2013
11.14

親の心はわかるまい

Category: 一言
昨日今日と小学校は半日あがりです。

そして、明日は音楽会の代休。

娘は8月、息子は10月で学童をやめました。

学童というのは、親が共働きで、下校しても家庭に誰もいない子を見てくれる市が管理する場所です。

もちろんお金は支払っています。

私が住んでいる町は、他の町より金額が高いようです。

なおかつ、定員が25名のところ、60~80名の子供たちが狭い施設におりました。

しかし、親としては様々な事件が起こる昨今、低学年の子供を鍵っ子にするのは気が引けます。

なんで、こんな金額を支払って、この状態なのかと3年半思い続けました。

わが町の学童では、4年生になったら「1人で留守番できますよ~、学童続けますか?」的なことを言われます。

娘も今年4年生。何とか夏休みまで在籍しておりましたが、すべての4年生が夏休みが終わると同時に退会しました。

すると学童の先生に、息子はどうするのかと何度も聞かれます。

姉が退会したから、弟も退会した方がいいという事でしょうか?

そして検討した結果、息子はやめることにしました。

今現在の小学生は、本当に勉強時間ばかりです。

学校での授業数も多いうえ、宿題もたくさん出ます。

それを見ていると、2年生息子が1人で留守番は心配、けれど放課後の自由に遊ぶ時間を確保してあげたいという気持ちもありました。

学童に行っていては、晴れていても好きなサッカーなんてできません。

狭い中で過ごさなければいけません。

これに反して私が学童においておきたかった1番の理由。

子供たちが家に帰って来た時、「おかえり 」と言ってあげたかったんです。

それが学童の先生であっても、子供の顔を見て笑顔で出迎えてくれる誰かにいてほしい。

私も子供の頃、学校で泣きたいことがあっても、泣かずに「ただいま」って。

母の顔を見たとたん泣き出す、なんてことありました。

私の中でいろんな思いがありました。

でも結局、夏休み中に2人でお留守番の練習をし、学童をやめることにしました。
(母が日中何度か電話。仕事の昼休み自宅に帰り様子を見る。
 父も仕事の合間に家に立ち寄る。ほんと大変

昨日、心配性母、仕事が終わって家に帰ると、息子のマシンガントークが待ち受けておりました。

娘もまったりとTVを鑑賞中。

2人とも放課後を満喫している様子。

「親の心、子知らず」とはよく言ったもんだ。


関連記事

トラックバックURL
http://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/142-9c622f1d
トラックバック
コメント
miyazyyさん、こんにちは♪

私の住んでいるところの学童も、基本的に3年生までしか
預かってくれません。
まぁ、預けているお母さんたちの話を聞くと
4年生くらいになると、子供たちも行きたがらないらしく・・・。

でも親としてはやっぱり心配ですよね。
ウチの子は5年生ですが、たまにお留守番させる時など
それでもやっぱり心配ですもん(^^;)

他の家庭を見てると、私が過保護過ぎ???
と思うこともありますが、中学生までは・・・
と思ってしまう私です(;-ω-`A)
nanoadot 2013.11.14 14:53 | 編集
仕事があると子供が帰ってきたとき「おかえり」って言えないんですよね。

Ayadot 2013.11.15 00:20 | 編集
nanoa さん
おはようございます。

いえいえ、過保護ではないと思います。
親は子供がいくつになっても、きっと心配するものでしょうから。(^_^.)

ただ、我が家の周りを見ていても、低学年のうちからお留守番をしているお宅はいくつもあります。
いざ自分の子供がそういう状況になってみると、意外と大丈夫でした。

そして、少したくましくなりましたよ。(^v^)
miyazyydot 2013.11.15 09:44 | 編集
Aya さん
おはようございます。
何かの講習会で元校長先生がおっしゃってました。
「学校から帰って来た時の子供の顔を見てあげてください。
 すると、子供にその日何があったか分かります。」

嫌なことがあっても、楽しいことがあっても「おかえり」と迎えてやりたいものです。
miyazyydot 2013.11.15 09:47 | 編集
過保護だとは思いませんが、
学童の事に子供の意見はどうだったのでしょうか?
それが、一番の決め手になると思います。

私は、子供が高校生までずっと働いていました。
親が「お帰り」って言うのも当然の事ながら大事だと思いますが、子供が親を出迎えて笑顔で「お帰りなさい!!」って言われるのもいいもんですよ!そのあと、子供とのコミュニケーションがあればいいんじゃないかな?
いろんな事件はありますが、今だけじゃなく、
昔から子供対象の事件はありましたからね。
そこは、ちゃんと親が子供に言い聞かさなくては、
いけないところですよ!
海斗dot 2013.11.15 15:23 | 編集
海斗ママ さん
そうですよね。
息子はやめたいと言っていたんです。
正直、それが最終的に決断した理由です。

海斗ママさんがおっしゃるように、子供たちの「おかえり」は嬉しかったです。
そして、大きくなったなと思いました。

昨日も友人と話したんですが、今は親が子供のことに干渉しすぎるって。
いつまでも、守っているばかりでなく、子供が自分で何とかできるようにしてあげるのが親の役目だねって。
まさに今回のことに繋がりました。
子供を信じて、子供と同時に、親も成長しなきゃですね。
miyazyydot 2013.11.19 10:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top