2017
08.09

君を守れなくてごめんね

Category: 一言
~涙が教えてくれたこと~ の続きです。



以前、何人かいつものメンバーの他にもお泊りに参加していた子供がいました。

だけど、その子たちは2度目には誘っても来なかったんです。

それがどういうことか、断りの理由以外のことがあることを、知っていました。



私:「そんな気持ちになって
   嫌なことを我慢して、サッカーしたってしょうがないよ
   少し休みなさい」

息子:「・・・」

私:「今週の残り2日間はどうする?
   行くのやめようか?」

息子;「今週は絶対行く」



私は、この時の話を預かってくれた親御さんに話しました。

その親御さんはとても良い方で、話せば分かってくれると思ってのことでした。

案の定、良いように話を進めてくれて、自分の力不足だったとまで言ってくださいました。

そして、他の子には言わないけど、自分の子供にはこの話をしたと言っていました。

相手がどんな気持ちでいるのか、お前は最低のことをしたんだよって話したと言っていました。

預かってくれたお宅のお子さんと息子は2人で話をしたらしいです。

これがあったからか、その後の2日間は楽しかったようで、再び帰宅した息子はテンション高めでした。

そして

息子:「来週も行くから」

そう言いました。

私は「はっ?!」と思いましたが、翌日もう一度聞くから、もう少し考えてと言っておきました。



翌日

私:「どうする?来週行く?
   週末には遠征もあるし、別のスクールに1日2日行ってもいいし
   家にいてもサッカーできるよ」

息子:「来週は泊まりに行くのやめとく」

私:「昨日は行くって言ってたけど、何で変わったの?
   あなたの気持ちがどんな風に変わったか聞きたいの
   しっかり話してくれる?」

息子:「不安になったんだ」

一晩寝て、昨日は楽しかったけど、今までのことを考えたら、また同じになるんじゃないかって気持ちになったのだと。



可哀想なことをしたなと、私自身反省しています。

薄々分かってはいても、サッカーをやりたい気持ちがあるんだろうなって深くは聞かなかった。

サッカーをやってほしいって思っていました。

それに、その状況を自分でなんとか打開してほしい気持ちもありました。

これから、こんなことがあるかもしれないし。

だけど、まだまだ手を差し伸べる年齢だったのかな。

君を守りきれなくてごめんね。

辛い思いをさせてたこと、ごめん。



今回の事は、それぞれの子供の性格もあるのだと思います。

1人強い子がいたとして、集団になるとどうしても面白がってその子に従う。

これは大人の世界でもあります。

そして、常に一番弱そうな人間をターゲットにからかう。

いじめってこんな風に始まるんでしょうね。

相変わらずみんなと仲は良いし、別にそれぞれが息子を嫌いでやっている訳ではないと分かるので、このことはいじめとは思いませんが。

それに、息子が行かないと言った時のみんなの驚きから、そうじゃないこと分かります。

息子自身もそれは分かっていると思います。



息子にとって、心の傷になってしまったことは間違いないと思います。

息子には絶対人にこんな事はしないように言いました。

された相手は辛いんだってこと分かるよね。

相手の気持ちに寄り添える人間になってほしいと話しました。



私の子供時代もいじめはたくさんあったけど、それをクリアして今があると思います。

なので、息子にも強い人になってほしいなと思います。

関連記事

トラックバックURL
http://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/989-70d3e5ec
トラックバック
コメント
こんにちは

『明日もう一度聞くから』
この一言って、なかなか言えないと思います。
miyazyyさまは、素晴らしいお母さんですよ。
しっかり息子さんの気持ちも尊重して、そっと成長を助けることが出来て。
これからも色々な事があると思います。
でも、miyazyyさまはちゃんとそれに対応してあげることができますよ。
息子さんも、そういうmiyazyyさまの事を信頼しているのでしょう。

いじめは昔もありましたが、今のいじめはちょっと変わってきていますよね。
面白いから、自分が優位でいたいからという気持ちで、安易にいじめに加担する子供たちが増えているように思えます。
カミさんdot 2017.08.10 13:17 | 編集
こんにちは、miyazyyさん
miyazyyさんが、預かってくれた親御さんに話したことは
大変良かったと思いますよ

いじめはあったけど、それをクリアできたと思います
解決方法は、いろいろありますから
今回の方法も問題を防げたと思いますよ

心の傷になったかもしれませんが、大きくなれば、
その事で、人に優しくなると思いますよ
ヨッシィーdot 2017.08.10 14:32 | 編集
miyazyyさん☆

息子さんにそんなことがあったのですね。
なんだか心が痛いです。
いじめって昔からあるけれど、
今の時代のいじめは少し目に見えないところでっていうのが
多い気がします。

きっとこの経験が、息子さんがまた強く大きく成長できるきっかけになると思います(#^^#)
Lilo&Stitch!dot 2017.08.10 19:14 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.08.13 10:11 | 編集
カミさん
おはようございます。

子供の気持ちはどんどん変わっていくものです。
それに、大人が強く言えば、自分の意見を変えてしまう子も多い。
息子にはそうなってほしくないんです。
「誰かが言ったからこうする」ではなく、自分で判断して決めてほしいなと思います。

もう少し小さかった頃のように、いつもおどけた息子ではなくなりつつあります。
いろんな事を自分で考える年頃。
また、人の意見に反発したい年頃にもなってきたのだなと思います。
だけどそんな中でも「気付いてあげられる大人」でありたいと思います。

面白がって加担するのも問題。
でも、見て見ぬ振りするのも問題。
親としても、今の子供の世界は悩むところです。
miyazyydot 2017.08.18 09:44 | 編集
ヨッシィー さん
1週間行かない理由が思いつかなくて。
料金も支払済みだったので、なおさらでした。
それに、嘘をつくことが息子だけでなく、みんなのためにならない気がしたんです。

これから一緒に戦っていく仲間なので、大きなわだかまりは避けたかったのもあります。
息子も彼らも主力メンバー。
1人欠けても、これからの試合は厳しいものになりますから。

心を傷つけられたら、その分人に優しくなれる。
マイナスもプラスにかえられる大人になってほしいです。
miyazyydot 2017.08.18 09:48 | 編集
Lilo&Stitch!さん
おはようございます。

子供の性格もあるかもしれませんが、女の子よりも男の子の方が分かりにくい気がします。
だんだん細かい事を話してくれなくなるんですね。
態度や顔を見て、こちらが気付く必要があるのでしょうね。

彼が優しい男の子になってくれるように。
そんな経験になったかな。
miyazyydot 2017.08.18 09:51 | 編集
鍵コメ さん
急激に気持ちが大人になってきている気がします。
だから、いつもと違う変化にも気づきにくくなってきています。
それでも、親ですから「気付かなかった」ではいけませんよね。

私が気付いたことで、「行かない勇気」が出せたのかもしれません。
miyazyydot 2017.08.18 09:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top