2016
09.28

子供の気持ち

Category: バドミントン
昨日、娘の新人戦の応援へ行ってきました。

危なげなく勝ち進み、優勝することができました。

201609新人戦

新人戦は今まで経験のなかった子供達も待ちに待った大会。

娘たちは優勝できましたが、気持ちとしては複雑です

始めたばかりの子と、ジュニアからやって来た子との差は歴然です。

21点先取のバドミントンですが、敗者は2・3点しか取れない対戦だってありました。

ジュニアからやって来た子たちは勝って当たり前。

準決勝、決勝はもちろんその子たちで争われました。



ジュニアからの子供たちは、夜練習に選ばれたり、他の練習へのお声もかかります。

対して始めたばかりの子供たちは部活のみ。

しかも経験のない先生についての練習です。

差がどんどん開くのは当然です。

私が言うのもなんですが、なんだかな~。



今回の大会は、小さい頃から知っている子供たちがたくさん出場しました。

どの子も一生懸命。

勝たせてあげたいと思いました。

だからと言って、私の力ではどうしてみようもありませんが。



娘たちの試合はと言えば、ダブルスは経験者が多いです。

そうでないと動きができないから。

それにしても、相手に合わせすぎな試合。

母の喝が入ったのは言うまでもありません。

子供ですから、いつも同じモチベーションは無理。

それでももう少し安定したモチベーションを保ってくれたらいいのになと感じました。



中学の部活に対しての考え方は、各家庭各々違います。

だけどもし、強くなりたいと願う子がいたとしたら、その子の気持ちを汲んであげてもいいのにな。

チャンスを与えてあげたらいいのにな。

私にはなんの力もありませんが、嬉しい反面モヤモヤが残る大会でした。


関連記事

トラックバックURL
http://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/796-260434b4
トラックバック
コメント
こんにちは、miyazyyさん
今は、差があっても、しょうがないと思いますよ
中学生ですから高校、大学と続けると変わるかも
そこまで、続けるかどうかも人それぞれですね

強くなりたいと思う子は、練習するでしょう
強いお手本があるのですから、それで良いと
思いますよ
ヨッシィーdot 2016.09.28 12:29 | 編集
こんにちは

スポーツは、早くに始めた方が圧倒的に有利ですからね。
そのハンディを乗り越えるのは、相当な努力が必要かもしれません。
楽しむスポーツをしようとするなら良いですが、強くなりたい子は歯がゆいでしょうね。
どうしようもない事ですが…
部活動という形では対応できない、現代のスポーツ事情がありますね。
カミさんdot 2016.09.28 14:01 | 編集
ヨッシィー さん
おはようございます。

そうなんです。
人それぞれ。

娘の友人初心者男子たちは、空いている体育館を見つけては練習へ行っているそうです。
娘も誘われますが、他練習があって行けないみたい。
行けるタイミングなら、みんなの相手をしてあげなさいと伝えました。

そんなことぐらいしかできませんね。
miyazyydot 2016.09.29 09:35 | 編集
カミさん
おはようございます。

負けた子たちは悔しかったようで、自主トレしていたようです。
娘たちは休みたくても、部活以外の練習が毎日のように入っているのに。
贅沢ですが、上手くいかないなと感じます。

その上、部活を週1回程度お休みにすると言われたそうです。
我が家は大歓迎ですが、部活のみの子は可哀想ですね。(T_T)
miyazyydot 2016.09.29 09:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top