FC2ブログ
2019
01.15

不謹慎かもね でも嬉しかったこと

Category: 子供
インフルエンザに感染した息子。

熱は1日目の夜をピークに翌日からは平熱に下がりました。

今日の夕方に登校許可書を医院へもらいに行けば、明日からは登校できます。

家族感染も今のところありません。



体が辛かったのは1日だけでしたので、翌日からはヒマでしょうがないらしい。

日常の疲れから、2日目3日目くらいは寝て過ごせても、いい加減寝れなくなる。

すると隔離部屋に勉強道具を運ばされ、勉強をしていましたよ。

ただ、それも1日中やってたら、やることも無くなるらしく。

ついにゲーム解禁にしました。



私も感染するわけにはいかないので、それほど長く隔離部屋にはいないようにしていました。(夜は一緒に寝てましたけどね)

やることもない。

人とも会えない。

そんな状態が続いた息子は・・・・。

素晴らしく可愛らしくなっていました!!

私が行くと犬みたいにキャッキャ喜ぶんです。

なんだか小さい頃に戻ったみたい。

そして、ご飯の内容と時間を聞くんです。

そこら辺は年寄みたい(笑)。



予期せぬシーズン序盤のインフルエンザでしたが、母としては嬉しい部分もありました。



Comment:4  Trackback:0
2019
01.11

やってくれるね

Category: 子供
新年早速ですが、息子熱を出しました。



朝起きて、自分でおかしいなと思って熱を測ってみたようです。

息子:「ママ、熱ある」

体温計を見ると37.9℃。

昨日も寒い中、外でのサッカー練習だったからね。

風邪ひいたかな?

でも、もしや・・・・。



37℃台なら学校へ行くこともある子供達。(本人たちに任せています)

ただ、この日は本人がお休みしますと言いました。



風邪のような気もするけど、念のため昼くらいにお医者様へ連れて行くことに。

いつもインフルエンザの検査で先生から「来るのが早すぎ」って言われますもので。

それに、重篤な患者さんは朝一でお医者様へ行くことが多いです。

昼くらいはわりと軽い患者さん。(私の経験です)

それでも、その日の昼ではまだ早いような気もしましたが、医院が午後休診なので仕方ない。



昼前にお医者様へ連れて行くと、案の定空いてて、患者さんもわりと元気そうな子ばかり。

やっぱり先生には「早いかな」と言われましたが、念のためインフルエンザの検査をしてみました。

この時点で陰性だと、翌日また来てくれと言われるんだよね・・。



検査後、待合室でしばし待ち、周りの様子をうかがっていると。

元気そうに見えた子供達、なんと9割がインフル患者でした!!

後の1割は溶連菌で洗面器必須の患者さん。

こりゃまたすごいわ。



そして、再度診察室に呼ばれ

先生:「出ましたよ~A型です」(いつもこの言い方が出産に聞こえちゃう私)

ありゃりゃ。

受験生がいるって言うのにね。



息子は新年から平日は私の送迎でなく、公共交通機関とクラブバスでサッカーの練習へ行き始めました。

原因はそれかな?



ところで、この前日、夜のニュースでたまたまインフルエンザの新薬の話を見ていました。

私は片手間に見ていたので、内容はあまり分かりませんでしたが、

主人:「1回飲むだけでいいんだ」

そう言ったのは聞いていました。



もらった薬は、まさにニュースで言っていた薬。

201901インフル

昨年、彼がインフルエンザにかかった時は、イナビルの処方でしたが、なかなか熱が下がらなくて大変でした。

先生に聞くと、新薬はわりとよく効いているから、大丈夫だと思うよとのこと。

新薬って怖いですけどね。

結局、市場に出てから、さらに副作用を確認するわけですから。



その夜、息子の熱は40℃近くまで上がりました。

薬効いてんのかな?とも思いましたが、熱と同時にものすごい汗もかき始めたので、この調子で行けばすぐに下がるでしょう。



そして翌日。

熱も平熱までとはいきませんが、ほぼ下がっています。

効きの良い薬も逆に怖いですが、本人が早く楽になれるのは喜ばしいことです。



息子:「何日学校休むの?」

私:「3連休があるから、上手くいけば3日でいいかな
   サッカーは3日か4日お休みだね」

息子:「ねぇ寝室にTV持って来てよ」

私:「何言ってんの?!
   とにかく寝てるんだよ」

息子:「だってヒマじゃん」

私:「自業自得です
   気を付けない自分が悪い」

そうです。

サッカーの行き帰り、マスクをしていけと言うのに、行きはしていても帰りはしていない。

その上、小学校の終わりくらいから、帰宅後の手洗いうがいをしていなかったそう。

帰る度に「手洗いした?」と聞く私に「した~」と言っていたのはウソだったってこと!!

まさに自業自得です。



娘の私立高校受験日が近づいてきているのにね。

人の事も考えようよ、まったく。


Comment:4  Trackback:0
2019
01.09

みんなと同じが正しい訳じゃないよ

Category: 子供

『言われたことはすぐやるべし』の続きです



翌日の中学校への私立高校願書提出。

ハンコウを押すべく娘から願書を渡された私。

ん?んん??

学校で願書書きの練習をしただけあって、非常にキレイに書けていますが、

私:「これさ、鉛筆(で書いている)よね?」

娘:「そうだよ」

私:「願書はさ大事なものだから、
   必ず書きかえられないボールペンとかで書くと思うんだけど、
   鉛筆で書けって言われたの?」

娘:「練習の時は鉛筆だったし
   それでOKもらったから良いと思うけど」

私: いやいや
  「願書についてた入試説明の冊子見せて」

そこには”記入はボールペンの黒(または青)”と書いてありました。

よく読みなよね。

私:「大事な書類は必ず消えないペンで書くんだよ
   書きかえられたら困るでしょ」

娘:「だって先生ボールペンでって言わなかったもん」

私:「他にも鉛筆で書いてくる子もいるかもしれないけど、
   どっちみち、明日書き直させられるよ
   明日学校行ってから書き直してもいいけど、
   今やった方が落ち着いて書けるよね」

娘:「・・・・」



渋々書き直そうとしている娘

娘:「ねぇ、鉛筆の上から書いて良いかな?
   失敗しそうで怖いんだもん」

私:いやいや
  「あなたがそれでいいならいいんじゃない
   もう小学生じゃないから普通はそんなことしないけどね」

学校の先生も大変だな、こりゃ。



一悶着後、やっと落ち着いて私もコタツに入れた夜11時。

娘:「ママ、372円切手ある?」

はぁ~?!

この人はいったい何を言ってるんだろう?

あたしゃドラえもんか!!

なんでも出てくるわけじゃないんだぞ!!!



願書につける返信封筒に切手が必要なようでした。

切手のストックはあるものの、いろんな金額の切手を合わせても、一番近い金額は378円になります。

多い分にはいいだろうけど。

私:「こんな時間におかしいよね
   ママ日中に郵便局行ったよ」

娘:「忘れてた」

私:「きちんとした場所へ送る時は、
   たくさん切手を連ねたらあんまり印象良くないと思うけど
   372円だったら、310円切手と62円切手2枚がベストだよ」

娘:「でもさ、これ家に来る封筒だからいいんじゃない」

私:「一旦あちらが確認するでしょ
   例え送り先が家でも、相手側の目に入るよね?
   経験無いことだから、今教えてあげる
   これから社会に出ても、大事な相手に送る場合は
   見栄えよく送る事!!
   失礼にならない配慮が必要だよ
   いかにも切手をかき集めました、ではダメなのよ」

娘:「分かった」

私:「今日は勉強になりましたね」



切手は、翌日中学へ届ける手もありましたが、コンビニへ主人が買いに行きました。



以前セブンで切手を買おうとした時、セブンでは82円と62円しかないと言われました。

ネットで調べると、ファミマは120円切手を売っているとのこと。

それでも結局5枚の切手を連ねることになります。
(120円×3 + 10円×1 + 2円×1)

そこら辺の判断はもう受験する娘に任せました。

あたしゃもう知らんわ。



翌日。

私:「願書無事に受け取ってもらえましたか?」

娘:「うん
   切手いっぱい貼ってる子けっこういたよ」

私:「そりゃいかんやつだね」

多くの人と同じが必ずしもいいとは限らない。

少しの事で差がつく事柄になった時、いかに些細なことが大事かいずれ分かるかな。

右へならえは安心だけど、右が間違っていたら?



私の冬期休暇最終日は、いろんな意味で濃い1日となりました。

私が今年、まったくお正月の感じがしなかったのは、そんなこんながあったからなんでしょうね。



Comment:4  Trackback:0
2019
01.08

言われたことはすぐやるべし

Category: 子供
年末の登校の時に、秋口に買ったウィンドブレーカーを着ていた息子。

今年は雪は降りませんけど、それじゃもう寒いでしょ。

昨年まで着ていたベンチコートを着て行ったら?と言っても、

息子:「2階に取りに行くの面倒だから」



正月3日、この日は初詣と映画へ行く予定でした。

さすがに初詣は寒いと思ったのか、ベンチコートを着た息子。

なんだか小っちゃくないかい?

私:「ねぇ、新学期から制服の上にそれ来て学校行ける?」

息子:「無理でしょ」

私:「明日、泊まりに行く時は何着て行くつもり?」

息子は翌日から1泊、サッカースクールのため友人宅へ宿泊予定でした。

息子:「・・・・」

私:「早く着てみてくれてたら、小さいの分かったよね?
   こんなに休みがいっぱいあって買い物行けたのに、
   もう行く時間ないじゃない」

世間では初売り、福袋と盛り上がっていましたが、今年の我が家はどこにも行きませんでした。

買い物は食べ物だけ。



昼過ぎに行った初詣から一旦帰宅して、映画の上映時間までは2時間ほど。

もう選べないかもしれないけど(初売り後の売れ残り感ありあり)、近場のスポーツショップを回ってみよう。

とりあえず、上映時間までに1店舗行って、見終わったら別の場所にも行ってみよう。



あやつは、車の中で高校サッカーを見て、映画を見て、全部お膳立てしてもらって選ぶだけ。

それでもちょっぴり申し訳なさそうでした。

私:「人の言うことを聞かなかったり、無視したり
   それは自分で全部できるようになってからにしてくれる?
   お金あげるから、服も好きなの買って来ていいんだよ
   こんな風にママ達振り回して、偉そうにしてなさんな」

こう言いたくもなりました。(てか言いましたけどね) →初詣の時の話

翌日から私は仕事始めでしたからね。

映画に出かける前にカレーは作ってきたけど、主婦ですから他にもやることはテンコ盛り。

明日からの息子宿泊の段取りもしなくちゃ。



こんな冬期休暇の最終日。

夜9時を回ったくらい、やっと主婦業も終わりに近づいたところで、

私:「私立高校の願書にハンコウ押すから出して」

私立高校願書の中学校提出日は、3年生のみ実力テストで登校の翌日でした。


長くなりましたので、明日へ続けます。



Comment:4  Trackback:0
2018
12.14

親の懐は痛いが

Category: 子供
今月、娘の受験校決定の最終三者面談がありました。

部活引退後は、学力で進学かバドミントンで進学か悩んでいた娘。

その頃の三者面談では、最終12月までに決めればいいから、と先生から言われていました。

早いものですね、もうその12月がやって来ました。



結局、娘は2校から来たバドミントンの推薦を断って、学力で進学することを選びました。

第一志望は中学1年生から考えていた公立高校。

第二志望は滑り止めとして、第一志望の公立高校から少しランクが下がる私立高校。

第三志望はさらに滑り止めとして、勉強はそこそこですが、スポーツが強い私立高校。



1月に第二志望の私立高校を受験します。

ここで、昨年の先輩の話。

その先輩の志望校は第二志望まで娘と一緒。

最初に第二志望の私立高校を受験しました。

この最初の受験で落ちてしまい、滑り止めがない状態で、公立高校の受験に臨まなくてはいけなくなりました。

その先輩は、第一志望の公立高校のランクを1つ下げ、公立高校受験することにしたそうです。(そこに受かりました)



私立高校1月受験で受かれば滑り止めになるけど、残念な結果ならこうなっちゃうの?

当初、第三志望のスポーツの強い私立高校を最後の最後、公立高校受験後の3月に受けようと考えていました。



ここで、受験では受験料なるものを支払わなくてはなりません。

私立高校の受験料はだいたい20,000円。

2校受ければ40,000円です。

当然、1校だけなら半分の20,000円です。

20,000円って大きいですよね。

公立高校に受かったら、そのお金は保険代として消えて行きます。

支払う親としては、滑り止めを1校ずつ受けさせたいのが本音です。



先輩の事もあり、1月の第二志望私立高校の結果が分かってから、2月に第三志望私立高校を受験できないものか先生に聞いてみました。

すると、1月私立高校受験発表日の翌日が、2月私立高校願書提出締日とのこと。

可能は可能だけど、かなり時間的な余裕がなくなりますとおっしゃいました。

どうしようかな?

でも1日半あればなんとななるでしょ。



そう思っていたら、先生から第三志望の私立高校も1月に受験したらどうかと言われました。

内申もクリアしているし、特進(特別進学コース)受験も可能、入学金免除や奨学金制度利用も1月受験なら可能とのこと。

その上、試験内容が1月に受けると面接だけなんですって。(他の月は筆記もあります)

子供の精神面から言っても、滑り止めをきちんと確保してからの受験の方がいいとおっしゃいました。

いやいや本人は飄々としてますが、不安なのはむしろ私の方。

これが長く生きてきて、守りを固めるってことなのかな(苦笑)。



結局、私立高校2校を1月中に受験することにしました。

受験料はね・・・しょうがないよね。



とりあえず、三者面談で

「ここは難しいですね」

のコメントが先生の口から出なくて良かった。



現在、中1・中2のみなさんへ

娘:「中学3年間、勉強頑張って来て良かった」

そうです。

勉強は怠け始めればキリがないけど、中3のこの時期に選択肢が増えますよ。
(誰に言ってるんだって感じですが、とりあえず弟へね)




Comment:4  Trackback:0
back-to-top