き合いください。




Comment:6  Trackback:0
2016
10.21

虫タクシー

Category: 一言
中に浮いているような虫。

201610カメムシ2

飛んでいる訳でもなく。

そうです、車のフロントガラスに参上されましたカメムシ(?)。

この後、車発進。

自宅に連れて帰りたくなくて、振り落とそうとしましたが、敵もさるもの。

頑張って踏んばり続けます。

それでも信号待ちをした時、稲刈りの終わった自然いっぱいの田んぼに飛んでいきました。



虫タクシー。

無料で素早く少し遠くまでお運びしますよ。

201610カメムシ1

のどかな秋の日のこと。



Comment:10  Trackback:0
back-to-top