2013
09.05

身近な工夫

Category: カトラリー
菜箸長さ比較

 
 常々、思うことがあります。

 日本の"モノ"づくりってすごいなって。

           一見どこにでもあるようなこの菜箸も拡大して見ると

    菜箸側面1 菜箸側面2
持ち手はおにぎり型に、食材をつかむ先端は四角になっています。

持ち手をおにぎり型にすることにより、持ちやすく、先端を四角にすることにより食材をつかみやすくなっています。

また、素材は孟宗竹なので竹の弾力性があり、とても軽いです。

たかが菜箸、されど菜箸です。

身近なモノにも数々の工夫が施されています。

生活の中の"工夫"を見つけてみるのもおもしろいかもしれませんね。

菜箸持つ
  

  この画像の手は私です。

  ゴツゴツしてますね。

  お恥ずかしい。

              SUNAO菜箸の詳しい内容はこちらから
                      ↓
               http://www.sunao-tsubame.com


関連記事

トラックバックURL
http://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/97-f1cff903
トラックバック
コメント
これは凄いですね~
手作りなのかな!?
このお箸でつまんでみたい(^O^)
手にしっくりくるお箸がいいですよね。
はちみつdot 2013.09.05 13:37 | 編集
はちみつさん
機械を使ってます・・。^_^;
職人が一つ一つ削る、みたいのはないんです。
使い心地は良いですよ。(^v^)
miyazyydot 2013.09.05 13:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top