2017
07.27

10年越し・・原因が分かる

Category: 一言
やっと動き始める“の続きです。



ネットで購入したレンジフードが無事に届きました。

でも、子供たちの事に忙しく、なかなか取り付けることが出来ずにいました。



5月のある日、息子は試合、娘は夕方から練習の週末でした。

息子の試合から帰宅した私が玄関を開けると、主人の怒った声に出迎えられました。

一瞬、自分が怒られてるの?と思い、なんかしたっけ??と思っていると、怒っているのは電話の相手にでした。

もともと温厚な主人がこんなに怒るなんて珍しいな。



電話が終わり、どうしたのかと聞きました。



主人が、今日時間があるからフードの交換をしようと古いフードを壁から外すと、中の汚れた空気を通すダクトが壁の中に落ちていたそうです。

主人:「見てみる?」

そう言われて、高い脚立に恐る恐る乗ってフードの外れた穴を除くと。

私:「これはひどいね」

穴から見えるダクトは半分くらい下に落ち、何に使ったのか黒いビニールテープが蜘蛛の巣のようにあっちこっちから飛び出しているのが見えました。

主人が念のためと言って写真を撮り、

主人:「工事をメーカーに任せないで良かった
    何もなかったように終わらせられたら、分からなかったよ」

そう言いました。

確かに、有り得る。



この10年、何度も何度もダクトに異常があるのではないかと主人や業者さんがメーカーに話していました。

業者さんは親身になって、そう言う事例もあるから、一度ダクトを確認した方が良いと何度もおっしゃっていました。

それを、のらりくらりとかわしていたメーカー。

バカだなぁ。



その翌日、業者さんが来て、ダクトをなおしてくださいました。

新しいフードも持って来てくれて。

でも、同じの買っちゃったんだよね。

かぶっちゃったけど、持って来てもらったフードはタダだから買ったのは他の場所に使っても良いしと言われて、無料のフードの方を取り付けてもらいました。



こうして、壁紙の張り替えも無償で行われることになりました。



この10年で言いたい事は山ほどあったけど、今回の工事にあたり、メーカーに話をしました。

私:「もともと営業担当者で選んだハウスメーカーです。
   何度も何度も言ったのに、きちんとした対応をしてもらえなかったこと、残念です。
   これで3度目の壁紙の張り替えです。
   経費もかなりかかったと思います。
   最初からきちんとしていただければ、経費もここまでかからなかったでしょうし、
   私たちもここまで嫌な思いをしないですみました。
   ですから、今回はきちんと仕事をしてください。
   最初は人で選んだ会社です。
   これ以上ガッカリさせないで下さい。
   私も以前の壁紙張替の時と違い、仕事を休んで家にいなければいけません。
   それは我が家にとっては損害です。
   そう言ったこともふまえて、キッチリお願いします。
   これで最後にしましょう。」

そして、この後の話が「捨てられた想い出」に繋がります。

結局、変わらなかったってことですね。



今も白い綺麗な壁を見ると、ちょっと心が痛みます。

早くこの白い壁にも慣れないと、と思う毎日です。



これで、家に関する記事は終わりです。

長々お付き合い、ありがとうございました。


Comment:10  Trackback:0
2017
07.27

やっと動き始める

Category: 一言
新社会人でもしない事“の続きです。



もともと10年目は外壁のメンテナンスでした。

内装の保証は1・2年くらいなので、私はこの時壁について話すつもりはなかったんです。

ただ、この際だからと主人が話をしました。



業者さんが突然来てから、すぐにアポの電話が来るかと思いきや、何カ月待っても電話は来ませんでした。

外装の見積もりについても全く音沙汰なし。

内装に関しては、私は諦めて現状維持でと思っていました。

そんなことを考えているうちに、12月になりました。

新潟県の冬。

冬場に外壁のメンテナンスはできません。

もし春まで連絡が来なかったら、こちらから連絡しようと思っていました。



4月になりましたが、やっぱり連絡は来ませんでした。

そこで、私から担当者ではなく、会社へ連絡しました。

状況を説明すると、電話口の男性はたいそう恐縮されていました。

再び後日連絡と言われ電話を切りました。



すると今度はすぐに連絡が来ました。

来ましたが、再度点検をさせてほしいと言う内容でした。

メーカーは「引継ぎが上手くいっていなくて申し訳ない」とおっしゃいました。

詳しい事はあえて聞きませんでしたが、きっと最初に来た方は辞めちゃったんでしょうね。



再度点検に来られたのはお二人。

以前の方よりも専門的で、印象は悪くなかったです。



内装の話になり、キッチンの換気扇の辺りをいろいろ見てくださいました。

結果「異常なことだが原因がよく分からない」とおっしゃいました。



我が家の後ろには高い建物が建っています。

言わゆるビル風が強く吹きます。

もしかしたら、それで汚れた空気が逆流しているのではないか?と1つだけ原因になり得る可能性を話していただきました。



外のフードを深型にして、風の逆流を防いでみたらどうか?

ただ、フード代・工事代はお客の負担になるし、本当の原因がそれとは限らないので、替えたから改善される保証はないと言われました。

それでも、原因が分からないと何年も言われていた壁の汚れ。

それで解決する可能性があるならばと、フードを替えてみる話に決まりました。



後日、フード交換の見積もりが来ました。

価格は2万円ほど。

実はネットで、同じフードは5千円前後で買えることを知っていました。

15,000円は出張工事費なのね。

DIYが流行っている昨今、レンジフードくらいは自分でつけたって方がたくさんいらっしゃるようです。

そこで主人にやれないものか話してみました。

すると、外のレンジフードの周りを確認してから、「できそうだ」とのこと。

私はネットでフードカバーを購入したのです。


つづく


Comment:6  Trackback:0
2017
07.26

新社会人でもしない事

Category: 一言
最初から選ぶハウスメーカーを間違っていたのかも“の続きです。



10年点検で、担当だと言う方と話した時、とても違和感がありました。

この方は、歯切れも悪く、こちらの質問にもしどろもどろ。

電話1本でのお話でしたが、担当を変えていただこうかとも思いました。



当初から感じていたことですが、この〇〇〇ー○○ホームは人の出入りが激しい。

まじめな方は体調を崩して、長くは続かないような話も聞きました。

親身になってくれる方ほど、「体調を崩しました」と休職されたりとか。



10年点検の日。

ハウスメーカーとの話の時は、主人も同席してもらうようにしました。

点検前、担当の方(たぶんお歳は60代くらいかな)をまず室内にご案内しました。

すると、私たちが立ったままにも関わらず、私たちに聞くこともなくダイニングテーブルに自分で椅子を引いて着席されました。

そして、だいぶ汚れているであろう、今被っていた帽子をテーブルの上に無造作に置かれました。

その後、ご自分の名刺を座ったまま立っている主人に渡したのです。

目が丸くなるほどの驚きでした。

この方、大丈夫?

再び、〇〇〇ー○○ホームへの不信感が湧いてきました。



一通り点検が終わり、問題個所をメモしてもらい、その他メンテナンス部分の見積もりをいただきたいと申し上げました。

問題個所(壁の汚れ含む)は、業者さんから直接来てもらうということで、連絡しますと言い、帰られました。



すると数日後の平日、朝の8時くらいに業者さんが突然やって来ました。



主人はすでに出社。

子供達も学校へ登校して、私もそろそろ出社しようかと思った時でした。

まだ連絡ないなぁと思ってた矢先の出来事。

「はっ?!」と思いましたが、たぶん業者さんに罪はない。

申し訳ないが、これから出かけなくてはいけないので、今点検していただくのは無理ですと言いました。

すると、業者さんは小声でハウスメーカーに悪態をついたようでした。

よくあるのかもしれないな、そんなことを思い、もう一度申し訳なかったと言って、お引き取り願いました。



そんなこんなで、〇〇〇ー○○ホームに再び連絡するのももう嫌になって、私の方からは連絡をしませんでした。

これが昨年の9月の話。

その後、今年の4月まで〇〇〇ー○○ホームから一切連絡は来ませんでした。



つづく


Comment:10  Trackback:0
2017
07.25

最初から選ぶハウスメーカーを間違っていたのかも

Category: 一言
子供達の夏休みの準備、行事ごとなどが重なり、なかなか更新できませんでした。



先週の家の補修工事後、ハウスメーカーから絵の連絡は一切入っていません。

あるもないも、探していますも・・。

たぶん、絵のことなどどうでもいいと思っているのでしょうね。



11年前の話です。

新築で引き渡しの後、数週間で壁が汚れ始めました。

コンロ上のレンジフード付近の壁は茶色く変色。

キッチン近くのインターフォンのパネルやスイッチの空気穴付近は、スポットライトのように上から下へ茶色の壁が広がっていきました。

キッチンから繋がるランドリースペースを通り抜け、お風呂場へ続く洗面所の壁も天井部分は茶色い点ができ、設置されている配電盤の脇は見るも無残な変色。

ハウスメーカーの点検の際に何度もこの話をして、実際に見てもらいました。

その度に、レンジフードからの風はきちんと外に流れています。
(点検の人は外の空気が出る場所に手をかざしてみたりしてました)

奥さんの油料理が多いのではないですか。

ちょっと笑いながら、そんな話をされました。

我が家は揚げ物はほとんどしません。

私が油ものが苦手なせいもあります。

月に1回か2回。

こんな風に言われてこの10年、さらに我が家の食卓に揚げ物が並ぶことはなくなりました。



一応、メンテナンスということで、新築1年目の間に2度大規模に壁紙の張り替えをしてくれました。

だけど、数週間たつとまた同じ状態。

実際にその時に来た表具屋さんも、他の処理できた床屋さんも、どの職人さんも「おかしいよ」とおっしゃっていました。

だけど、まだ若かった私は、ハウスメーカーに言われた通り、自分の使い方が悪いのかもしれないと思っていました。

まだ子供たちが小さく、仕事をしていなかった私は、いろんな洗剤を買って、毎日のように壁を磨きました。

多少は落ちても、たいして変わることもなく月日は過ぎて行きました。

私も仕事や子供たちの事で忙しくなり、茶色の壁も慣れてしまいましたが、年末には半日かけてキッチンや洗面所の壁の掃除をしていました。

ここ数年は、キッチンハイターで壁を漂白していました。



主人はあまりこの事に関心がなかっように思います。

でも、昨年あたりから私が忙しく、年末掃除で壁掃除もお願いしてから、その壁を白くする事の大変さに気付いてくれたようです。

そして、昨年の10年点検の際に、主人から壁についてハウスメーカーへ話してくれました。

建てた当初は一生懸命汚れを訴えていた私ですが、もう言っても無駄だという思いがあり、主人が言いたいなら言ったらいいよくらいの気持ちになっていました。


つづく




Comment:8  Trackback:0
2017
07.21

捨てられた想い出

Category: 一言
家の補修工事も無事に終わりました。

正確には無事にではないのですけどね。

4日かかると言われていたのに2日間で終了。

そのせいか、問題もいくつか発生中です。



リビング・キッチン・洗面所・ランドリースペースの壁紙の張り替えでした。
(張替の原因はハウスメーカー側の落ち度だったのですべて無償です)

キッチンの壁紙を張り替える際に、養生なしで冷蔵庫を動かしたらしく、床には引きずった跡。



照明のスイッチ・インターフォンなどのパネルをいったん外しての張り替え。

もちろん、床暖房のパネルスイッチも外しました。

業者の方が帰る前から気付いてはいたのですが、床暖房パネルに数字が点滅してる。

通常なら、時計表示が出ているはずなのに。

私はてっきり、00:00のような時計を合わせてくれの表示かと思っていました。

でも、よく見たら数字があり得ない数字。

はいこちらも、今現在エラー表示中で動いていません。



極めつけは、キッチンの収納に娘と息子の保育園で描いた絵を飾っていました。

私へのプレゼントの絵です。

2日目の朝に娘の書いた方の絵が無い事に気付きました。

業者が来てから確認すると・・・。


表具屋さんが外してガスコンロの上に置いた。
           ↓
その上から、コンロにホコリがかぶらないようにビニールを置いた。
           ↓
終了後、ハウスメーカーがコンロ上のビニールを取ってゴミ袋へ。


ありえん。

仕事は早く、壁はピカピカです。

でも、私は張替をやっていただかない方が良かった気がしています。

またハウスメーカーに対して嫌な思いをした。

実はこの嫌な思いは、建てた当初の頃からだったんです。

11年。

長いよなぁ。

大人げないので、人に話すのは・・と思っていましたが、もう限界でした。

このお話は来週。


娘の絵は、無い事すらサラッと流されました。

相手が私ではその態度なので、主人が仕事の途中で自宅に寄ってくれて

主人:「まさか捨てないですよね
    私たちは戻していただければいいですから」

とだけ言ってくれました。

撤収する時も、「探してみます」「連絡します」などの言葉も一切なく。

私の方から「絵を探してくださいね」と言いました。

そして、絵はまだ見つかっていません。



Comment:8  Trackback:0
back-to-top