2017
07.25

最初から選ぶハウスメーカーを間違っていたのかも

Category: 一言
子供達の夏休みの準備、行事ごとなどが重なり、なかなか更新できませんでした。



先週の家の補修工事後、ハウスメーカーから絵の連絡は一切入っていません。

あるもないも、探していますも・・。

たぶん、絵のことなどどうでもいいと思っているのでしょうね。



11年前の話です。

新築で引き渡しの後、数週間で壁が汚れ始めました。

コンロ上のレンジフード付近の壁は茶色く変色。

キッチン近くのインターフォンのパネルやスイッチの空気穴付近は、スポットライトのように上から下へ茶色の壁が広がっていきました。

キッチンから繋がるランドリースペースを通り抜け、お風呂場へ続く洗面所の壁も天井部分は茶色い点ができ、設置されている配電盤の脇は見るも無残な変色。

ハウスメーカーの点検の際に何度もこの話をして、実際に見てもらいました。

その度に、レンジフードからの風はきちんと外に流れています。
(点検の人は外の空気が出る場所に手をかざしてみたりしてました)

奥さんの油料理が多いのではないですか。

ちょっと笑いながら、そんな話をされました。

我が家は揚げ物はほとんどしません。

私が油ものが苦手なせいもあります。

月に1回か2回。

こんな風に言われてこの10年、さらに我が家の食卓に揚げ物が並ぶことはなくなりました。



一応、メンテナンスということで、新築1年目の間に2度大規模に壁紙の張り替えをしてくれました。

だけど、数週間たつとまた同じ状態。

実際にその時に来た表具屋さんも、他の処理できた床屋さんも、どの職人さんも「おかしいよ」とおっしゃっていました。

だけど、まだ若かった私は、ハウスメーカーに言われた通り、自分の使い方が悪いのかもしれないと思っていました。

また子供たちが小さく、仕事をしていなかった私は、いろんな洗剤を買って、毎日のように壁を磨きました。

多少は落ちても、たいして変わることもなく月日は過ぎて行きました。

私も仕事や子供たちの事で忙しくなり、茶色の壁も慣れてしまいましたが、年末には半日かけてキッチンや洗面所の壁の掃除をしていました。

ここ数年は、キッチンハイターで壁を漂白していました。



主人はあまりこの事に関心がなかっように思います。

でも、昨年あたりから私が忙しく、年末掃除で壁掃除もお願いしてから、その壁を白くする事の大変さに気付いてくれたようです。

そして、昨年の10年点検の際に、主人から壁についてハウスメーカーへ話してくれました。

建てた当初は一生懸命汚れを訴えていた私ですが、もう言っても無駄だという思いがあり、主人が言いたいなら言ったらいいよくらいの気持ちになっていました。


つづく




Comment:1  Trackback:0
2017
07.21

捨てられた想い出

Category: 一言
家の補修工事も無事に終わりました。

正確には無事にではないのですけどね。

4日かかると言われていたのに2日間で終了。

そのせいか、問題もいくつか発生中です。



リビング・キッチン・洗面所・ランドリースペースの壁紙の張り替えでした。
(張替の原因はハウスメーカー側の落ち度だったのですべて無償です)

キッチンの壁紙を張り替える際に、養生なしで冷蔵庫を動かしたらしく、床には引きずった跡。



照明のスイッチ・インターフォンなどのパネルをいったん外しての張り替え。

もちろん、床暖房のパネルスイッチも外しました。

業者の方が帰る前から気付いてはいたのですが、床暖房パネルに数字が点滅してる。

通常なら、時計表示が出ているはずなのに。

私はてっきり、00:00のような時計を合わせてくれの表示かと思っていました。

でも、よく見たら数字があり得ない数字。

はいこちらも、今現在エラー表示中で動いていません。



極めつけは、キッチンの収納に娘と息子の保育園で描いた絵を飾っていました。

私へのプレゼントの絵です。

2日目の朝に娘の書いた方の絵が無い事に気付きました。

業者が来てから確認すると・・・。


表具屋さんが外してガスコンロの上に置いた。
           ↓
その上から、コンロにホコリがかぶらないようにビニールを置いた。
           ↓
終了後、ハウスメーカーがコンロ上のビニールを取ってゴミ袋へ。


ありえん。

仕事は早く、壁はピカピカです。

でも、私は張替をやっていただかない方が良かった気がしています。

またハウスメーカーに対して嫌な思いをした。

実はこの嫌な思いは、建てた当初の頃からだったんです。

11年。

長いよなぁ。

大人げないので、人に話すのは・・と思っていましたが、もう限界でした。

このお話は来週。


娘の絵は、無い事すらサラッと流されました。

相手が私ではその態度なので、主人が仕事の途中で自宅に寄ってくれて

主人:「まさか捨てないですよね
    私たちは戻していただければいいですから」

とだけ言ってくれました。

撤収する時も、「探してみます」「連絡します」などの言葉も一切なく。

私の方から「絵を探してくださいね」と言いました。

そして、絵はまだ見つかっていません。



Comment:8  Trackback:0
2017
07.18

ベルボーイズ

Category: 一言
3連休の方も多かったのではないでしょうか。

新潟にも県外ナンバーの車が目立ちました。



この3連休は、地元の夏祭りでした。

普段は忙しくて参加できませんが、今年は息子が鼓笛の演奏でパレードをしました。

その他大勢の笛ですが、暑い中大汗をかきながら、頑張っていましたよ。

娘の時よりも演奏内容はちょっぴり落ちるかなぁ。

写真も撮りましたが、今手元にないのが残念。



衣装を着た息子たちは、ホテルのベルボーイみたいでした。

今回は運動会の時みたいに、ベレー帽を深くかぶり過ぎてなかったです。

ドングリ頭じゃなくて良かったぁ。



この夏まつりで鼓笛隊も最後。

6年生、小学校の行事が一つ一つ終わっていきます。


Comment:8  Trackback:0
2017
07.14

ゆっくりゆっくり

Category: 一言
夏休み前のこの時期に来て、急に慌ただしくなってきました。

相変わらずの娘の遠征やら、息子の夏休みサッカースクールの体験会。

その上、家の補修工事。

家の補修に関しては、改めて書こうかなと思います。

我が家、なんとちょっぴり欠陥住宅でした。

建てた当初から言っていたのに、実際に分かったのはこの春。

もう11年が経過しようとしていました。

おかげで丸2日、家に缶詰め状態。

内装工事だから、自宅に待機していなくてはなりません。

あ~、気が重い。



この暑さと雨で、庭の雑草もすくすく成長中。

そんな中、タマリュウの花を見つけました。

201707タマリュウ

庭の夏の花は、ひっそりひっそり、控えめな植物ばかり。

でも逆にそれが癒されるんですよね。



来週は飛び飛びでの更新になります。

マイペースもたまにはいいかな。



Comment:6  Trackback:0
2017
07.13

すぐそこにある危険

Category: 一言
中学校で保護者向けの「スマホ講習会」に行ってきました。

私は今年度役員なので、準備段階から話に参加していました。

毎年何かしらトラブルの原因になる「スマホ」について、専門の方から講習をしていただく。

子供達はスマホに関する犯罪に簡単に巻き込まれてしまう。



以前私が驚いたのは、買い与えた親が子供のスマホ事情を全く知らないところ。

「部屋に鍵をかけて、スマホをいじっていると思うんですけどね(笑)」な親御さんに驚きました。

どの親もまさか自分の子供がと思うでしょう。

自分の子だからって何が起きてもおかしくない世界です。

子供にも親にも持たせるメリットとデメリットをしっかり把握してほしい。

そう言う我が家もスマホは持っていませんが、タブレットでLINEができるようにしてあります。



娘が小学校の頃、DSを使って見知らぬ人とやり取りしていたことに驚きました。

通信系は全て主人に任せてあったせいもあり、気づくのが遅れました。

まだ2度くらいしか話したことがないと言う娘に、見知らぬ相手とやり取りする怖さを教えました。

そして、「おかしいな」と思ったら、私にすぐに言うようにと伝えました。



スマホの講習会でもお話がありました。

怖さを知らない子供や親が多い。

そして、何かに巻き込まれて気付いた時には、自分たち(講師の先生)でも対処の仕様がない状況に陥っている。
(講師の方はスマホパトロールをされてて、警察ともつながりのある方でした)

開かれてしまった外の世界に対して、子供たちは無防備です。

それを無理やり押し込めてしまっても、いづれその時期はやって来るでしょう。

それなら、怖さを知っておく必要があります。

今回、保護者の参加率はかなり低かったです。

平日の早い時間スタートということももちろんあったと思います。

だけど、これが「自分の子供は大丈夫」と言う根拠のない自信がある証拠なのかもしれないなと感じました。



近隣地域でもスマホトラブルに実際に巻き込まれている子供たちがいました。

そして、私自身も友人から自分の子供が巻き込まれた話を聞いたことがあります。

「自分は大丈夫」ではなくて、今すぐそこに危険があることを知っていただきたいと思いました。



Comment:6  Trackback:0
back-to-top