FC2ブログ
2018
10.19

大冒険の予感でドキドキ

Category: 一言
明日は子供達の合唱コンクール。

娘は最後の息子は最初の合唱コンクールです。

娘は1・2年とも最優秀賞クラス。

3年目の今回はどうかな?

あんまりその話題は出ないけど。

毎年実行委員をしていましたが、今年は先生の意向で外されたそうです。



体育祭でも副団長と生徒会役員として表に立っていたからね。

別の子にもやらせたい、と言うのが先生の考え。

私もそれでいいと思います。

学校生活はみんなで作り上げていくもの。

誰もが中心になってやる場があった方が、それぞれのためになるでしょうから。

実行委員のサポートはしているそうですが、中心になって頭を悩ませてない分、家に帰ってから話をしないようです。



息子は明日・明後日と大事なサッカー公式戦があります。

学校行事優先なので、1年生として合唱コンクールには出ますが、早退することが決まっています。

自分のクラスの歌を歌い終わったら、高速道路で大会会場へ向かいます。



去年一昨年とこの合唱コンクールの代休を利用してTDRへ行っていました。

でも、今年は息子の公式戦が入っているため、息子と主人はお留守番。

私と娘の2人でTDRへ行くことにしました。

息子も行きたがっていましたが、息子サッカーの先の日程がいつも不透明。

遠方なので、宿泊などの予約は必須ですが、行けるタイミングが分からない。

サッカーの試合と、TDR旅行を天秤にかけると、やっぱりサッカーを取るんだな。

受験勉強でお疲れ気味の娘にも息抜きをしてほしいし、初めての母娘2人旅もいいでしょう。



いつも旅行は車で行っているので、数十年ぶりに新幹線で東京へ行きます。

方向音痴の私、かなり不安です。

大冒険な予感でドキドキです。

別の意味で楽しいかもです。

201810ベンケイソウ3


Comment:2  Trackback:0
2018
10.11

健康のありがたみを感じる

Category: 一言
先週末の話。

夜中に急に足の痛みで目が覚めました。

左ももの鈍痛で、なかなかその後は眠れませんでした。

祝日の月曜にバレーの大会があるのに、なんてこった。

早く治すべく、湿布を貼ったりしていました。

治りはしませんでしたが、痛み止めを飲んでなんとか大会には出場。
(アスリートかって感じですが・・・(苦笑))

その翌日、前日スポーツしたわりには、痛みはほぼなくなっていました。



そして昨日、息子がかけた早朝の目覚まし時計に起こされると、足がメチャクチャ痛い。

このまま眠れる気がしない。

それでも30分くらいは、ベッドであっち向いたりこっち向いたりしてました。

もう無理だ。

絶対寝れない。

寝返りを打つことも困難。

左向いても右向いても仰向けになっても足が痛い。

潔く早起きしました。



ベッドから降りる、階段を下りる、この動作もやっとこさ。

座るの動作も痛いうえ、座ってからも痛い。

どうすることもできずに、お医者様に行きました。



肉離れかなぁ、トホホ。

そう思いながら診てもらった結果は、左ももの筋肉が極度の緊張状態。

カッチカチだと言われました。

先生も私がスポーツをしていることを知っているので、運動中に筋肉に負担のかかる動きをしたんじゃないか、とおっしゃいました。

そうなのかな?

機械での治療中に1人で考えてみる。

いやいや、ここ最近の練習や試合は男性中心だったから、無理な動きや動き過ぎはまずないな。

とすると、原因は「寝ている時の姿勢」のような気がする。



前にも書いた事がありますが、私は左向きで寝るので、就寝中左側で身体を支えています。

子供達とギュウギュウで寝ていた名残で、寝返りもあまり打たないようです。

朝起きると、左の部位(その都度違いますが腕とか足とか)が強張って動かしにくくなることがあります。

最近は、子供たちの(サッカー&バドの)練習がない、もしくは遅い時間なのを良い事に、10時間くらい寝ていることもある。

原因はたぶんこれだな。



先生にこの事を話すと、それもあるかもしれませんね、とおっしゃいました。

じゃどうするか。

なるべく仰向けに寝るのが一番なのでしょうね。

仰向けって無防備な感じがして嫌なんですが、背に腹は代えられません。
(子供の飛んできた足を受け止める、頭突きをかわせるなど、寝ている時もまだ戦いの毎日)

足が治るまで、しばらくは、クッションを利用してももを伸ばさないように寝ることになりそうです。



私:「歳のせいでしょうかね?」

先生:「あんまり関係ないかな」

ですって。

身体の痛みや動きは、何でもかんでも歳のせいではないらしい。

だけど、今まではこんな事なかったんだけどね。

強張っても戻りが早かったのかな?

そこら辺は歳のせいかもしれませんね。




Comment:4  Trackback:0
2018
10.05

してあげられることは・・

Category: 一言
子供達の定期テストの結果が返ってきて、今回も姉弟で競っておりました。

学年も違い、単純に点数では判断できないので、順位で比べている2人。

クラスでは息子より1番高い順位の娘。

ところが、学年では息子の方が上位でした。

息子の順位×2+6の順位で、軽く落ち込む娘。



これに引き続き、受験対策用テストで思わしくない結果が返されました。

各テストの前、今までにない勉強時間を過ごしていました。

本人は自信満々で、「楽勝でしょ」くらいの大口をたたいていました。

ところが自信があっただけに、結果が出なくてどんより元気がなくなってしまいました。

娘:「なんであんなとこ間違ったんだろう
   自分で意味わかんない」

どうらや凡ミス?!

いえいえ、それも実力のうちでしょうね。

いろいろアドバイスをしましたが、どうも彼女の気持ちが上がってこない。

不安なんだろうなと思いました。



そこで再び、塾の話を出してみました。

正直言うと、できれば塾に行かないで勉強してほしい。

でも、やっぱりノウハウを学ぶこと、その分野に精通している人と常に接していることは、今の彼女にとって必要なことなのかもしれないと思いました。

勉強の解き方だけじゃなく、心の安定のために必要なのかもしれないな。

そんな話に娘は即答。

娘:「行かせて下さい」



前回、通うって言っといてドタキャンした時も、お断りの話をするのに気を使いました。

今回、1度そんな形で断わったのに、再び通うと言う話に神経がピリピリしました。

どんだけ母に負担かけるわけ?!

娘がこれ以上迷わないよう、お話に伺ったその日から勉強してもらうことにしました。



その後、授業は役立ってるか分からない、と言いつつも、気持ち的には少し落ち着いたようです。



娘が落ち着いて良かったのですが、お支払する金額が・・・。

高いことを予想はしていましたが、予想以上。

中3になって、受験関連の勉強費は4月~翌年3月まででざっと35万~40万。

これでも金額が安い方の塾なんですけどね。

学年で5本の指に入る子は、長い事塾通いの子も多いとか。

いったい、いくら払っているのやら。

ただただすごいなぁ~と感心します。

目標が決まっていて、それに必要なら支払うのでしょうね。

一生に1度の事だから、できることはしてあげたい、どこの親御さんも思うことは同じってことか。



Comment:2  Trackback:0
2018
10.01

良い事と悪い事のバランス

Category: 一言
昨年まで小学校で参加していたPTAソフトバレー。

みなさん気持ちの良い方で、先生も含め和気あいあいプレイしてきました。

今年から息子も中学生ですので、小学校チームでの参加はできなくなりました。

単純に中学校で参加すればいいのですが、見知った顔があるとはいえ、知らないところに入るのはどうなんだろうと迷いました。

でも、PTAの大会に参加できるのはあと3年。

参加してみることにしました。



何度か練習へ行くと、小学校と変わらず楽しい時間を過ごすことができました。

そして先日、そのメンバーで懇親会が行われました。



その日は息子のサッカー公式戦がありました。

リーグ戦の真っただ中。

今のところ全勝中ですし、この日も全勝。

息子も数ゴール決めていました。



でも、ちょっと嫌な事がありました。

みんな自分の子が可愛いんだろうなぁと思うことです。

もちろん私もそうですけどね。

だけど、自分の子を中心に考えれば、そして自分の子がより活躍してほしいと思えば、ああいう発言になるんだろうなってことです。

ちょっとしゃべりすぎっ!!!
(聞こえるようにしゃべっている訳でも、嫌味を言っているつもりもないらしいのですがね)

試合に勝った時はとても嬉しかったのに、浮き立つ気持ちに影を落とされた感じでした。

まったく、これから家に帰って夕食の準備をしてから飲み会なのに、気分悪いなぁ。



そんな気持ちで参加した懇親会。

が、これが昼間あったことがなくなるくらい楽しかったです。

和気あいあい、食べて飲んで騒いで。

声がガラガラになるくらい大騒ぎでした。(みんないい歳ですけどね)

帰宅も久しぶりに午前様。



嫌な事があっても、楽しい事があって。

知らないうちにバランスって取れているものなんですね。

息子の1日試合の日の飲み会は辛いかなと思いましたが、この日で良かった。



Comment:2  Trackback:0
2018
09.11

いつかは来ること

Category: 一言
先日、40代芸人さんが身体の気になるところをエピソードを交えながら話し、名医がそれに対して答えていく番組を見ていました。
(台風だったので、子供も私もOFFで久しぶりにTV観賞できた珍しい日でした)

子供達は別の番組を見たそうでしたが、私と主人は釘づけ。

だって、同じような経験、思い当たることがいくつもあるんですもの。



睡眠・つまづき・尿に関すること・目の事などなど。

この歳になれば、大なり小なり身体の不具合は感じるはず。

私もここ数年で急に体調の変化を感じ始めています。

筋肉量も急激に落ちてきた感じ。

かと言って、自分のために使う時間が限られているので、なかなか毎日運動なんてできないし、ゆっくり休息なんて取れない。



TVを見ていて、気になっているのは自分だけじゃないとちょっぴり安心しました。

私のまわりのママさんたちは、忙しくてもわりとサラッと毎日を熟しているように見えます。
(年代が若干ずれている方もいるので仕方ないのかな)

だから体の不調が話題になることが少ないような気がする。

もしかしたら、サラッと熟しているように見えるだけなのかしら?



そう言えば、30代半ばから後半のママさんも、更年期で医者に行った話していたなぁ。

その時、その場にいたほぼ全員(5人ほど)が大きく頷いた。

遅かれ早かれ、いつかは来るものなのね。

仕方ないことなので、体調の変化とは上手に付き合っていくしかないのでしょうね。



Comment:2  Trackback:0
back-to-top