FC2ブログ
2019
04.12

高校生泣く

Category: 子供
娘が研修旅行から帰宅しました。

迎えに行くと言ってあったのに、友人宅の車に乗り込んでしまった娘。

せっかく迎えに行ったのに、学校で待ちぼうけ食らわせれました。


送る時に友人を乗せて行ったので、帰りは友人宅が迎えに行きますと言われましたが、いろいろ思うところがあり、丁寧にお断りしたのに。

あの断わり方では、友人の親御さんも娘ももう一緒に帰る気になっていたらしい。

LINEで連絡していましたが、それすら見てなかったJK。


私:「ママね、忙しいでしょ?
   車の中なら、あなたの話聞けるでしょ
   旅行がどんなだったか知りたかったんだよ
   それに、基本的に自分の子供は自分で送り迎えしようと思ってるの」

帰宅直後の顔で、研修がどんな風だったか、だいたい想像つきますからね。

娘:「・・・」

私:「○○(弟)がサッカーで友達の車に乗ることあるよね?
   だから、自分(娘)も良いと思っているんじゃない?
   でもね、送迎してもらったら、きちんとお礼言ってお菓子とか渡してるんだよ」

私がなぜ友人宅に甘えないかをしばらく話していたら、JK泣き始める。

私:「こんな事で泣くなよぉ」

娘:「研修もきつかったのに、追い打ちかけられた」

そうなの?

勉強は楽だったようですが、なんせ知らない人の中に入れられて、緊張状態だったみたい。

娘の進学した高校は進学校、最初のオリエンテーションへ行った印象は、『変人ばかりいた』でした。

バドミントンなどで、知らない生徒と寝食共にした事も何度かあるし、どちらかと言うと友人作りが得意な娘。

でもどうやら今までとは人の色が違うようです。

娘:「バスでさ、仲良くなった子と2人で乗ろうと思ったら、場所がなくて
   その子行きが補助席だったから、帰りは私が補助席の方がいいと思って
   補助席に行ったら、隣の男子が『一人だと思ったのに』って言うんだよ
   ずっとブツブツ独り言言ってさ、うるさかった」

人のことを考えられない変人だな。



娘は高校入学前から、友達ができるかしきりに心配していました。

240人以上いれば、1人くらいは気の合う子がいるよ。

巡り会えるかは分からんけど。



不安もあるんでしょうけど、それはお互い様なんじゃないかな。

まだみんな自分を出せないでいるかもよ。

賢くて面白い子はいるけど、大半は賢いと大人しかったりするもんだ。

大人になっても、頭はいいけど性格に難ありの人間はたくさんいますよ。

実はわりとそういう人間が集まってる学校かな?とは思ってたんだよ。(言わないけどね)

その中でも友達ができたら、きっと一生の友達になるよ。



娘中学の新高校1年生たちは聞くところによると、みんな前途多難な様子。

娘の友人は「高校ってもっと楽しいとこかと思ってた」と言っていました。

そうだね、今はそう思うかもね。



マイナススタートな高校生活。

その方がプラスのポイントが増えていくから。

やるべきことをしっかり熟して、自分をしっかりと持ってね。

アドバイスや応援はできるからね。


Comment:2  Trackback:0
2019
03.29

閉鎖された世界

Category: 子供
娘の入試直後の話。

娘と2人、何の話からか、友人からもらったLINEの話になりました。



以前、娘がトラブルに巻き込まれた原因となった子とのLINE。

その他にもお金関係でこちら(役員(私))が困った話になった事があるご家庭のお子さん。

まぁ詳しくはあれですが、私としては「放っておこうよ」と躍起になる皆様に話していた事柄がありました。

こういうと、たいそう問題のあるご家庭かと思われるかもしれませんが、たぶん至って普通です。

ただ印象としては万事ルーズなのかな?とお子さんが小学生の頃から感じていました。



娘:「○○(親友)のLINE教えてって言われたんだよね
   だけど、勝手に教えられないからさ
   そしたら、結構な暴言」

私:「そのLINE見せて」

娘に関しては、LINEは自由にやらせています。

見られるのを嫌がるからね。
(息子は全然気にしていませんので、たまにチェックしてますけど)



相手からの『教えて』の後、一言ではぐらかそうとしたらしい娘。

娘もこの時点で、いま教えられない理由を言えば良かったのに、アホだな。

で、翌日送られてきた言葉

『おまえはよ』

から始まって、数語でしかないですが、昔のヤンキー?のような言葉がポツポツ。

今の子もこういう言葉使うんだね。

と妙なところで感心しつつ、

私:「で、結局教えたの?」

娘:「本人(親友)に聞いたら、面倒だから良いよ教えてって言われた」

私:「あの(昔の)トラブルがあった時、LINE消せば良かったじゃん」

娘:「ん~」

私:「その画面スクショでママに送って
   何かトラブルになった時に証拠として取っておくから
   で、嫌ならその会話削除しちゃいな」

この後、娘が削除したかどうかは不明です。

もし表面上は良い子を装って悪さすることがあれば、こういう会話の保存は大事なのかな。

というのは、まさかのその子も第一志望高校が娘と一緒。

人生って上手くいかないものね。
(結局、彼女は残念な結果だったみたいですが)



中高生になると、親に子供同士の会話なんて聞いてほしくないでしょうね。

それは分かりますが、子供同士では(当たり前ですが)いろんな会話があるみたい。

私が感心したのは、彼女がそんな暴言にも強く立ち向かえるようになった事。

保育園のの頃は「まんじゅうちゃん」て言われた、って泣いてたのにね。

自分で処理する力が育ってきているかな?

だけど、娘にも言いましたが、こういう内容のものは私に知らせるようにって。

伊達に長く生きている訳ではないですから、対応方法は考えますよ。


Comment:0  Trackback:0
2019
03.27

エコじゃない

Category: 子供
自分に部屋が与えられているにも関わらず、受験生の間は家のすべての部屋を私有化していた娘。

家が片付かない事に非常にストレスを感じる私。

あっちもこっちも娘の物で散らかって、受験期間はかなりのストレスでした。

でもね、やんわりと様子を見ながらしか注意できない受験生の母。



受験期間が終わり、早々に片付け指令を出しました。

リビングや、自室の勉強机にうず高く積まれていたプリントや本など。

201903参考書

こんなんなりましたよ!!

これみんな処分する紙類。

小学校高学年の教科書もとっておいたので、すごい量です。

これでも、中学の教科書は入っていません。

見返しができるように一応ね。

それから、息子が使えそうな参考書類もまだまだたくさん残っています。



このお山を見て娘が一言

「森林が・・・」

エコじゃないよね・・・。

でも、お世話になったでしょ。

感謝なさいな。


Comment:4  Trackback:0
2019
03.19

カワイイは頑張ったご褒美

Category: 子供
娘が合格した高校の先輩のお父さんと一緒にバレーをしています。

合格前からいろいろと高校の話を聞いていました。



私たちの高校時代から、娘が合格した高校には制服がありません。

私たちの時はみんな私服で通っていました。

それが現在、なんちゃって制服に変わって来たもよう。

既成の制服で毎日通っているんですって。



その制服はどこで買うのだ?

先輩の親御さんにそう聞くと

「発表後にすぐ見に行って、(奥様が)そのままカードで買って来たよ」

奥様は、まさか制服を発表当日に買うとは思わなかったようですが、面倒くさいからその場で決めて、持ち合わせがないのでカードで買って来たとのこと。

この情報を聞いていたので、まだ合否が分からないけど、それなりの現金を持って発表を見に行っていました。



合格が分かって、さて、どこのお店に行くのか?

聞いていたのに、お店の名前忘れてしまった。

すると、上のお子さんが同じ高校に通っていて、妹の合否を見に来ていたお母さんが

「校門出ると、パンフレット配ってるよ
 特設会場で販売しているところもあるんだよ」

なるほど~。

合格案内の入った封筒を持っていないとパンフレットはいただけないのに、早々にカバンに封筒をしまった娘に封筒を手に持つように言って、無事にたくさんの制服パンフレットと予備校の案内をもらいました(笑)。



やっとホッとして、疲れてすぐに帰宅したい娘を引き連れて、高校と自宅の中間にある制服販売特設会場へその足で向かいました。

会場へ入ると、さらに私服高校の特設ブースが用意されていました。

そこにはずら~っと可愛らしい制服が並んでいました。

驚いたことに、特設ブース到着は我が家が1番。

選びたい放題、試着し放題でした。(この後どんどん人が来て試着するのも大変だった)

買うのが遅くなると、気に入ったのがなくなっちゃうんですって。

なんともね。



ブレザー、スカート、ワイシャツ、リボンにネクタイ、カーディガンまで。

何着も試着して、楽しみながら購入して来ました。

201903制服

可愛いなぁ。(母もこんな制服が着たかったわ)

こんななんちゃって制服が着れるのも私服高校ならでは。

行く前は面倒くさそうにしていた娘も

「楽しかった!!」

そうです。

そうでしょうね。



中学校入学は何か月も前から説明会があったり、制服の採寸に行ったりと長丁場。

それに比べると、高校ってあっさりしたものだなぁと感じました。


Comment:6  Trackback:0
2019
03.18

その瞬間のこと

Category: 子供
娘の合格発表に温かいお言葉をいただき、ありがとうございました。

とても嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいになりました。



公立高校の発表があり、もし残念な結果になった場合、翌日の昼までに私立高校の入学手続きをする必要がありました。

銀行への入金は事前に振込用紙をもらっているため、(たぶん)窓口でする必要がありました。

公立高校それぞれの学校によって発表時間が違っていましたが、娘の受験校は発表が14時。

銀行の窓口は1時間後には閉まってしまいます。

しかも振込金額が20万ほどと大きいため、そのお金も用意しなければいけませんでした。

発表後、ママ友は

「もうお金も下して、振込用紙も記載済みだった」

「発表見に行った足で、私立に願書持って行かなくちゃと覚悟してた」

などなど、×だった時のことを考えていたと言いました。
(結局、みんな受かりましたけど)



私もお金を下しておいた方がいいかな?とちょっと思ったんです。

だけど、止めました。

公立発表前に、私立の入学手引が入る封筒は一切開けませんでした。

どちらかと言うと、(心配性なので)いつも準備万端な私ですが、そうなりそうだから、あえて×な場合の準備はしないと決めていました。

彼女を信じよう。



発表は友達同士で行くのかなと思っていましたが、みんな親と行くそうなので、私たちもそうしました。

時間よりかなり早く到着してしばらく待ちました。

見知った顔もチラホラ見えましたが、普段なら話し込むところ、あいさつ程度でした。

『どこに貼り出されるんだろう?』
『さすがに新校舎になってまだ数年だからキレイだなぁ』

私はそんなことを考えていました。



待ち始めてどのくらい経ったか、正門のあたりにいた人たちが、校舎へ向かって動き出しました。

あっちの方へ貼り出されるの?

流れに乗っていくと、流れの先の方から「うわ~!!」とか「やった~!!」とか歓喜の声が聞こえます。

どこだ?どこだ??

目で探すと、玄関の上の方に番号らしき紙が張り出されていました。

私たちの横にいた人も喜び始めました。

玄関まではまだまだ数メートルありましたが、目が良ければ確認できる距離ね。

娘の番号を探しながら、少しずつ前方へ。

ところが、よく見るとちょうど娘の番号の辺りは玄関の手前のひさしの影になって見えない・・。

やってくれるね。

近づかなきゃ分からんヤツだわ。

最後の最後までお楽しみはギリギリなのね。



玄関の真ん前まで来ると、やっと貼り出された紙の全てが見えました。

201903発表

娘の番号は紙の一番上に載っていました。

こりゃ見えないわ。



娘は「やった~」と叫ぶわけでも、喜んで手を叩くわけでもなく、ただニッコリ。

そのままサラッと必要書類をもらうため、学校へ入っていきました。

あっさりしたもんだなと思いましたが、たぶん自信があったんでしょうね。

ただ、バドの試合や定期テストの時もそうでしたが、「いけそう」と言う時に限って、予想に反していることが多い。

あえて言わなかったのかな。


この後、渋る娘を引き連れて、すぐに制服を買いに行ったのでした。


Comment:6  Trackback:0
back-to-top