2014
09.16

究極の選択を迫られる

Category: バドミントン
昨日、娘のバドミントンのダブルス大会が行われました。

結果は思わしくありませんでした。

ここのところ、息子のサッカーが忙しく、なかなか娘に付き添ってあげられなかった私。

久しぶりに娘のプレーを見ました。

今まで1人でやっていたことを2人でやるっって、楽なようで難しい。

全国小学生大会の予選まであと2週間、コーチは相当きつい練習をさせるとおっしゃっていました。

ん?んん?? 2週間後、何かあったような気が。

コーチ:「10月4日に間に合うように、何とかしたいんです

  母:(10月4日???????
    
        

    「10月4日、小学校のマラソン大会だぁ

コーチ:「えぇぇぇ~

この日は土曜日ですが、小学校は一日参観日です。

そこにマラソン大会も含まれてるんです。

息子の初合宿で頭がいっぱい、先のことは間近になってから考えようと思っていた私がバカでした。

まさかまさか、娘の一番大事な大会と小学校のマラソン大会が被っていたとは。

バドミントン大会の参加申し込みはもう済んでいます。

しかも、ダブルスのパートナーは他校なので、出場に何の問題もありません。

でもな、マラソン大会は学校行事。

そして、毎年上位には入れないものの、彼女なりに頑張っている姿を見るのは楽しみでした。

毎年少しづつ順位が上がり、今年は10位以内に入れるかな?なんて話していたのに。


旦那さん、私、娘で会議したところ、バドミントン大会の方へ出場することになりました。

どうしようもないことでしたが、どちらを選んでも、後ろ髪引かれる思いでいっぱいです。


マラソン大会は、息子が今年もメダルを取れるかの瀬戸際、応援してあげたいです。

でも、娘も大事な大会、応援してあげたいし・・。

息子の出走が終わってからでは、小一時間かかる会場へは昼ごろにしかつけません。

シード権をもらえない娘たちの試合は、たぶん終わっているでしょう。

何かいい方法はないものか。

母、究極の選択を迫られています。

関連記事

トラックバックURL
http://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/327-60d77f85
トラックバック
コメント
こんにちは

うわぁ、究極の選択でしたね。
しかも、当日はさらに究極の選択が待っています。
こればかりは、わたしは何もいえません。
でも、きっと息子さんもお嬢さんも精一杯頑張ってくれます!
それだけは、確かですよ!
カミさんdot 2014.09.16 14:51 | 編集
10年後には娘さんも息子さんも「あの時のブッキングで母さん悩んだんだよねぇ~」って笑ってる気がします。

って、何の解決にもならないコメントでゴメンなさい。

でも、それだけ母親が一生懸命姉弟どちらも応援しようとしていたって事実はお子さん達に伝わる気がします。

な~んて分かったようなコメント、ほんとすみません(^_^;
トカ太dot 2014.09.17 00:15 | 編集
う~~~~~ん・・・・
これ・・・
私も同じようにマラソン大会でなく
バドミントンを優先させます

それ以上いえない・・・
ごめんなさい・・・
マルチ君の母dot 2014.09.17 05:55 | 編集
カミさん
おはようございます。

私としては、小学校の空いた時間にクラブ活動と思っていたので、今回の事態は悩むところでした。

当日は、息子のマラソンを見届けてから娘のところへ行こうと思います。
試合前に私から娘に話すこと、ガンバレの気持ちをこの2週間で伝えていこうと。

昨日の夕食の時にも、子供たちと私で話をしました。
娘は「待ってる」と言ってくれました。^_^
miyazyydot 2014.09.17 09:12 | 編集
トカ太 さん
そうですね、過ぎてしまえば「そう言えば」と笑える話だと思います。(^-^)

第一試合には間に合わないし、もしかしてそこで終わってしまうかもしれませんが、あと2週間でガンバレの気持ちを伝えていけたらいいなぁ。
miyazyydot 2014.09.17 09:15 | 編集
マルチ君の母 さん
悩む話です。
でもこの数ケ月、2人で練習してきたこと、試させてあげたいですよね。

当日は、息子のマラソンが終わってから、娘のところに向かおうと思います。
娘は「後から来るなら、来ない方がいい」と始め言っていましたが、話し合った最後に「待ってる」と言ってくれました。

親も子も成長する場面なのでしょうかね?(T_T)
miyazyydot 2014.09.17 09:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top