2017
08.09

涙が教えてくれたこと

Category: 一言
息子は長期の休みなると、遠方の友人宅にお泊りしていました。

日中のサッカースクールに通うためです。

この夏休みも、いつものようにお泊りさせていただいていました。

でも、最後まで予定を消化することはできませんでした。



当初は夏休み中3週間滞在の予定でした。

1週間が終わった頃、クラブの練習で会った息子は元気がありませんでした。

なんだか気になって。

私はいつもなら1日くらい休みを取って、日中のスクールのの様子を見に行っていました。

だけど、今回は娘の大会などで休みを取ってしまっていたため、息子の方は見に行かない事にしていました。



私:「○○(息子)もう寝たかなぁ
   今日も楽しくサッカーできたかなぁ」

主人と2人、夜お酒を飲みながら、ふとつぶやきました。

主人:「そんなに心配なら、休んで見に行って来たら?」

私:「・・・そうしようかな」



翌日、その日は1日自宅へ帰宅する日になっていました。

あるクラブの体験会に参加して、その場所まで迎えに行きました。

体験会が終了して、いつもなら4・5人でまとまって帰って来るところ、私達親の所に来たのは、息子1人。

すると、まったく別の場所から残りの子供たちは出てきました。

車に乗ってから

私:「なんでみんなと別々だったの?」

息子:「はぐれたんだよ」

私:「はぐれたんじゃなくて、置いていかれたんじゃないの?」

息子:「・・・・」

私:「元気ないからずっと心配してたの
   なんかあったなら言って
   うまくいかない事があったんじゃないの?」

彼はこういう話になると、いつも黙り込んでしまいます。

私:「嫌なことがあったの?
   例えば、ボール投げられたり
   物隠されたり、(TVゲームの)チームに入れてもらえなかったり」

これは、普段クラブで目にすることです。

いつも、息子は笑顔で流しています。

すると、息子はタオルを目に当てて、静かに泣き出しました。

あーやっぱり。

5年生の頃から、泊まりに行くと元気が無い事がありました。

薄々は気付いていたけど。



私:「何かあったの?
   どんなことか言ってみて」

息子:「たくさんあり過ぎて分からない
    ママが言ったこと全部
    他にもたくさん」

少なからず、ショックでした。

もともと、息子はいじられキャラじゃないけど、友人が変われば、それも変わるのは私自身もそうなので、そんなものかと思っていました。

細かいことで、嫌なんだろうなと思うことは目にしていても、笑って「気にしてないよ」と言う彼は、とても大人に見えました。

だけど、そうだよね、限られた時間の中でされることと、24時間そんな状態では違うよね。

彼には逃げる場所がなかったんだ。

ただでさえ、体も疲れて、よそのお宅に泊まる緊張もあって、その上「嫌だな」が積み重なっていけば、元気がないのも分かります。



私:「来週は行くのやめようか?」

すると、それまで静かに泣いていた息子が、急にしゃくりあげて

息子:「そしたら、サッカーできないじゃん!!」

そう言いました。

行くのは辛いけど、行かなきゃサッカーできない。

だからずっと我慢していたんだよね。

分かってたよ。


長くなりましたので、明日につづきます。


Comment:6  Trackback:0
2017
08.08

お世話になりました

Category: バドミントン
娘のバドミントン北信越大会へ応援に行ってきました。

会場は1998年の長野オリンピックで使用されたホワイトリング。

201708北信越1

UFOみたいな形。

入り口には

201708北信越3

中に入っても

201708北信越2

ここでオリンピック競技が行われたのね、としみじみ思う。



中体連の全国のブロック大会。

ここまで来ると国旗掲揚があったり、国歌斉唱があったりと本格的。

大舞台へ来たことを実感します。



娘たち団体は、結果から言うと1回戦で負けてしまいました。

201708北信越4

私としては、予想していた結果。

県内大会でも「そこまで緊張する?!」な感じのペアちゃん。

この大舞台で、平常心でできるとは思えない。

ペアの先輩はかなりのテンパり具合で、ミスの連発でした。

それをカバーしようといつもと違う動きをする娘。

試合中にあんなに2人がぶつかるのを初めて見ました。

第1ダブルスがコーチ陣の予想に反して落とし。

シングルが予想通りに落とし(他県1位の相手でした)、最後の第2ダブルスまで試合をさせてあげられなかった。

3年生の先輩たちは最後の大会。

しかもここまでの来て、試合が出来なかった。

それが何とも心残りです。

チームとして勝てなくても、みんなが試合ができるように娘たちには踏んばってほしかったのですが。

だけど、どの子もどの子もいい経験をしたと思います。

娘は来年もここまで来れるかは神のみぞ知るだけど、新たな目標が出来たのでないかと思います。



大会の雰囲気を味わいつつ、ちょっぴり観光も。

長野と言えばお蕎麦。

地元の方に聞いたお蕎麦屋さんへ応援団保護者で行きました。

201708北信越5

天ぷらは3点盛、5点盛、7点盛まで選べましたが、私は3点。

7点盛は豪華でしたよ。(画像撮り忘れましたが)

コシのあるお蕎麦で美味しかったです。



長野だと新潟から高速で2時間か2時間半の距離。

普段片道5時間くらいの遠征はざらなので、すごく近く感じました。

帰りの高速からはとっても海がキレイに見えましたよ。

201708北信越6

子供達は長野でもう1泊すること、私たちの帰りが早かったことがあり、帰宅後、保護者でお疲れ会をしました。

今まで、私は息子のサッカーに同行することが多く、バドミントンの方はほぼ主人任せでした。

それをちょっぴり後悔。

おもしろい保護者の方がたくさんいて、話も盛り上がりました。

負けてしまったけれど、久しぶりに美味しいお酒が飲めました。



3年生の先輩、保護者の方々、2年間ありがとうございました。


Comment:8  Trackback:0
2017
08.04

見上げた空に

Category: 季節
バレーの練習中、体育館から花火が見えました。

201708花火2

今年もどこの花火大会へも行く予定はないけれど。



そうそう、8月2日・3日は新潟県長岡市の花火大会でした。

昨日3日は長野県へ行ったので、帰りにちょっと見れるかな?と期待していました。
(長野から我が家まで帰るのに長岡市近郊を通るので)

が、帰宅時間が思ったよりも早くて、全く見ること叶わず。

高速のSAには、花火大会へ行く県外からの観光バスがたくさん止まっていました。

数年後には長岡花火をまた見に行けたらいいなぁ。



それまでは、偶然見上げた空に見える小さな花火で我慢しましょう。

201708花火1

スターマインはスマホで撮影できず・・ かろうじて撮れた花火は不鮮明(泣)





Comment:8  Trackback:0
back-to-top