FC2ブログ
2019
06.10

思い通りにならないモヤモヤ

Category: 子供
高校へ入学して2か月の娘。

志望校を間違ったと言い始めました。

何をやってもおもしろくない、とおっしゃいます。

オープンスクールで説明されたとても楽しそうだった行事も『薄っぺらだ!!』とおっしゃいます。

部活もパッとしない。

勉強も受験生期間並みにやらなくちゃ。

もう時間もなくていっぱいいっぱい。

娘:「ぜんぜん花のJKじゃないし(怒)」

そんな事言ってもね。

だから言ったでしょ。

バドミントンをやりたいなら私立に行ってもいいよ。

勉強とそこそこバドミントンやりたいなら、ランクを1つ下げてもいいよ、とね。

自分で決めたこと、自分で責任をとるのが大人になるってことだよ。



息子の事で非常に心配していた頃、こちらもまた心配の種でした。

体育祭は騎馬戦と大玉送りしかでないから、見に来なくていいよ、と言われる私。

たぶんね、応援団(?)パフォーマンス(?)とかをやりたかったんだと思うのですが、そううまくは行かないわな。



遊びに行くのだって、新しい高校の友人たちと出かけてるし。

友達がいない訳でもあるまいに。



娘にそう言われ、体育祭には行かない予定でした。

いや待てよ。

どんだけ詰まんないのか、やっぱり見に行こう。



体育祭当日、高校のグラウンドで友人に会いました。

娘さんが2年生とのことでした。

親しい友人だったので、私は『娘が楽しくない、間違ったって言うのよね』と話すと、友人はこんな話をしてくれました。



友人の娘さんも娘とは学年は違いましたが、小中学校では目立っていました。

応援団だったり、合唱のピアノだったり指揮者だったり。

いろんな事をやって、とても楽しそうでした。

ところが、高校へ来て1年生の時に不登校になってしまったとのこと。

だから娘の気持ちが分かるって。

同じだって言ってました。



ママに嫌だと言いながら、毎日学校へ来てるだけいいさ。

小中学校と違って同じくらいの子達の集団の中では、今までみたいにチヤホヤなんてされないよ。

自分がやりたいことは主張する。

そうしないと埋もれちゃう。

早めに自分の居場所を見つけること。

だけどね、これで良かったと思うよ。

社会に出たら、そんな事ばかりだから。

社会に出る前にその勉強ができたと思うんだ。



みんなそうなんだな、と思いました。

201906体育祭


遠くから娘を見ていると、なんだそこそこ楽しそうじゃん。

いつも周りには友達がいて、ニコニコしてるし。

確かにね、今までが楽し過ぎたのよ。

何でも思い通りにいって、みんなにチヤホヤされて。

人生、そんなに甘くないわな。

その中で自分が楽しいと思うことを見つけなさい。

不貞腐れてばかりいないで、楽しむ気持ちを持ちなさい。

そうしないと、3年なんてあっという間に終わってしまうよ。

どんなことも、自分の気持ち次第。



娘の様子を見れたことも、友人に会えて話を聞けたことも、良かった。

息子の事もあり、休みを無理やりとった感がありましたが、行って良かった体育祭でした。



Comment:10  Trackback:0
2019
04.22

中学参観、どうでしょう?

Category: 子供
中学校の休日参観へ行って来ました。



娘が中学1年生で初めて参観日に行った時。

参観日前から、上にお子さんがいるママ友に

「中学校なんて参観日に行く親いないよ」

と聞かされていました。

その頃は平日参観日だったせいか、親御さんの姿はほとんどなく、学年で4・5人?

6クラスありましたので、各クラス1人いれば良い方でした。

本当に中学校って親が学校へ来ることがないんだなぁ。



ところが、昨年?くらいから土曜参観になり、今回は日曜参観。

初めての頃とは比べ物にならないほど、大勢の親御さんが来ていました。

日曜ですから、ご夫婦で来られている方も多かったです。

小学校の参観日より多いのでは?!と驚くほど。

PTA総会や、部活の保護者会も参観後にあるので、学校側としてはいい傾向なのでしょうね。

もうちょっと空いてた方が、いろいろ見れて良いのだけれど。
(子供の行事コンプリート中の親からするとね)

みんな見たいでしょうからね、仕方ないね。



廊下側の後方の席だった我が息子、全く廊下を気にしません。

一瞥もしません。

母やママ友がアピールしてるのに、視線は黒板とノートの往復のみ。

あいつ、気付いててわざと知らん顔してるな~。

思春期ですから。



帰宅後

息子:「ママ、今日参観から来てた?」

私:「壁に張り付いて見てましたけど
   ○○ママも顏だしたりしてたんだよ」

息子:「え~気付かなかった」

天然か?!

私:「気付いてて、ワザと見ないふりしてたんだと思った」

息子:「授業に集中してたんだよ
    後ろ向くとダメなんだ」

担任はお若いようですが、ニコリともしなかったね。

厳しいんだね。

ママ友から、ちょこっと問題児君がいるらしいクラスだって情報が入りましたし。

締めてんだね、きっと。

真面目&おちゃらけ息子にしたら、息苦しいかもしれないな。



参観日に行くと、いろんな事が見えますね。

休日の昼から夕方まで学校に拘束されるのは正直キツかったですけどね。


   
Comment:4  Trackback:0
2019
04.12

高校生泣く

Category: 子供
娘が研修旅行から帰宅しました。

迎えに行くと言ってあったのに、友人宅の車に乗り込んでしまった娘。

せっかく迎えに行ったのに、学校で待ちぼうけ食らわせれました。


送る時に友人を乗せて行ったので、帰りは友人宅が迎えに行きますと言われましたが、いろいろ思うところがあり、丁寧にお断りしたのに。

あの断わり方では、友人の親御さんも娘ももう一緒に帰る気になっていたらしい。

LINEで連絡していましたが、それすら見てなかったJK。


私:「ママね、忙しいでしょ?
   車の中なら、あなたの話聞けるでしょ
   旅行がどんなだったか知りたかったんだよ
   それに、基本的に自分の子供は自分で送り迎えしようと思ってるの」

帰宅直後の顔で、研修がどんな風だったか、だいたい想像つきますからね。

娘:「・・・」

私:「○○(弟)がサッカーで友達の車に乗ることあるよね?
   だから、自分(娘)も良いと思っているんじゃない?
   でもね、送迎してもらったら、きちんとお礼言ってお菓子とか渡してるんだよ」

私がなぜ友人宅に甘えないかをしばらく話していたら、JK泣き始める。

私:「こんな事で泣くなよぉ」

娘:「研修もきつかったのに、追い打ちかけられた」

そうなの?

勉強は楽だったようですが、なんせ知らない人の中に入れられて、緊張状態だったみたい。

娘の進学した高校は進学校、最初のオリエンテーションへ行った印象は、『変人ばかりいた』でした。

バドミントンなどで、知らない生徒と寝食共にした事も何度かあるし、どちらかと言うと友人作りが得意な娘。

でもどうやら今までとは人の色が違うようです。

娘:「バスでさ、仲良くなった子と2人で乗ろうと思ったら、場所がなくて
   その子行きが補助席だったから、帰りは私が補助席の方がいいと思って
   補助席に行ったら、隣の男子が『一人だと思ったのに』って言うんだよ
   ずっとブツブツ独り言言ってさ、うるさかった」

人のことを考えられない変人だな。



娘は高校入学前から、友達ができるかしきりに心配していました。

240人以上いれば、1人くらいは気の合う子がいるよ。

巡り会えるかは分からんけど。



不安もあるんでしょうけど、それはお互い様なんじゃないかな。

まだみんな自分を出せないでいるかもよ。

賢くて面白い子はいるけど、大半は賢いと大人しかったりするもんだ。

大人になっても、頭はいいけど性格に難ありの人間はたくさんいますよ。

実はわりとそういう人間が集まってる学校かな?とは思ってたんだよ。(言わないけどね)

その中でも友達ができたら、きっと一生の友達になるよ。



娘中学の新高校1年生たちは聞くところによると、みんな前途多難な様子。

娘の友人は「高校ってもっと楽しいとこかと思ってた」と言っていました。

そうだね、今はそう思うかもね。



マイナススタートな高校生活。

その方がプラスのポイントが増えていくから。

やるべきことをしっかり熟して、自分をしっかりと持ってね。

アドバイスや応援はできるからね。


Comment:2  Trackback:0
2019
03.29

閉鎖された世界

Category: 子供
娘の入試直後の話。

娘と2人、何の話からか、友人からもらったLINEの話になりました。



以前、娘がトラブルに巻き込まれた原因となった子とのLINE。

その他にもお金関係でこちら(役員(私))が困った話になった事があるご家庭のお子さん。

まぁ詳しくはあれですが、私としては「放っておこうよ」と躍起になる皆様に話していた事柄がありました。

こういうと、たいそう問題のあるご家庭かと思われるかもしれませんが、たぶん至って普通です。

ただ印象としては万事ルーズなのかな?とお子さんが小学生の頃から感じていました。



娘:「○○(親友)のLINE教えてって言われたんだよね
   だけど、勝手に教えられないからさ
   そしたら、結構な暴言」

私:「そのLINE見せて」

娘に関しては、LINEは自由にやらせています。

見られるのを嫌がるからね。
(息子は全然気にしていませんので、たまにチェックしてますけど)



相手からの『教えて』の後、一言ではぐらかそうとしたらしい娘。

娘もこの時点で、いま教えられない理由を言えば良かったのに、アホだな。

で、翌日送られてきた言葉

『おまえはよ』

から始まって、数語でしかないですが、昔のヤンキー?のような言葉がポツポツ。

今の子もこういう言葉使うんだね。

と妙なところで感心しつつ、

私:「で、結局教えたの?」

娘:「本人(親友)に聞いたら、面倒だから良いよ教えてって言われた」

私:「あの(昔の)トラブルがあった時、LINE消せば良かったじゃん」

娘:「ん~」

私:「その画面スクショでママに送って
   何かトラブルになった時に証拠として取っておくから
   で、嫌ならその会話削除しちゃいな」

この後、娘が削除したかどうかは不明です。

もし表面上は良い子を装って悪さすることがあれば、こういう会話の保存は大事なのかな。

というのは、まさかのその子も第一志望高校が娘と一緒。

人生って上手くいかないものね。
(結局、彼女は残念な結果だったみたいですが)



中高生になると、親に子供同士の会話なんて聞いてほしくないでしょうね。

それは分かりますが、子供同士では(当たり前ですが)いろんな会話があるみたい。

私が感心したのは、彼女がそんな暴言にも強く立ち向かえるようになった事。

保育園のの頃は「まんじゅうちゃん」て言われた、って泣いてたのにね。

自分で処理する力が育ってきているかな?

だけど、娘にも言いましたが、こういう内容のものは私に知らせるようにって。

伊達に長く生きている訳ではないですから、対応方法は考えますよ。


Comment:0  Trackback:0
2019
03.27

エコじゃない

Category: 子供
自分に部屋が与えられているにも関わらず、受験生の間は家のすべての部屋を私有化していた娘。

家が片付かない事に非常にストレスを感じる私。

あっちもこっちも娘の物で散らかって、受験期間はかなりのストレスでした。

でもね、やんわりと様子を見ながらしか注意できない受験生の母。



受験期間が終わり、早々に片付け指令を出しました。

リビングや、自室の勉強机にうず高く積まれていたプリントや本など。

201903参考書

こんなんなりましたよ!!

これみんな処分する紙類。

小学校高学年の教科書もとっておいたので、すごい量です。

これでも、中学の教科書は入っていません。

見返しができるように一応ね。

それから、息子が使えそうな参考書類もまだまだたくさん残っています。



このお山を見て娘が一言

「森林が・・・」

エコじゃないよね・・・。

でも、お世話になったでしょ。

感謝なさいな。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top