2015
01.15

ぷりぷり うまうま

Category: 食べ物
昨年12月、義父から柿を一箱もらいました。

義父:「中に説明書が入っているから、読んでから食べて

なになに? いったいどんな柿なんじゃ?!

201501柿1


一つ一つ紙に包まれた高級そうな柿。

説明書?のような物も入っていました。

201501柿2


読みにくさはご了承ください。

ここには、「ゆっくり時間をかけてご賞味ください」とあります。

書かれている通りに、軟らかくなるのをじっくり待っておりました。

ところが、なかなか軟らかくならない。

いつも食べている柿は、ちょっと放っておくと、すぐにグチャっとしてくるのですが。

意を決して、少し軟らかいかな?と思う物を切ってみました。

201501柿3


甘くて、硬すぎず、軟らか過ぎず、適度に弾力があってプリプリのおいしい柿でした。

私の感覚では、「待った」と思います。

軟らかさの基準が分からず、ちょっとしなびた感じになっている柿も。

でも、切ってみると、どれも見事にプリプリ。

やっぱり高級品は違うのかな?を感じた昨年の年末の出来事。

余談ですが、あまりに良さそうなもので、何人かの友人にもおすそ分けしたんです。

その度に、説明書の紙を持ち歩いていた私。

なので、紙はあんなにクシャクシャなんです。

関連記事

トラックバックURL
http://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/411-e349d873
トラックバック
コメント
こんにちは

こういう柿があるんですね。
初めて知りました。
食べる時期も普通の柿が終わった頃からですし…
この柿なら、お友達も喜んだでしょう(^◇^)
素敵な贈り物でしたね。
カミさんdot 2015.01.15 17:45 | 編集
うおぉ~、美味しそうな柿ですねぇ。
私、ビールの次に柿が大好物なんです。みかんですら「皮むくのめんどくさい」なんて思うほど果物に興味ないのですが、柿だけは自分で包丁を使って食べるほどなんですよ。いつかこんな柿を食べてみたいです。

あっ、そうそう「miyazyyさんを探せ!」は、プロフィール画像と似た髪型だったというネタばらしも書かせて頂きます(^^)
トカ太dot 2015.01.15 22:58 | 編集
カミさん
おはようございます。

時期が違いますよね。
毎年、さわし柿をもらうのですが、それを一箱消費して、しばらくたってからもらいました。

さわし柿は、良い頃合いを見ていないと、すぐにグチャっとしてしまいます。
(ヘタを取って、スプーンでくり抜いて食べたりします(^^))
全然違っていたので、食べ頃の見極めが難しかったです。

一箱に何個も入っていなかったので、友人たちには2個づつあげました。
ほとんどのお宅が、親が食べる前に子供が全部食べちゃったと言っていました。^m^
miyazyydot 2015.01.16 09:45 | 編集
トカ太 さん
私も柿好きです。
デザートに切っても、つまみ食いしちゃってまた切り直し・・。(^_^;)
上品な柿でした。(←伝わりにくいですかね?)
義父がどこから仕入れて来たのか分かりませんが、もしかしたら二度とお目にかかれないかもしれません。(>_<)

やっぱりですか?(笑)
あの中だとショートは私だけでしたしね。(^v^)
miyazyydot 2015.01.16 09:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top