2015
09.07

脱力感と安堵感と切なさと

Category: 子供
脱力感と、安堵感と、切なさが入り混じった月曜日。



週末はあいも変わらず、子供達2人とも試合。

サッカー息子は山へ遠征。

1学年上の子供達との混合チームでの参加です。(息子は小4)

遠征先の大会ではそのまた1つ上の学年、6年生と戦います。

この混合チーム、直前で4年生からの選抜メンバーが発表になりました。

まさか、息子が選ばれるとは思いませんでしたが、メンバーの中に入っていました。

昨年、同じ場所で行われた(低学年)大会では3位。

201509津南1

今までの遠征は、私が帯同保護者役だったので、全く世話はしませんでしたが、そばにいる安心感がありました。

今回は上の学年の保護者しか泊まれません。

知らない大人の中で、彼は1泊できるかな。(しかも4年生4人しかいないし)

試合に関しても、息子役立てるのか心配。



2つも年上の身体の大きな相手に、果敢に立ち向かった息子達。

選抜メンバー全員が得点しました。

だけど、決勝トーナメントには進めず・・。

最終結果12チーム中6位。

何だかしっくりこない結果に終わりました。

それでも、4年生メンバー子犬のように走り、子犬のようにゴロゴロ転んでた。

頑張りました。



息子がそんな2日間を送っていた日曜日、娘はバドミントン北信越大会の予選に出場しました。

初戦の相手は、ノーマーク。

だけど、試合が始まってみると、続けざまに得点を取られてしまいます。

娘たちの武器であるスマッシュが全然入らない。

追い上げても離されて、1セット目は取られてしまいました。

2セット目、こちらが取り返し、フルセットまで持ち込みます。

3セット目、1セット目同様、続けざまに得点を許してしまいます。

「離されるな」

バドミントンを始めた頃、試合中に悔しくて泣いてしまう娘。

そんな娘に

「試合中に泣いたら、そこで負け。泣くなら、試合が終わってから泣きなさい」

そう言ってきた私。

だけど、娘は涙を流していました。

バドミントンの試合なのに、バレーボールのよう。

飛び込んで転んでも、絶対シャトルを上げる。

コーチに言われても言われてもできなかった、気迫。

この日は感じられたよ。

攻めの気持ちを忘れなかった。

だけど、負けちゃいました。

4位まで次の大会に勧めます。

シングルなら、4位にまでに入った選手に勝った実績がありました。

もしかしたら、ダブルスペアの2人とも、シングルなら次へ進めたかもしれません。

1人でやるか2人でやるか、決めたのは本人たち。

自分で選んだものは、人のせいにはできない。

自分の選択に責任を持つことを学んだでしょう。



娘、もしこの大会に勝っていたら、次の大会日は今年もまたマラソン大会の日と同日

バドミントンに勝って次の大会に出たい。

でも、小学校最後のマラソン大会にも出たい。

親子とも複雑な気持ちでした。

この結果で、1つの希望は叶ったわけですが、なんだか後味が悪いです。

娘も息子も大きな山を一つ越えた安堵感。

娘に関しては、ここまで頑張ってきたことが1つ終わった脱力感。

そして、娘も息子もあのプレーを見ていたら、勝たせてやりたかった切なさ。

そんな思いの月曜日です。

201509津南1



関連記事

トラックバックURL
http://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/568-64b2ed07
トラックバック
コメント
こんにちは

ウ~ン、切ないです。
最後の写真の青空が、無性に目に沁みますね。
でも、こういう思いをして強くなっていくんですよ。
技も心も…
今はただ、頑張った事にエールを送りたいです。
カミさんdot 2015.09.07 13:36 | 編集
・・・・涙ぽろりです

夏の終わりの空も・・・

せつないです
マルチ君の母dot 2015.09.07 22:53 | 編集
カミさん
おはようございます。

娘は単発の大会は続きますが、全国へとつづく道は終わりました。
ただ、今月末の大会で必ずリベンジすると言っていました。

子供は切り替えが早いです。

息子たちも、サッカーは一人ではできないことを感じたと思います。
今までいい結果が残せたのは、同学年の仲間たちがいたから。
それを大事に思ってほしいです。

本人たちは120%の力で頑張りました。
褒めてあげたいですね。
miyazyydot 2015.09.08 09:21 | 編集
マルチ君の母 さん
試合が終わった後は、私ポカンだったんです。

今思い返すと、涙が出そうになります。
娘は試合前「試合を楽しみたい」と言っていました。
彼女は楽しめたんだろうか?

切なさが募りますが、切り替えの早い子供たちを見習って、私も前へ前へです。
miyazyydot 2015.09.08 09:24 | 編集
初めまして。
初めてコメントします。
私の子もバドっ子です。

記事を読ませていただいて、勝手に「この子だなー」と思っていました。
北信越予選、お疲れ様でした。
娘ちゃんの試合のお相手は、4年生のときにも北信越でていますし、シングルも強い子ですよー。
大きい大会は終わっちゃったけど、中学行っても、子供の応援がんばりましょうね!
失礼しました。
バド子の母dot 2015.09.11 10:55 | 編集
バド子の母 さん
コメントありがとうございます。

ふふっ、そうでしたか。

娘はどちらかと言うと運動音痴なんです。(^_^;)
だから初めたころは、体力作り程度にと思っていました。
でも、本人が一生懸命になればなるほど、私自身も「頑張って」と言う気持ちが強くなりました。

実は私的には、中学は別の事をとも思っています。
ただ、本人が譲りません。(^^ゞ

きっと中学へ行っても続けるんでしょうね。

他愛もないことを書いているブログですが、また遊びに来てください。(^v^)
miyazyydot 2015.09.11 11:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top