2013
06.19

白熱の向こう側は・・

Category: 行事
昨日は小学校の参観日。

小2の息子の授業は「親子レクリエーション」でした。

子供たちの小学校では、年に一回、学年ごとに親子で楽しめる行事があります。

今年の「親子レクリエーション」の内容は「しっぽ取りゲーム」と「ジャンケン列車」

毎年、子供だからと手加減しながら楽しんでいたので、今年もちょっと楽しんで終わりかな、なんて思っていました。

ところが、子供たちも大きくなりました。足が速くなり、すばしっこい。

ドンドン白熱するしっぽ取りゲーム。

そして、2回戦が終わった後、私の手には何本ものビニールテープが・・。

ちょっと大人げない自分に反省しつつも、親が一生懸命走ったり、楽しんだりすると、子供もホントに楽しいんだなぁと。

子供たちの笑顔はみんなキラキラしていました。

親子レク

ちなみにジャンケン列車は何度やっても、一回目で負けました。

 しっぽ取りゲーム:50CMほどのビニールテープ(しっぽ)をズボンの背中部分に差し込み、自分のしっぽを
          取られないようにしながら、敵のしっぽを取るゲーム

 ジャンケン列車 :ジャンケンをして負けたら相手の後ろに並び、肩に手を置いてつながる。再び別の列の
          先頭の人とジャンケンをして負けたら、列の最後尾につながるゲーム

関連記事

トラックバックURL
http://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/49-eb3b2383
トラックバック
コメント
2年生相手に何本もテープを取るなんて、すごいですよね。
大人げないにしても、なかなか取れないですよ~。
保育園でこの前やったじゃんけん列車は、負けたら泣いてつながらない、という子が何人もいて笑いました。
人数どんどん減りましたw。
コスモス♡ママdot 2013.06.19 20:18 | 編集
コスモス♡ママ さん
ゲーム終了後は、達成感とともにドッと疲れましたよ。(^^ゞ
言われてみれば、いつの頃からか、負けて泣く子がいなくなりました。
彼らも成長してるんですね。(^v^)
miyazyydot 2013.06.20 09:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top