2015
03.27

mission 完了

Category: 一言
先生へのプレゼント、無事に渡せたそうです。

他にも手紙を渡している子供がたくさんいたとのこと。

その夜、先生からの最後のお便りがテーブルの上に上がっていました。

それは、まるで子供たちへのお手紙のよう。

先生が小学校の先生になるまでの事。

それまでの紆余曲折。

先生がちょうど新任で小学校へ来た時、息子たちも同時に新一年生として入学したこと。

それから3年、とってもたくましく大きくなったこと。

そして、みんなの事はずっと忘れないと。

不覚にも泣いてしまいました。

娘が初めて持たれた小3の頃、バレーの練習に小1の息子もよく顔を出していました。

「〇〇(娘名)の弟?」って可愛がってもらいました。

一度バレーの打ち上げで先生と「いじめ」について話したことがありました。

先生の体験と、思いをお伺いしました。

その時、「どんなことがあっても、子供たちは守ります」と言い切ってくれました。

私は、人の痛みのわかる、真っ直ぐな目のこの人なら、子供たちを預けても心配ないと思いました。

私が「消しゴムはんこ」をプレゼントしたのは、この気持ちをずっと忘れないで欲しかったからです。

今の世の中、色々なことが起こります。

気持ちがどんどん擦れていくこともあるかもしれません。

それでも、”一番最初”の気持ちを忘れないで、これからも子供たちの大好きな先生でいてほしい。

そんな気持ちからのプレゼントでした。

最後に先生のプリントに書いてあった「一期一会」。

私も大好きな言葉です。

関連記事

トラックバックURL
http://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/460-05550777
トラックバック
コメント
こんにちは

姉弟と、両方を受け持ってくださって、導いて下さった先生。
今は先生の質が問われる時代なので大変ですが、この先生だったらきっと、頑張ってくれますね。
このお手紙も、お嬢さんや息子さんの大切な宝物になりますね。
何年か先、生き方に迷うような事があった時に、もう一度開いて読んでくれると良いですね。
カミさんdot 2015.03.27 17:54 | 編集
まさしく・・・初心忘れないでですよね
本当にそうだと思います
でも3年間ずっと変わらないスタンスの先生
きっと30年後も一生懸命で擦れない先生だと思いますよ!
マルチ君の母dot 2015.03.27 21:57 | 編集
素敵なお話ありがとうございました。
ジンワリ心が暖まりました。

春は別れと出会いの季節。またお子さん達が素敵な出会いをするといいですね。
トカ太dot 2015.03.28 21:39 | 編集
こんにちは。

子供達からの素敵な贈り物、きっと先生も喜んでる事でしょうね。

今の時代、どれだけ情熱を持って先生になってもそれを維持し続けるのは難しい事です。
迷った時やくじけそうになった時は流されず、そのハンコを見て先生になったばかりの頃の気持ちを思い出してくれると良いですね。
らいこねんdot 2015.03.30 09:38 | 編集
カミさん
こんにちは。

人って一生懸命な人のそばにいると、自然と自分も一生懸命になったりします。
それが、娘と息子にとって先生だったのかなと思います。

お便りは、いつかまた読み返すことがあるかもしれないと、3年生のファイルの中に保管しました。

先生には、いつまでも今のままで頑張ってほしいと思います。
miyazyydot 2015.03.30 13:22 | 編集
マルチ君の母 さん
この先生(ちなみに、男性です)、娘たちが進級するとき、一人一人にミサンガを作ってくれたんです。
翌年からは忙しかったようで、ミサンガのプレゼントは娘たちだけでした。
1年目は、親ともよく話していました。

2年目以降、学校へ行くといつも忙しそうに走っていました。
あまりにも用事を頼まれ過ぎて、子供たちとの時間は大丈夫かな?と心配になったものです。

そんな1~3年の様子を見てきただけに、変わらないでほしい気持ちが強くなったのかもしれません。
miyazyydot 2015.03.30 13:29 | 編集
トカ太 さん
人が人を思って、大事なことですよね。

次は出会う番です。
どんな出会いがあるのか楽しみです。(^v^)
miyazyydot 2015.03.30 13:31 | 編集
らいこねん さん
こんにちは。

どの子もどの子も、先生のことが大好きだったと伝わったと思います。

本当にそこなんです。
先生と名のつく方は、最初は志高く、理想を追いかけるのだと聞きました。
でも、いろんな所からの締めつけで、だんだん情熱が薄れてく。

まだ社会に出て数年。
これから越えなければいけない壁がたくさん出てくるでしょうね。
「もういいや」って投げたくなっちゃうかもしれません。
そんな時に思い出してほしいなと考えたプレゼントでした。
miyazyydot 2015.03.30 13:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top