2017
09.29

受験生の親ってこんな感じ?

Category: サッカー
まるで受験生の親ような、就活中の子供の親のような心境の今の私。

娘は中2、息子は小6(中学受験はしませんよ)なのに、なぜにな感じです。




と言うのは、息子の中学で通うサッカークラブのこと。

ここにも何度か書きましたが、息子の進学する中学にはサッカー部がありません。

ですので、サッカーを辞めて中学の部活に入るか、外部のクラブチームに所属するか決めなくてはいけません。

息子の中には「サッカーを辞める」選択肢は全くありませんでした。

なので、所属したいチームを選んでセレクション(入団試験)を受けなくてはいけません。

少年団の延長であるクラブに所属する場合は、セレクションはありません。

ですが、息子が行きたいのはいわゆるクラブチーム。

さすがにJ(リーグ)の下部組織は恐れ多くて「受けません」と息子は言いましたけど。




私もプロになる訳でもないし、高校を視野に入れて、チームを決めてほしいなと思っていました。

高校でもサッカーを続けるなら、「このジュニアユースに入ればこの高校に行きやすい」があるらしいんですよね。

重視はそこかなと思っていました。




秋になって、体験会やセレクションが次々と行われています。

その中で、トップのクラブチームはすでに上手な子と事前に話してみたり・・なんてことがあったようです。

最近では

「あの子はここだって」
「あの子、話があったみたいよ」

などなど、県での有名どころの選手の話になったりします。

息子も、試合があると、

「どこ(のクラブ)行くの?」
「体験会あるから来てね」

なんかはいろんなクラブのコーチから言われるようですが・・・。

でもね、そう言われても「入れるよ」って言われたわけじゃない。

今は表だって「入って」と言えなくなったらしいし。
(トラブルになるんですって、それでも話のある子にはあるみたいだけど)

息子は2チームに絞ったようですが、どちらを受けるのかまだはっきり決まっていません。

クラブの雰囲気や、環境、指導者、チームメイト。

後は上の学年の成績。



滑り止め、保険のような形で、いくつのかのクラブを並行して受けてもいいものか?

タイミングにもよるのでしょうが、1チームに絞って、そこがもしダメでも、第2希望のチームが追加セレクションを行えば入れるチャンスはあります。

だけど、3次セレクション、追加セレクションからだと、他の名門どころを落ちた上手い子たちとの争いになります。

どんなもんなんだろう?



それに、1つ。

息子にはチャレンジしてほしい事があって。

できるだけ、現在在籍クラブの主力と一緒にならないクラブに入ってほしい。

チームから離れて、自分になった時、どこまでできるかチャレンジしてほしいんです。

型が決まってきているプレイじゃなくて、ゲーム中にいつもチャレンジできる人であってほしい。

それが、今後のステップアップに必要だと思うんです。



そんなこんなで、現在思案中。

まさか娘の受験1年前に、こんな気持ちになるなんて思ってもみませんでした。



Comment:6  Trackback:0
2017
09.28

祝 2連覇

Category: バドミントン
娘の部長問題なんとか解決しそうです。



遡ること数日前。

1通のメールに、私は驚きました。

「女子部の部長が部の全体を見ることになったらしいよ」

はっ?

娘の所属するバドミントン部は、男女を合わせて1つの部活です。
(活動が別々になることもありますけど)

その中で、男子の部長・副部長、女子の部長・副部長が毎年選出されます。

ところが、揉めた件(その記事はこちら)があり、宙ぶらりんになっていた部長問題。

保護者の意見として、「○○ちゃん(娘)が全体を見たらいいんじゃない」と言われていたことも事実。

さすがに顧問がそうはしないでしょ?と思っていました。

でも、娘が怪我の通院のため休んだ日に顧問から、「女子部の部長が全体を・・」なんて話をされたらしい。



娘にこの話を聞いたら

娘:「そんな話は聞いてないけど。
   でも、どうせ今も男子部長不在で全部見てるし、別にいいよ」

なんともあっさり。

おっとこ前!!

いやいや、やはりそれじゃダメでしょ。

あなたばかりが負担を背負うことは、やっぱりおかしいよ。

もともと女子部の部長も辞退しようかって話だったのに。



ついに、私も顧問と話をする日が来たか・・と思っていました。

でもさ、普通そうするなら、女子部長に確認とってからでしょ。

もしや、男子たちにはっぱをかけているのでは?

ここは落ち着いて、実際に娘に顧問から話があるまでは静観しましょう。



すると数日後、1人の男子部員が「俺が部長をやる」と娘に話したと聞きました。

そうかい、ついに決心がついたのね。

順当にいけば、誰が見てもその子がやると思われていた子。

丸く収まりそうね。

後は10月に行われる保護者会で、男子部長保護者、女子部長保護者(我が家)、女子副部長保護者で保護者会のことを話し合うことになりました。

例年とは違い、女子部から保護者会長になる可能性は出てきたものの、娘の負担が大きくならなかったことにまず安堵です。



そんな中、行われた新潟県中学生選手権。

最後の年を迎えようとしている娘。

ダブルスペアのパートナーは新しく1年生に決まりました。

昨年はベスト8。

今年は1つ上げて、ベスト4に進んでほしい。

でも、何とも不完全燃焼のまま終わってしまいました。

ペアの相手はまだ中学生のバトミントンって感じじゃないかな。

プレイの速さについて行けてないような気がしました。

今年もベスト8止まり。



そして昨日、新人戦が行われました。

普通で行けば、楽に勝てる試合。

だけど、選手権の試合を見た後では、ちょっぴり心配。

出だしから、こんなに競ってどうするの?な感じでした。

でも、2年の意地を見せた娘。

クルクルと1人で動き、ペアの取りこぼした玉を拾い、この人(娘)こんなに動けたんだと母も感心させるプレイを見せてくれました。

新しいペアで初優勝することができました。

このペアはこれからなんだろうな。

まだ組んで数週間だものね。

新人戦は結局、団体・個人とも優勝し、2連覇することができました。

201709新人戦


終わり良ければ全て良し。

物事はなるようになるんだなと思います。

その過程は辛いけど、そこを過ぎたらそれも良い想い出なのでしょうね。



Comment:8  Trackback:0
2017
09.25

年が終わるまで駆け抜ける

Category: 一言
秋が深まるにつれ、朝起きれない。

昨日も今日も寝坊して、こんなんで高校生の親になれるのか不安です。
(まだ1年以上先の話ですけど)

お弁当持ちの高校生、朝は何時になる事やら。




娘の部長問題、3年生引退後、初の大会での残念な結果。

息子の小学生集大成のサッカー大会、中学での所属チーム問題、佳境に入ってきた小学校最後の行事。

などなどで、身も心もすり減ってきています。(大袈裟です)



疲れも家事も溜まる一方。

年末まで何とか頑張らねば。

年末と言えば、そろそろ息子の入学準備も始まるかな。(ふ~)



雑草ぼうぼうのお庭ですが。

201709ローズマリー

ちょっぴり癒されました。



Comment:6  Trackback:0
2017
09.21

青い靴

Category: 子供
先週の話です。

小学校の参観日。

他の学年のママから

ママ友:「○○(息子)新聞出てたね」

と声をかけられました。

どうやら、陸上大会の記事が地元新聞に載っていたらしい。

地元の新聞には、いろんな大会の結果や、表彰の記事が載ることが多く、息子も娘も名前が載っていたことは何度かありました。

我が家は新聞はとっていないので、いつも主人の実家で新聞を確認します。



その翌日。

息子のサッカースクールの帰り。

息子:「○○(他校の友人)が新聞載ってたって言ってた」

私:「ママも聞いたよ」

息子:「でもさ、『青い靴履いてたよね?』って言われたんだ
    新聞なのに何で色が分かるんだろう??」

その記事は、写真付きだったのね。

私:「カラーだったんじゃない?」

息子:「あ~、そっか」

ずっと、不思議に思っていた息子がおかしく。

新聞 = 白黒 だと信じて疑わないのね。



後日、記事が掲載されていた新聞を読みました。

確かに、カラーで青い靴を履いてました(笑)。



Comment:7  Trackback:0
2017
09.20

「後回し」は自分の首をしめるのね

Category: 行事
焼き肉を食べに行った日の夜中。

ものすごい風の音と雨の音で、何度も目覚めました。

あ~、台風きてる。



寝足りないなと思いつつ、一応息子の練習に間に合う時間ギリギリに目覚めた私。

練習中止の連絡来ないな。

息子も疲れているだろうから、もう少し寝かせておきたいけど。

もし、万が一練習があった場合、今起きないと間に合わない。



眠そうな息子を起こして、しばらくすると

「風が強いですが、練習を行います」のメール。

なに?!



3連休最終日は敬老の日。

プレゼントを買って、父母の顔も見に行きたい。

そして、今週誕生日の娘の誕生祝いも今日やってあげたい。

平日は忙しくて家族が全員そろわないから。

さぁ大変、なんにも準備してないよ。

昨日までの試合の後始末も何もしてないし。
(部の道具や我が家の道具を玄関に置きっぱなし)



息子の練習がないと思って、余裕でいたのに。

それから、息子を練習に送って、小一時間ママ友と話して(これが余計なのかも)。

自宅に帰って家事をして、敬老の日のプレゼントを買って渡して。
(敬老の日なのに孫たちは練習で2人とも不在だけど)

娘の誕生日会の買い出しに行って、お料理を作って。

あんまり慌てて、エビフライの最初に小麦粉つけるの忘れちゃった。

中華サラダなのに酢もきらしてた。

それでも、なんとか夜にはお祝いができました。

201709誕生日


子供達が家にいるうちは、お祝いくらいしてあげたいですもんね。



連休ったって、全く体は休まらなかったけど、みんなの笑顔が見れたので、楽しいお休みでした。


Comment:8  Trackback:0
back-to-top