FC2ブログ
2020
02.21

最近やめたこと

Category: 一言
家電を解約しました。



我が家のスマホは4人ともドコモです。

子供達がスマホを持ち始めた2年前、NTTの光回線からドコモの光回線のプランに変更していました。

それまでより安くなることもありますが、いろいろ統一してた方が管理しやすいかな?と思いました。



ちょうど年末にスマホの契約更新の案内が来て、ずっと迷っていた固定電話の解約をしたいと主人に伝えました。

子供達がまだ学生だから、(主に学校連絡用として)固定電話いるよね?ってずっと思っていました。

でも、私が家にいない時間が多いので、学校からの連絡は携帯の方へお願いしています。

じゃ、固定電話いらねんじゃね?

固定電話にかかって来るのは、勧誘の電話ばかり。

わずらわしさだけ。



ただ、問題はWifiでした。

光電話に入っていたことで、Wifiの機器もその会社からのレンタル。

電話をやめるとなると、新しくどこかとWifiの契約を結び直さなきゃ。

いろいろ調べて主人に相談してみたものの、なんだか右から左なんですよね。

契約者が私ではないので、私が勝手に動けないし。

これからお金もかかるし、私たちも歳をとる。

生活の余計な部分はフットワークが良いうちに整理した方が良いと思うんだけどな。



動かないんだったら、のちのち1人で全部しなさいよ!!

そう思っていた今月、「ドコモ行って聞いて来るわ」。

突然、主人がそう言いました。

彼が全部やってくれるのかと思いきや、「時間ある?一緒に行こう」。

そうおっしゃる。

今日はね、家族がみんなOFFですが、私はそれなりにやりたいことがあるんです・・・。

でも、仕方ないのでご一緒しました。



固定電話の解約手続きをして、Wifiの申し込みもして、ついでに家族のスマホプラン見直しをして。

14時にドコモショップへ行って、帰宅は18時すぎ。

半日終わった・・・(涙)。

これが高齢になってからでは、きっと大変だったろうな。

契約も仕組みもややこしいことがいっぱいあるし。



今月末には生まれた時から親しんできた固定電話とさようならです。

まさか、自宅から電話が無くなる日が来るなんて、思いもしなかったよね。



Comment:5  Trackback:0
2020
01.21

ゲームの先にあるもの

Category: 一言
前回は我が家のキャッシュレス事情を書かせていただきました。

昨年10月から、私は楽天信者となっております(笑)。

もともと、ネットショップもAmazon1回しか使った事がありません。

ほぼ楽天。

カードも楽天。

で、楽天ポイントがたくさん貯まる。

これを家計に還元させるために、クレジットカードの支払いにポイントをあてようと考えていました。



ただ、このポイント、ちょっと曲者で。

クレジット支払いにあてられないポイントがあるんですよね。

楽天では実際に商品を買った時のポイントやカード支払いの際のポイントの他、クリックするともらえたり、○○すると何倍のポイントがもらえたりします。

楽天市場で買い物する場合は、どんな状況でもらったポイントも使えます。

でもね、そんなに楽天市場で買い物しないんですよね。

子供達のスポーツ用品くらい。



このクレジットにあてられないい大量のポイントをどうするか?(しかも期間限定)

実店舗で買う方が安い日用品を、わざわざ楽天市場で買うのもばからしい。

ネットで調べると、手数料はかかるけど、商品券を買うっていう人がいるらしい。

あとは、楽天のスマホ決済で電子マネー化すれば、普通の支払いに使えるようになると。

でもな、前回も話した事情で、スマホ決済は却下したし。

そんな時行きついたのが、楽天Edy。

waonやnanaco同様のカード型で使用できる楽天の電子マネーカード。

しかも、カードを買うのにかかる費用(通常200円か300円くらい?)が、55円のものを発見。

これなら、失敗しても良いかも~。

楽天Edyを使った時のポイント還元率はあまり良くないけど、もともともらったポイントを何にでも使えるようにするためだし。



ちょっと前にTVでポイントで美味しい物を食べたり、物をもらっている芸能人を見ていて、マメだなぁと思っていました。

その労力を他に使った方が・・・。

なんて思っていましたが、調べたり工夫したりするのって、結構楽しいかも。

私の個人的な感想ですが、たぶんゲーム感覚なんですよね。



数年前から、ドコモのdポイントが貯まるゲームをして、いつもローソンのカフェラテをポイント払いで飲んでいる私。

遊びの先にもらえる物があると、なんともお得感がします。



Comment:4  Trackback:0
2020
01.17

どうする?キャッシュレス

Category: 一言
10月から消費税が上がって、キャッシュレス・ポイント還元事業が始まりました。

クレジットカードや電子マネー、スマホ決済等々。



私はこれから子供達に(高校入学・大学入学で)大金がかかる身ですが、消費税の増税は仕方ないのかなと思っていました。

税金の使い道をしっかりしてくれさえすれば。

ですので、キャッシュレスに関してはスルーかなぁと思っていたんです。



クレジットカードは基本的に海外旅行や大型家電を買う時だけ使っていました。

主人が家の買い物を全部クレジットにしたら?と言っていた事もありました。

でも、お金の管理が大変そうなのと、たくさん使いすぎること、個人情報漏えいを気にしていたので、聞こえないふりをしていました。

いつもニコニコ現金払いを徹底するようにしていました。



昨年の夏過ぎくらいから、ママ友でpaypayを始めた人がいて、おすすめされました。

ポイントすごかったですからね。

一応、その時使える状態までにはしていたものの。

ちょっと待てよ。

我が家のスマホは、パケットを家族で分けあえるプラン。

その割に、人に驚かれるほどギガ数が少ないプランです。

子供達が長期休みの時など、よく月末に速度制限がかかります。

親は大変な思いをしますが、子供達が使いすぎないように、プラン変更はしません。

リビングにはwifiがあるので、使うならそこで使いなさいということ。

とは言え、私(+主人)が外でスマホを使う時に苦労するんですよね。

以前、コンビニでスマホクーポンを使おうとした時、上手く無料wifiに繋がらず、クーポン画面が開けない事が何度か。

で、スマホ決済は使える状態なものの、(自分の中で)却下いたしました。



電子マネーは以前からイオンでwaon、セブンでnanacoを使っていました。



波に乗らないと決めていたキャッシュレスですが、ワイのワイのと周りの声に踊らされ、結局、今現在キャッシュレス生活です。

いったい今年の6月までにいくらくらいプラスになるのか?

確かめてみたくなりました。



昨年の10月にまずは楽天のクレジットカードを作りました。

このカードから全ての買い物をしようと決めました。

ただ、クレジットカードよりも自社のポイントカードの方がポイントがたまるお店もありました。

日々だいたい買い物する場所は決まっているので

よく行くスーパー → 楽天クレジットカード

お酒・ジュース・お菓子を買うディスカウントスーパー → そのお店のポイントカード利用のため、ここだけ唯一現金払い

ドラックストア(一点集中 多店に浮気はしません) → そのお店の電子マネーカード

イオン・ファミマ → waonカード

セブン → nanacoカード

ガソリン → スタンドのクレジットカード

とこんな感じで、10月からほぼ現金を使わない生活に切り替えました。



今現在、ポイントはどんな感じかって言いますと。

waon・nanacoの電子マネーはちょこちょこしかポイントが貯まらないし、それをちょこちょこ使っているので、キャッシュレス還元で商品の少しの安さは感じますが、ポイント的にはビックリするほどでもないかな。

ディスカウントスーパーもそんな感じです。

ドラックストアでは、ポイントがたくさん貯まるようになりました。

10月からポイントで2,000円~3,000円の買い物はしています。

ガソリンはもともとカード払いなので、年に2回くらいのペースで1,000円分の商品券をもらっているのは変わらず。

残るはクレジットカードですが、楽天カードなので新規の時に大量5,000ポイントがもらえました。(8,000ポイントの時期もあると職場の子が後で教えてくれました、とほほ)

その他、10月~12月までで10,000円以上のポイントが付きました。



これを多いと思うか少ないと思うかは人それぞれだろうなと思います。

私的にはまぁまぁかな~、というところ。



さてこれを6月まで続けたら、いったいいくらくらいになるのか、お楽しみ。



Comment:6  Trackback:0
2019
12.25

人として優しくなりたいです

Category: 一言
続きです。


今年の目標は、両親の顔を今まで以上に見に行くことでした。

でも、その目標は果たされることなく、1年も後半に入りました。



子供達が親を必要とすることが減ってきて、親離れをしようとしていると感じます。

日々の生活や、スポーツをやる中で私自身、体力の衰えを感じます。

そして、健康診断でいろんな結果が出てきます。

あ~、もう昔とは違うんだ。

やっとそう思えたのが今年です。

私自身(誰しもそうですが)、いつどうなるか分からないんだな。
(別にたいした病気とかではないですけど、いろいろ見つかったので)

あ~親も歳をとる訳だ。

私がこんなだと、親なんてもっと先がどうなるか分からないじゃん。

きっと、今動かないと後悔する。



今年後半になり、具体的な目標を最低月1回は父母に会いに行くこととしました。
(ハードルは低めからです)

行った日は手帳に書くこと!!(そうするとはっきり覚えてて言い訳できませんから)

早速2回目で達成できませんでしたが、それでも少しの時間でも会いに行くようになりました。

姉の家に住む父に会いに行き、父が不在だと、姉から門前払いされますけどね(笑)。

それでも、やらないで後悔するよりはいいや。



母に会いに行くと、いろんな方がいて、私に話しかけてくるんです。

母が私の事も分からず、夢の世界で生きているように、他の方々もそんな感じです。

きっと一番自分が大事にしてきたことを話してくれてるんだろうな、と勝手に思っています。

母たちは、ある意味幸せなのかな?なんて思うこともあります。

一番心に残る時代を生きてる気がして。

それが幸せな時代なら、ずっと幸せな気持ちでいられるね。

ずっと一緒にいるわけではないから、一緒にいる時ぐらい何度でも幸せな頃の話を聞こう、そう思っています。



取り返しがつかなくなる前に気付いて良かった。

環境がそうなってきたおかげもあるのだろうけど。

時間が作れる環境になったのも、何かの流れがあるのかもしれません。



今回は、自分のマイナスな部分を書こうと思いました。

ブログとか顔や実際の人物が分からない場所では、良い人でいればいいのだろうけど。

ずっと更新していなかったこともあり、少し殻を破ってみました。

破り過ぎて引いてしまってたら申し訳ありません。

でも、これが私なんだなと。

弱くても強くても、我儘で卑怯だとしても、これが一生付き合っていく私なんだと思います。

自分と向き合い、悪い部分から目を逸らさないで認めること。

認めたうえで、その後どうしていくか考える事。

そうできなければ、自分以外の人を本当に認めることなんてできないんじゃないか、そう思うようになりました。

自分自身にさえ、変なプライドからか言い訳をして、結果的に問題から逃げる、もうそんな段階ではないんじゃないか、そう思いました。



今年の毒は今年のうちに吐き出しちゃいました。

すいません。

お付き合いいただき、心からありがとうございました。



それでは、みなさま良いお年をお迎えください。

201912空


Comment:4  Trackback:0
2019
12.25

人として強くなりたいです

Category: 一言
昨日の続きです。



今でこそ高齢出産で子供を産む人が多いですが、私の親たちの時代はあまりいなかったと思います。

私は歳の離れた末っ子で、小さい頃よく父といると「おじいちゃんと一緒で良いね」と言われました。

母の事は好きだったし、お弁当はどの家よりも美味しいと思っていましたが、周りの若いお母さんの中で、いつからか母といることに恥ずかしさを感じていました。

だから、私は自分が結婚して子供を産んだら、たとえある程度年齢が上であっても、若くキレイなお母さんでいようと20代の頃から身体を鍛えたりしていました。



姉にいろいろ言われる度、私のどこに親と子どもと両方見る時間があるの?と思っていました。

自分は子供も社会人になって、時間も自由がきくけど、私自身具合が悪くなっても病院へも行く時間が取れないのに。

すると姉は

「忙しい忙しい言うなら、子供を2人も産まなきゃよかったでしょ」
「もっと早く結婚すれば良かったじゃない」

おいおい。

「因果応報ってことなんだよ」
「あなたがそんなだと、あなたの大事な人に何かあるよ」
「だから子供が怪我するんじゃない」

私自身の事なら何を言われてもガンマンしますが、子供を巻き込むのは止めてくれ。

確かに私も悪い。

だけど、ひどすぎやしないかい。

堪らず

「因果応報、そうかもしれないね」
「だけど、そうやって言葉に出して言うことは、必ず自分に帰って来るよ」
「だから、言葉には出さない方がいい」

そう言うと姉は黙りました。



こんな話ばかりで、姉との電話の後はいつも泣いていました。

そんな私を子供達も見ていました。

姉は私の子供達、特に娘を可愛がってくれていました。
(女児より行動が雑な男児はどちらかと言うと嫌いなようで)

だけど、そんな私を見ていて、子供たちが今まで通り懐くわけもなく。



今現在、母は施設にいます。

姉は悩んだようですが、このままだと姉の方がおかしくなってしまう。

冷たいようでも「入れた方がいいよ」、それが私の判断でした。

最終的に母を施設に入れることを決めたのは、私と言う形になりました。



母はもう私の事は娘と分かりません。

私が会いに行くと「まぁきれいな人ねぇ」と顔をじっと見ます。



姉はよく「お父さんもお母さんも、もういい年なのよ!!」と言っていました。

数字では分かるけど、私にはその実感がなかったんです。

変な話、私自身が歳をとったなんて感じていなかったんですから。

私も変わらないし、だから両親も変わらないはず。

そう思い込もうとしていたような気がします。

だからなおさら、変わっていく両親の姿も見たくなかったのだと思います。

こんな事あるはずない。

こんなのお母さんじゃない。

あの時みたいに笑ってほしいな、あの頃みたいに楽しく過ごそうよ。



この1年、毎日のように考えていました。

どうして自分はこうなのか。

言い訳をせず、悪いところは悪いと認められるようになりなさい。

現実を、現実をきちんと見れる目を持ちなさい。

なぜ私は非難されるのか、原因は分かっているはず。

相手の立場をよく考える事。

子供達に言うようなことを、自分自身に向かって言い続けていました。




Comment:6  Trackback:0
back-to-top