2015
05.26

涙の応援団長

Category: 子供
お天気のいい週末、小学校の運動会が行われました。(昨日の記事はこちらから)

実は娘、応援団長の大役を仰せつかっておりました。

201505運動会1


女団長は私が経験した6回の運動会で1人だけ。

母としてはとても心配していました。

でも、忙しい中で彼女は非常に頑張っていました。

よその組の団長からも相談されるくらい、しっかりやってくれていました。

子供たちの小学校は、3色で競技優勝・応援優勝・パネル優勝を争います。


応援合戦、最終で行った娘のチーム。

観客の方々が「次は何が起こるか、ワクワクしたね」ってくらい上出来でした。

娘も旗を持ってグランドを駆け回っていました。

応援の優勝は、母が客観的に見ても娘チームか、もう一色の争いだろうと。

昼食の時、娘も手ごたえを感じていたようでした。

そして、結果発表・・。

娘チームはまさかの最下位でした。

そして優勝したのは、全く予想していなかったチーム。

娘に相談していた団長のいるチームでした。

娘、泣いていました。

人目もはばからず。

団員も、チームメイトの子供たちも泣いていました。

今回の結果は審査員の審査結果によるものです。

好みなどの主観も入るでしょう。

3つの部門で各チームが一つづつ優勝する結果となりました。


それにしても、悔しくて母も泣きました。

まったく知らない方々、「なんで〇チームが優勝なんだ?」の声も聞かれました。

私のところにも、絶対一番良かったのにと口々に言って下さる方々。

運動会終了後、私は泣いている娘たちに歩み寄り、話をしました。

私:「何で優勝できなかったんだろうって言う保護者がいっぱいいたよ。
   観客をとってもワクワクドキドキさせてた。
   負けたけど、そういう評価をしてくれた人がたくさんいたことを忘れないで。
   そして、どのチームよりも団結してたよ。
   一番楽しんでやれてた。

泣きながら、みんな真っ直ぐに私のことを見てくれていました。


運動会が終わり、帰宅してから娘たちは、月曜日の打ち上げの準備をするために集まる計画をしていました。

集合までの時間、娘と敗因についての話をしたんです。

競技中も一生懸命応援してたのは〇チーム。(旦那さん意見)

そこも見られていたのかもね。

すると娘

娘:「私が、応援しなくていいって言ったの。
   みんなすごく疲れてて、競技に影響があるといけないと思って・・

  「それなら、私のせいだ。
   私が団長をやらない方が良かったのかな

私:「そっか、考えがあってのことだったんだね

娘:「もう、これからみんなのとこ行くのやめようかな

私:「・・自分のせいだと思うなら、それをみんなに話してごらん。
   きっと、みんなはそうは言わないと思うよ。
   もし、〇〇(娘)のせいだって言われたら、帰っておいで

いつまでも、泣いている娘の背中を押し、友人たちのもとへ送り出しました。

すると、しばらくしてインターフォンが。

準備に集まるメンバーたちが、団長が遅いのでみんなで迎えに来てくれていました。

母ここでも感動。


娘帰宅後、

娘:「ママと話したこと、みんなに言ったんだ

私:「なんて言われた?

娘:「〇〇(娘)だから良かったんだよって言ってくれた

私:「いい仲間に恵まれたね

優勝旗は手にできなかったけど、それ以上の物を彼女は手に入れたのだと感じました。

一生に一度できるかできないかの貴重な経験をすることができたね。


私:「もし、もう一度団長をやるチャンスがあったらやる?

娘:「やる


関連記事

トラックバックURL
http://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/499-ba191bcf
トラックバック
コメント
こんにちは

色々考えさせられる結果になりましたね。
でも、miyazyyさまがしっかりとその事に向き合って、お嬢さんもしっかりとその事を受け止めて、また一つ大きな成長となったと思います。
とても素敵なお嬢さん、そしてmiyazyyもとても素敵です。
カミさんdot 2015.05.26 14:20 | 編集
勝敗については色々考えちゃいましたが、最後はど真ん中のストレートで感動させて頂きました。素敵な話ありがとうございます(^o^)
トカ太dot 2015.05.26 21:47 | 編集
カミさん
おはようございます。
そして、ありがとうございます。

チャレンジすることで、いろんな経験ができる。
改めて親子とも実感した出来事でした。

結果はどうあれ、経験に無駄なことはないんですよね。

私は今、子育ての第2ステージに入ったのだと思うことがあります。
親が全てを与える第1ステージから、与え、与えられる第2ステージへ。
私も様々な経験をさせてもらっています。(*^_^*)
miyazyydot 2015.05.27 09:22 | 編集
トカ太 さん
そうですね、勝ち負け・・。
サッカーのように明確な点数がある訳ではないので、いろんな見方ができます。
このことも、彼女は学んだと思います。

感動をくれる子供たち、我が子だけでなく、全ての子供たちに感謝です。(#^.^#)
miyazyydot 2015.05.27 09:24 | 編集
素敵な話をありがとうございます!
残念な結果に終わってしまったけど
娘さんは優勝旗以上に大事なものを得られたと思いますよ






honey*carameldot 2015.05.27 09:53 | 編集
honey*caramel さん
子供たちには感動させられることが多いです。

母としては子供たちに勝たせてあげたかったです。
でも、負けたからこそ学べたことがあったのかなと思っています。

ありがとうございました。
miyazyydot 2015.05.27 10:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top