2014
06.23

終結

Category: 子供
母の逆鱗に触れた翌日、下校した息子は、普段と行動が違いました。

いつもは、言われないと連絡帳・プリントは出さない息子。

家に帰るなり、ランドセルの中から、見せなければいけない物を出していました。

そして

息子:「月曜日にはプール道具必ず持って来てって

 母:「ふーん

息子:「もう、準備してあるから大丈夫だよね

 母:(それも、誰がやったんだよ
   「・・・

ちょっと気を使っているところ以外、いたって普通。

この日、娘は習い事があったので、娘を送った後、息子と2人きりで話をしました。

もしかして、私の「いけないこと」の話が分かりにくかったのではないか。

もう一度、1から話しました。

今回やったことが、どういうことなのか。

それをした結果、どうなるのか。

本人に悪いという意識はあったようなので、それをする前になぜ踏みとどまれなかったのか。

我慢は辛いけど、これから大きくなるうえで、とても大切だということ。

そして、これから自分がどうしたらいいかを、息子の言葉で言わせました。

もし、次に同じことをしたら、サッカーをやめる約束しました。

ついでに、隠れてやっても、母の蜘蛛の巣のような情報網、必ずバレますよと一言。

息子の態度によっては、しばらくサッカーを休ませようと思っていました。

彼が一番辛い事だから。

その事も伝えました。だから、「次」はないよと。


翌日、ママ友に今回のことを話すと

ママ友:「今の子供たちって、私たちの頃と違うんだよね」
    「昔の中学生レベルのことを小学生がしてる」
    「大人になるのが早いんだよ」

確かに、そうかもしれません。

インターネットやSNS、少子化でお小遣いの額も違うかもしれません。

精神的にも肉体的にも、昔の子供に比べたら早く大人になるのかも。

「自分が子供の頃は」は、通用しないのかな?

それでも、子供たちを守って、育てるのは親の役目です。

一緒にぶつかっていける勇気と力を持ちたいと思う、小っちゃい小っちゃい母親でした。

関連記事

トラックバックURL
http://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/273-1d7a2fce
トラックバック
コメント
もう息子さんにはママの思いが伝わっていると
思いますよ。二人の間で会話が成立しているから!

大きくなった時にその時のことをしっかり覚えていて
もう1度その時の事を話せる日がやって来ますよ。
心配しないで(*^^)v
マメちゃんママdot 2014.06.23 14:27 | 編集
マメちゃんママ さん
涙がでちゃいそう。
ありがとうございます。(T_T)

私に想像もできないこと、してくれちゃっていいんです。
それが、悪い事でなければ。

子供は、教えなければ分からないことが、たくさんあるんですね
娘は言わなくても分かっていることが多い子でした。
なのでなおさら、息子のやることに、戸惑ってしまうのかもしれません。(・・?
miyazyydot 2014.06.23 14:55 | 編集
こんにちは

昔と今は時代が違うからの一言、とってもコワイなって思います。
昔も今も、やって良い事と悪い事は同じだと思いますから。
今回の事は、息子さんの心に響いてくれたでしょうか?
miyazyyさまの気持ちが、どうぞ伝わっていますように、
カミさんdot 2014.06.23 15:02 | 編集
終結したんですね!
ママもつらい数日でしたねぇ。。
話せば、伝わってるような感じなんだけど
いざってときに我慢というか、ブレーキがきかないんでしょうねぇ。。。
そこが子供なんだけど
そこが成長してほしいところ!!
でも、じっくり話す時間を作ってあげて
えらいなぁ。。。と、思います。
ママの本気がわかります。
きっと、伝わってますよ♪
めげずにがんばりましょうねぇ。
:マーガレット:dot 2014.06.23 15:44 | 編集
今と昔は違う・・・確かにそう思うこと結構あります。
ただ、そこをどこまで今の時代だからと認めるか
認めないかは、きっと親によっても考えが違うのでしょう。

でも、今も昔も、物事の善し悪しは一緒ですよね!

ただ、私がよく思うのは
私たちの時代に比べて、今の子供は大変だろうなって思います。
時代が進んだ分、誘惑も多いし選択肢も多い。
その分、親もしっかりしなくてはいけないので
親も大変ですが・・・(^^;)

miyazyyさんのお話とは内容が違ったらすみません(汗)
つい最近、そういうことを考えたことがあったので
ついつい書いちゃいました(>_<;)
nanoadot 2014.06.23 16:07 | 編集
なるほど、私らが子供の時と今の子供ではそんなに環境が違うものなんですね。
というか私なんていまだにウン十歳児だしなぁ~。

でもとにかくmiyazyyさんのように全力で、責任から逃げ出さないお母さんに育ててもらえば、息子さんの前途は明るいと思います。

いつか「あの時のアレは応えたなぁ。でもあのお陰で」って息子さんの口から聞けるのが楽しみですね(^o^)
トカ太dot 2014.06.23 22:29 | 編集
カミさん
おはようございます。

そうです。
いけないことに、今も昔も変わりはありません。
ただ、昔と違うところは、親の考え方と子供への接し方であるのかもしれません。

前に同じようなことがあった時、ある母は言いました。
「でも、うちの子に悪気はないから」
息子の友人たちを見る限り、悪い子はいないと、私は思います。
どの子も、どの子も言ってきかせれば分かる素直な子供たち。

自分たちの置かれた環境の中で、判断できる力と、欲求のバランスをなかなか持てないのだと思います。
それであれば、親が道筋をたててあげる必要がある年頃なんだと今回思いました。

息子を信じて、これからを見守りたいと思っています。
miyazyydot 2014.06.24 09:59 | 編集
マーガレット さん
終結までが早すぎて、ちょっと迷いました。
でも、「鉄は熱いうちに打て」かなと。

そうですね、子供だからブレーキが利かない。
その通りですね。
そんな時期から、「こうしたらどうなる」をだんだん考えられるようになるのかもしれませんね。

話の時に、ソファに座った私が「こっちに来て」と言ったら、膝に座ろうとした息子。
やっぱり、幼いなと感じました。
(もちろん、膝ではなく、私の前に立たせましたけどね^_^;)

はい、めげずに頑張りましょう!
miyazyydot 2014.06.24 10:06 | 編集
nanoa さん
本当に誘惑も選択肢もたくさんありますね。
息子も娘も、同じ歳に私が経験したことのない事をやっていると思います。

昔も今も悪い事は同じです。
そうであるなら、今の子供たちは昔より「強い意志」を持たなければならないのかもしれません。
そういう気持ちを育ててあげたいですね。

そして、親の考え方も様々。
幼い頃のように単純に叩いたとかなら、私はよその子でも怒ります。
でも、もう少しその家の価値観が出ることだと、なかなか口は出せないのが現状かな。

結局、子供たちを誘惑から遠ざけたとしても、いずれは同じような環境に身を置く場面が出てくるでしょう。
なら、今は親が教えるしかないんでしょうね。

息子がしっかり分かってくれたと信じようと思います。
miyazyydot 2014.06.24 10:17 | 編集
トカ太 さん
ありがとうございます。(^v^)

私もママ友に聞いて、「なるほど」と思いました。
確かに、悪い事はそっこら中にあるし、自分で決めなければいけないことが多いですね。
(まぁ、まだ田舎なので都会ほどはないかも)

お母さんにしてもらった以上、途中で投げ出せないですよね。

息子の名前の由来のように、素直で大らかで真っ直ぐ育って欲しいです。
miyazyydot 2014.06.24 10:25 | 編集
ちゃんとね、息子さんに伝わっていると思います。
伝わっていなかったら、プリント出したりしませんよ。
たとえそれが、数日で元に戻ってしまっても、言われたことは必ず心のどこかに残っているはず。
一度で伝わらなくても何度でも伝えたらいいと思います。(何度も戦った経験あり 笑)
胸に深く刺さった母の思いの小さな棘は、大きくなってもなかなか抜けないようですよ。
男の子は女の子より、気分の切り替えが上手なように思います。
怒ったあとに、仲直りをしても、こっちは笑えないのに、息子はケラケラ笑えるということがあります。
それは聞いていないのではなく、気分の切り替えが早いのだと気づきました。
私が大人げないだけか??

お母さんのことが大好きな息子さんですもの。
お母さんの悲しい顔は一番見たくないはずです。
話し合いを繰り返して、きっと大人になっていくんですよね。







Shop Asahiyamadot 2014.06.24 11:05 | 編集
Shop Asahiyama さん
気持ちの切り替えが早い、確かにその通りです。
なので、こちらは聞いてないんじゃないか、分かってないんじゃないかと思ってしまいます。

何度も何度も言ってきかせ、いつまでも付き合っていくのが親なんですね。
彼が立派な大人になってくれるように。
いつか、私の方がお説教されるような日が来るのかもしれませんね。
そんな日まで、うるさくて、抜けてて、ズボラだけど一生懸命な親でありたいと思います。
miyazyydot 2014.06.24 11:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top