FC2ブログ
2018
09.11

いつかは来ること

Category: 一言
先日、40代芸人さんが身体の気になるところをエピソードを交えながら話し、名医がそれに対して答えていく番組を見ていました。
(台風だったので、子供も私もOFFで久しぶりにTV観賞できた珍しい日でした)

子供達は別の番組を見たそうでしたが、私と主人は釘づけ。

だって、同じような経験、思い当たることがいくつもあるんですもの。



睡眠・つまづき・尿に関すること・目の事などなど。

この歳になれば、大なり小なり身体の不具合は感じるはず。

私もここ数年で急に体調の変化を感じ始めています。

筋肉量も急激に落ちてきた感じ。

かと言って、自分のために使う時間が限られているので、なかなか毎日運動なんてできないし、ゆっくり休息なんて取れない。



TVを見ていて、気になっているのは自分だけじゃないとちょっぴり安心しました。

私のまわりのママさんたちは、忙しくてもわりとサラッと毎日を熟しているように見えます。
(年代が若干ずれている方もいるので仕方ないのかな)

だから体の不調が話題になることが少ないような気がする。

もしかしたら、サラッと熟しているように見えるだけなのかしら?



そう言えば、30代半ばから後半のママさんも、更年期で医者に行った話していたなぁ。

その時、その場にいたほぼ全員(5人ほど)が大きく頷いた。

遅かれ早かれ、いつかは来るものなのね。

仕方ないことなので、体調の変化とは上手に付き合っていくしかないのでしょうね。



Comment:2  Trackback:0
2018
09.07

目が飛び出るかと思った

Category: 一言
地味に恐れていた8月の光熱費明細が来ました。

我が家は調理はガスレンジ、湯沸しもガスを使っています。

新築した時、オール電化を勧められましたが、災害があった時、電気だけだと不安だったので、ガスも使用することにしました。



疲れを取るためには湯船につかるのが良いのですが、夏場はシャワーだけにしています。

そうすると、ガス代と水道代が目に見えて安くなるんですよね。

お風呂掃除も毎朝しなくていいし。



洗濯にはお風呂のお湯も使います。

夏場は汗をかいて洗濯物をそのまま放置すると臭いが付きそうで、頻繁に洗濯をします。

それでも、お風呂を入れるより水道代は安上がり。



反面、電気代はエアコンのおかげでうなぎ上りなんです。

よそ様のお宅の夏場の電気代がどのくらいか分からないですが、毎年夏場は12,000円~14,000くらいなのかしら?

今年は、娘の部屋にエアコンを設置

夜はエアコン3台が稼働。

日中も夏休みで、私が出勤するまでは我慢している子供達も、母がいなくなるのを見計らって速攻エアコンスイッチONだったようです。

昨年までは、息子は友人宅へサッカー合宿へ行ったり、娘も部活があったりして、日中も半日はエアコンがついていなかったはず。

ふぅ~。

今年猛暑だったしな。

エアコンないと具合悪くなっちゃうし。

だけど、電気の利用明細は正直・・・見たくない・・。



勇気を振り絞って明細を確認すると、ガス代、水道代は夏場安定の安さ。

はてはて、電気代は?!

恐る恐る見てみると。

15,000円弱!!。

オール電化でない4人家族で、これが高いのか安いのかはイマイチ分かりませんが、自分的にはホッとしました。

20,000円以上は軽くいくと思っていましたから。

みなさん、今年の夏の電気代はいかほどでしたか?




Comment:6  Trackback:0
2018
09.06

いつどこで何が起こるか分からない怖さ

Category: 一言
自然災害が各地で起きています。

被災地域の方々が早く元の生活に戻れますようお祈り申し上げます。



日本のどの地域に住んでいても、いつ何が起きるか分からなくなっています。

台風が日本を縦断すればほぼ日本全土で被害が出る可能性があるし、地震もいつどこで起きてもおかしくない。

あまりの天災の多さに、人間が自然にしてきたことのしっぺ返しが今来ているのかな?なんてことも思ったりしました。

楽で快適な生活を求めて、環境をどんどん破壊して、破壊のスピードに作り育てることが追いついてない。

今朝、TVのニュースを見ながら、そんなことを考えていました。



台風や水害で水が上がったら、泥を掻き出したり、家具を運び出したり、多くの人手が必要です。

人手がなければ、作業はなかなか進まないでしょう。

若い世帯はまだいいです。

自分で片づけもままならないお年寄り世帯は更に大変です。

それでもなんとか片付けが終わり、消毒をして、せっかく生活が整った所にまた水害となってしまっては、もう片付ける気力も奪われてしまうでしょう。



大きな地震で怖い思いをして、その後もしばらく続く余震。

日に何度も地面が揺れて、そのうち揺れてないのに体が揺れているような気がする。

地震の揺れにも怖さより、「またか」と慣れていく。



今先の事は考えられなくても、目の前の事を少しずつ1つずつ片付けていくことで、先に進める気がします。

そう思わないとやってられないですね。

この土地も数年前、たて続けに水害や地震に見舞われました。

その時のことを思い出しながら、またいつあんな風になるか分からないな、と思った朝でした。



Comment:4  Trackback:0
2018
09.03

夏の終わりと愉快な毎日のお預け

Category: 一言
猛暑続きだったこの夏。

いつの間にか蝉の鳴き声から、秋の虫たちの泣き声に変わってきました。

朝晩になると、あの暑さはどこへやら?涼しくてぐっすり休めるようになりました。



娘が部活を引退して、私自身少し楽になりました。

夜や休日の外部練習は参加しているものの、部活関係の所用からは解放されましたからね。

娘も少し落ち着けるかな、と思いましたが、体育祭で幹部をやったりでバタバタしています。

やっと体育祭が終わり、今度こそと思っていると

娘:「体育祭が終わると、次は合唱コンクールだ♪」

私:「あなた受験生ですから!!」

すっかりご自分が受験生であることを忘れてらっしゃる。

現実逃避して、先延ばしにしている感がありありです。

来週には定期テストもありますからね。

結局、勉強しないで行ける学校へ行くんじゃないかな、と少し感じ始めています。

目的がはっきりしないので、身が入らないんでしょうね。

それも彼女の人生、言うべきことは言っているつもりなので、あとは彼女しだいですね。



Comment:2  Trackback:0
2018
08.30

サボテンのオチ

Category: 一言
会社の木の根元に謎の実。

201808謎のみ1

梅みたいに見えるけど、食べられるのかな?



この実、車のすぐ脇に落ちているから、風で落ちたら車にコツンなのかしら?

201808謎の実2

おいしそう。



ところで、息子のサボテンの後日談。

新学期に学校へ行くと、思った通りサボテンが枯れた子が多かったそうです。

日も当てず、水もあげない子のサボテンが枯れなかったり、と摩訶不思議な事態になっていたようで。

結局、どんな植物でもいいから観察!!になったって。

え~、じゃサボテン買う必要なかったじゃん・・・。

親子険悪ムードになってまで買いに行ったのにね。



買って来たサボテンは今日も変化がありません。

なぜか、毎日私が観察している気がする。



他の植物でもいいのなら、息子にはオリズルランでも観察させようかな。

どんどんランナーが出てきて、その先っぽの赤ちゃんオリズルランの株も大きくなって、根もつき始めたし。

今の時期なら、観察するには変化がたくさんあってもってこいかな?

でも、いつ提出するかきちんと聞かないと。

それによっては秋の植物もいいかもしれないな。

小さな頃は植物の話を親子でよくしましたが、大きくなってからはサッパリなので、ちょっと張り切っちゃう母です。



Comment:4  Trackback:0
back-to-top