2017
06.30

雨の日もいいものですね

Category: ガーデニング
梅雨の雨が本格的になる前に、ラベンダーを少し剪定しました。

201706ラベンダードライ1

ラベンダーの長い枝が雨に打たれて、地面についてしまわないうちに。

今年は2種類のラベンダーで第1弾のドライフラワーです。

201706ラベンダードライ2

玄関に吊るして、乾燥させます。

ビニールひもで吊るすところは、おしゃれ感ゼロですが。

今日は朝から雨なので、いっそうラベンダーの香りが強く漂っていました。


Comment:8  Trackback:0
2017
06.29

隙間時間の使い方

Category: 一言
昨日、スマホで小説を読みました。

本を読むなんて、何年ぶり?!と思うくらい。

すっかりハマってしまって、予定していた夕食メニューが作れませんでした。

夕方ちょこっとのつもりだったんですけどね。



それにしても、今はネットで本が読めて便利ですね。

私は子供たちが産れるまで、毎週のように図書館へ通っていました。

それなのに、もう数年まともに本の1冊も読んでいない。

ネットで読書すれば楽なんだろうなと思っていましたが、目が疲れることが心配で、躊躇っていたんです。

確かにスマホで読む活字は疲れますね。



理想は、本の香りと静かな空間を楽しみながら、図書館へ行って本を選ぶこと。

でも今は難しいです。

借りてきても、返却までに読み終わるかも心配。



長い時間でなければ、隙間時間にスマホで読書もいいのかも、と思いました。

それだけで、心が豊かになる気がします。


Comment:4  Trackback:0
2017
06.28

見上げた空に思うこと

Category: 一言
年度初めの慌ただしさが過ぎ去ったと思っていましたが、今年はなかなか一息つけません。

子供×2 のクラブ県外遠征や息子の小6行事、PTA役員の会合や仕事。

そして、その合間に私自身が大会参加。

大会に参加するために、実践練習として練習試合も組まれたり。

通常練習なら「今日はお休み♪」と思っても、練習試合となると休むことも躊躇われたり。

忘れないようにスケジュールを管理する手帳も、ぎっしり文字が並ぶと、何が大事なのか分からなくなります。

情けなや、忘れ去ってしまう行事も・・。

まずいなぁ、キャパオーバー気味。



息子クラブの会合の日。

ふと外に出ると、うっすら赤の残る梅雨空が広がっていました。

201706空

こうして毎日が飛ぶように過ぎていくんだなぁ。

子供の頃は毎日毎日、こんな空を見ながら考え事をしていた気がします。

明日もまた同じ空を見るんだろうな、なんて。

今は明日同じ空があったとしても、気付かずに見ることができないかもしれない。

次に同じように感じて空を見上げるのは、1週間先かはたまた1か月先か。

時間は順々に過ぎていくのではなく、飛び飛びで。

大人になるとこんな感覚になるんだな。

しみじみ思う夕暮れでした。



Comment:6  Trackback:0
2017
06.27

白の花吹雪

Category: ガーデニング
今年は南天の花がたくさん咲きました。

201706南天

米粒みたいな蕾が、たくさん。

成長が遅かった我が家の南天も、今年はいくつもの枝に花がつきました。



白い花びらがたくさん散って。

201706南天2

これもまたキレイだなと。

朝から、思わず足を止める1コマ。


Comment:8  Trackback:0
2017
06.23

「先輩=威張れる」 は勘違い

Category: バドミントン
子供の試合で佐渡へ行く日が近づいてきました。

忘れちゃいそうだけど、息子と一緒に富山も行くんだった。

合間合間には県内各地での試合。

娘の石川遠征も7月早々にあります。

今年は中学のPTA学年委員に任命されちゃったので、来週からは行事関係の仕事も入ってきました。

その上、6月に引き続き、自分のバレーの大会参加も・・・。

頭がごちゃごちゃじゃ!!!



昨日中学バド部で、娘達下級生が先輩にお説教されたそうです。

内容は先輩に対する態度なのかな?簡単に言うと。

試合中の娘の「敬語ため口混じり口調」も注意されたらしい。

娘は「つい出ちゃうんだよぉ」と言っていました。

これからバド団体で地区大会を戦おうって時に、よくそんな話したもんだ。



確かに、先輩後輩は大事。

礼儀は重んじるべきだと思います。

だけどね、自然とその態度が出るのは、尊敬できる先輩に対してなんだと思います。

練習準備、道具の片付け、声掛け、挨拶etc・・・。

下級生だから率先してやるのはそうなんだけど、まずは先輩がお手本を見せてくださいね。

自分たちが忘れた道具を後輩に取りに行かせる。(昨年の話)

私だったら絶対に許しませんけどね。



自分たちは使えないコート準備を下級生がやる。

1年生でレギュラーとしてプレイし始めた娘に言いました。

私:「やらせてもらってることを忘れちゃいけないよ
   誰よりも早く行って、コートの準備をしなさい」

そして2年生になり、相変わらず上級生に混ざって団体戦を戦う娘に言いました。

私:「上級生になったからって、部活に重役出勤はダメだよ
   あなたが下級生のお手本になりなさい
   下級生と一緒に準備をしなさい
   自分の使うコートの準備を人任せにしないで」

娘は相変わらず、1年生に混ざって雑用をしているようです。

○○(娘)先輩が早く来るから、1年生は更に早く来始めたと聞きました。

ごめんね。



人に物申す時は、自分がそれにふさわしい人間であるかどうかが大切だと思います。

極端な話、口で言わなくても態度で示して、それが共感できることであれば自然と人はついてきます。

とかく中学生は「先輩=威張れる」と感じるようですが、思春期のなせる業でしょうかね。

勘違いです。



娘には「ほっときなさい」と言ってあります。

自分たちの代になったら、下級生も楽しくできる部活にしてねって。



娘:「試合に出ている子も出れない子も、みんなで話し合って仲良くできる部活にしたい」

今の気持ちを大切にね。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top