2015
08.07

生きる力

Category: 子供
この時期、我が家の周りでセミの抜け殻をちょいちょい発見します。

ある日の朝、こんなところで見つけました。

201508セミ抜け殻

土がない低いブロック塀に抜け殻が。

いったいどこから歩いてきたのでしょうね。

生命ってすごい。


息子、本日長い合宿から帰宅します。

今週、どうやら泣いてしまったようです。

サッカーではいじられキャラ的な息子。

なかなか辛辣な言葉も投げられます。

いつもはニコニコかわしているのですが、腹に据えかねた内容だったのだと母の想像です。

みんなは好きで可愛いからと言います。

だけど、ラインを越えてしまってはダメですね。

しかも、そのラインを教えない息子も悪い。

ここまで言われたら嫌なんだって、はっきり言うべきです。

家でも、それを言わない頑固者。

いつも窘められています。

通常夜練習に会った時はもう普通でしたが、やっぱりそんな話を聞いてしまうと心配。

これから、チーム一丸で戦わなければいけない試合が続くのに、ダメでしょ。

帰ってきたら、いろんな話を聞いてあげたい。

セミさんのように、強く強く日々送っていってほしいと願う母です。

関連記事

トラックバックURL
http://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/550-da7d4309
トラックバック
コメント
こんにちは!

そうそう、うちの庭にもセミの殻があちこちに
落ちていて、いくら殻とはいえ私、怖くて処理するのは
無理なので旦那にやってもらっています。

息子さん、お疲れさま!
サッカースクールから帰ってきたのですね。
暑かったのに大変でしたね。
そっかー、むすこさん、サッカーチームでは
いじられキャラなんですね。
度が過ぎるいじられは、ちゃんと本人がお友達に言うべきです!
今、結構そういう子の事件多いですから。
miyazyyさん、息子さんの様子をちゃんと
見ていてあげて下さいね。
海斗ママdot 2015.08.07 11:57 | 編集
こんにちは

子供って辛辣ですからね。
今は大人がびしっと言わないのが良いとする風潮のせいか、行動にラインを引く事の出来ない子供は多いです。
でも、miyazyyさまがしっかりと判っていてくれている。
息子さんにとって、それは大きな力だと思いますよ。
ラインを引く事の大切さを、本来なら小1位から教えていきたいと思いますが、なかなか難しい問題ですね。
カミさんdot 2015.08.07 14:44 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.08.08 23:12 | 編集
海斗ママ さん
おはようございます。

セミの抜け殻、放置です。
ついでに、天寿をまっとうしたセミも庭のあちこちで見ますが、放置です。(^_^;)

夏休みに入ってから、なかなか息子とゆっくり話す機会がなかったのですが、ようやくいろんな話を聞くことができました。
結論は、私が考えているほど彼は弱くなく、私が考えている以上にしっかりした友情を育んでいるということでした。

ありがとうございます。
親が口を出さずとも、みんなで解決していることは沢山あるらしいことも知りました。
こうして、大人になっていくのですね。
miyazyydot 2015.08.10 09:43 | 編集
カミさん
おはようございます。

私が会話を聞いていて、ここ怒るとこ!!と思う言葉も、息子にとってはまだまだ許容範囲のようです。
「それはどうでもいいんだよ」と言います。

彼が泣いてしまった時に、そばにいてあげたいと思う親心。
だけど、彼らは彼らで気持ちを繋ぎながら、解決しているようでした。

これから先、いろんな人間と出会う人生。
経験は必要です。
強くしなやかに育って欲しいと思います。
miyazyydot 2015.08.10 09:46 | 編集
鍵コメ さん
親は子供のお手本にならなきゃとよく言います。
確かにその気持ちもあります。
でもそれと共に、先を歩くよりも、一緒に歩いていきたい気持ちが大きいです。

親も人間、万能ではありません。
万能でないから、いくつになっても悩んで、学んでいくのだろうなって。
それはきっと、子供でも大人になっても同じことです。

いろんな事を一緒に考えて、感じていきたいと思っています。
miyazyydot 2015.08.10 09:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top