2017
08.09

涙が教えてくれたこと

Category: 一言
息子は長期の休みなると、遠方の友人宅にお泊りしていました。

日中のサッカースクールに通うためです。

この夏休みも、いつものようにお泊りさせていただいていました。

でも、最後まで予定を消化することはできませんでした。



当初は夏休み中3週間滞在の予定でした。

1週間が終わった頃、クラブの練習で会った息子は元気がありませんでした。

なんだか気になって。

私はいつもなら1日くらい休みを取って、日中のスクールのの様子を見に行っていました。

だけど、今回は娘の大会などで休みを取ってしまっていたため、息子の方は見に行かない事にしていました。



私:「○○(息子)もう寝たかなぁ
   今日も楽しくサッカーできたかなぁ」

主人と2人、夜お酒を飲みながら、ふとつぶやきました。

主人:「そんなに心配なら、休んで見に行って来たら?」

私:「・・・そうしようかな」



翌日、その日は1日自宅へ帰宅する日になっていました。

あるクラブの体験会に参加して、その場所まで迎えに行きました。

体験会が終了して、いつもなら4・5人でまとまって帰って来るところ、私達親の所に来たのは、息子1人。

すると、まったく別の場所から残りの子供たちは出てきました。

車に乗ってから

私:「なんでみんなと別々だったの?」

息子:「はぐれたんだよ」

私:「はぐれたんじゃなくて、置いていかれたんじゃないの?」

息子:「・・・・」

私:「元気ないからずっと心配してたの
   なんかあったなら言って
   うまくいかない事があったんじゃないの?」

彼はこういう話になると、いつも黙り込んでしまいます。

私:「嫌なことがあったの?
   例えば、ボール投げられたり
   物隠されたり、(TVゲームの)チームに入れてもらえなかったり」

これは、普段クラブで目にすることです。

いつも、息子は笑顔で流しています。

すると、息子はタオルを目に当てて、静かに泣き出しました。

あーやっぱり。

5年生の頃から、泊まりに行くと元気が無い事がありました。

薄々は気付いていたけど。



私:「何かあったの?
   どんなことか言ってみて」

息子:「たくさんあり過ぎて分からない
    ママが言ったこと全部
    他にもたくさん」

少なからず、ショックでした。

もともと、息子はいじられキャラじゃないけど、友人が変われば、それも変わるのは私自身もそうなので、そんなものかと思っていました。

細かいことで、嫌なんだろうなと思うことは目にしていても、笑って「気にしてないよ」と言う彼は、とても大人に見えました。

だけど、そうだよね、限られた時間の中でされることと、24時間そんな状態では違うよね。

彼には逃げる場所がなかったんだ。

ただでさえ、体も疲れて、よそのお宅に泊まる緊張もあって、その上「嫌だな」が積み重なっていけば、元気がないのも分かります。



私:「来週は行くのやめようか?」

すると、それまで静かに泣いていた息子が、急にしゃくりあげて

息子:「そしたら、サッカーできないじゃん!!」

そう言いました。

行くのは辛いけど、行かなきゃサッカーできない。

だからずっと我慢していたんだよね。

分かってたよ。


長くなりましたので、明日につづきます。

関連記事

トラックバックURL
http://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/988-bbb2b670
トラックバック
コメント
こんにちは

読んでいて、知らず奥歯をキリキリさせていました。
息子さん辛かったでしょう。
我慢していたんですね。
思わずもらい泣き状態です。
カミさんdot 2017.08.09 12:57 | 編集
こんにちは、miyazyyさん
息子さんは、嫌な事があってもサッカーしたいのでしょうね
でも、あまり嫌な事が続くと心が病んで来ますからね

早い段階で、miyazyyさんが気づかれて良かったですね
しっかりと話し合って今後のことは決めたら良いですね
ヨッシィーdot 2017.08.09 15:15 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.10 07:53 | 編集
カミさん
おはようございます。

辛いのとサッカーをやりたい気持ち。
何となくわかっていたので、放置していた私も反省でした。
どうしてもダメと思ったら、自分から言うだろうって。

小さな頃に守ってあげるって約束したのに。
守りきれなかったです。
でも、成長って見守ることも大事なんですよね。
難しいです。
miyazyydot 2017.08.10 09:48 | 編集
ヨッシィー さん
おはようございます。

そうですね。
心が悲鳴をあげる前に、何とかしてあげたかったです。

今はもう以前より元気です。
長期の滞在が彼の負担になっていたのかもしれません。
家族のもとにいれば、なんてことないのかもしれません。
1人を実感すると、頑張るパワーもなくなる。
現在パワーを注入中です。
miyazyydot 2017.08.10 09:51 | 編集
鍵コメ さん
上手くいかない事もあります。
息子がシュートを外すとかなりのバッシングがあるんです。
同じ状況で自分が外しても、みんな何も言わないどころか、励ましに行くのにね(息子が)。
根っからのお人よしです。

それでも、負けずに頑張っていますよ。
最後は勝ちに貢献してきました。

スポーツをやる選手は気の強い子が多いです。
それでも紳士的な子、攻撃的な子様々。
私が見てきた感じでは、攻撃的な子はいずれ脱落していくことが多いようです。
気付いてからでは遅いんでしょうね。
miyazyydot 2017.08.10 09:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top