2013
06.13

褒めたいココロ

Category: バドミントン
先日、娘のバドミントン用バッグと新しいラケットを購入しました。

バドミントンバッグ

両親ともバドミントン経験者でない我が家。最初に道具を揃える時に、とりあえずエナメルのスポーツバッグと¥6,000程のラケット、ちょっとお高め専用シューズを買いました。

練習に行くと高学年の子供たちは、ラケットも収納できるバッグを持っていました。

そんな物の存在すら知らなかった私。「まあ、いいよね」。

また別の日、「やっぱり初心者は¥10,000くらいのラケットが使いやすいかな」とコーチ。
「早く教えてくれ!でも、まあ、いいよね」。

ちなみにシューズは、とても上手な子とお揃い。「分不相応な気が・・まあ、いいよね」。

あれから一年、試合でも強いとは言えない娘ですが、とにかく頑張っています。

上手になりたい一心で、バドミントンノートを作り、練習も上級生相手に人一倍頑張ります。

その姿に胸を打たれた母は、新しいバッグとラケットをご褒美に買ってあげました。

すると、「ママ、もう一つ欲しいものがあるんだけど」と娘。

それがこのマスコットです。
バドミントンマスコット

最初、お掃除用のミニモップにしか見えなかったのですが、「違うよ、裏見て!ほらバドミントン用なんだよ」と娘。

たぶん、ずっと欲しかったんでしょうね。

私は、褒めて育てることが苦手だなと、よく思います。

子供は褒めて欲しいんですよね、お父さんやお母さんに「偉いね」「すごいね」って言われたい。

娘は「こんなに頑張っているのに、自分が想像していた反応を私から感じられない」と思っていたのかもしれません。

だから、道具が欲しくても言えない部分があったのかなと反省しています。

できれば、褒めて伸ばしてあげたいなぁ~なんて。(できるかな
関連記事

トラックバックURL
http://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/44-f138c7b3
トラックバック
コメント
バドミントンのバッグ、かっこいいですね~
最近よく見かけるんですが、何が入っているのかなって思ってました。

ほめるのってすごく大事ですよね~
私も、いつもそう思うんですが、難しいです。
「え~今のだめじゃん?」といってから、あわててほめても、遅いよ、っていうのが多いです。

新しいバッグとマスコット、そしてたっぷり褒めてもらって、ここからきっとすごく強くなりますね!
コスモス♡ママdot 2013.06.13 14:30 | 編集
コスモス♡ママ さん
こんにちは。小学生が持つと意外と大きくて、人間が2人歩いてる、みたいな感じ。
ラケットも何本か入るんですよ。(ガットが切れるかもしれないから、だそうです)

私はどうもダメ出しの方が多くて、褒めてるつもりだけど、顔が笑ってないとか。^_^;
大人も褒められれば嬉しいですもんね。頑張ります。

娘は運動神経がイマイチなのですが、上手くなると同時に、スポーツを通して、仲間とか努力する気持ちとか、達成感とかそんなところを学んでくれたら、と思います。(#^.^#)
miyazyydot 2013.06.13 14:43 | 編集
コミュからきました。

なんだかすごくよくわかるなー…。と思い、思わずコメント残させていただきます。

私も中学でバドミントンをやっていたのですが、両親ともスポーツ万能で、母はママさんバドミントンもやっていてかなりの上級者。
いくら頑張っても母には追い付けず、母からは誉めても貰えず…。
そのためか、欲しいものがあっても言い出せなくて、新しいものがほしくても、母のお古でひたすら我慢の日々でした。

今や私も一児の母となり、娘に当時の私のような思いはさせないようにしないと!と気持ちを新たにしています(^_^;)

やっぱり誉めてもらえると嬉しいし、頑張れますもんね。


ただ、ブログを読ませていただいていると、褒めるのが苦手でも、その気持ちはちゃあんと娘さんに伝わっているような気もしましたよ♪
もっさんdot 2013.06.13 15:52 | 編集
私も自分の事を思い反省させられました。

試合の時も、「試合勝った?」ではなく、「何が楽しかった?」と聞かなければいけないと以前教わりました。

子供達の頑張りはわかっているはずなのに、期待の方が上回ってしまうこともあり・・・
本当に難しいです。
riemamdot 2013.06.13 21:10 | 編集
う~ん、わたしも失敗ばかりしていましたね。

いまだに娘に言われます。
『おかあさんは、自分が怒りたい時に怒ってた』って…
仕事でストレスがたまっていると、普段では怒らない事でプリプリ怒ったりしていたと…(ーー゛;)
耳が痛いですけど、その通りだったと反省しきりです。

褒めて育てているつもりでしたが、娘の母親を見る目はシビアでした。
カミさんdot 2013.06.13 22:37 | 編集
もっさん
コメントありがとうございます。
私も小さい頃、母に褒められたい一心で、頑張っていました。

自分ができるからと言って、子供に対してこの程度と思うことは、よくないですよね。
一人の人間として、成果はもちろんですが、その過程の頑張りに対しても褒めてあげることは、とても大事なんですよね。(^v^)
miyazyydot 2013.06.14 09:14 | 編集
riemam さん
今までも、反省することはたくさんあったんです。
ただ、喉元過ぎれば何とやら・・。
時間が過ぎると、もっと上へ上へを期待してしまうんですよね。
そしてまた同じことを繰り返す。
親も子供と同じように、成長していかなきゃなんだと思います。^_^
miyazyydot 2013.06.14 09:19 | 編集
カミさん
親も人間ですから、体調の悪い時なんか、私もプリプリしちゃいます。

表面を装っても、内面まで子供はしっかり見ているんだなと感じることあります。

子供たちが「大好き」って気持ちはいっぱいなんですけどね。(^v^)
miyazyydot 2013.06.14 09:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top