FC2ブログ
2013
12.19

気弱な私も夢が見たいじゃない?

Category: 一言
昨日の夕方、もう出かける気もなく夕飯を作っておりました。

すると、また子供からノートがないの申し出が。

余裕をみて買っておくんだよ っていつも言ってます。

しかし、学習しない彼ら。

仕方なく、AEONへ。そしたら、母も買っちゃいました。

まったく買う気のなかった物。その名は「宝くじ」。

子供が産まれるまではよく買ってました。

ある時、宝くじを買うお金で、別のもの買った方がいいじゃん! と気づき、それからは買ってませんでした。

見果てぬ夢を追うよりも、堅実に働こう、と。

しかし、最近の母、楽しみがありません。

もちろん当たれば一番いいのでしょうが、当選発表までの期間が大事。

当たったらどうしようかなと考えるのが、ワクワク楽しい。

と言うことで、今年はワクワクしようと決断。

結構遅い時間でしたが、売り場にはなかなか長い列ができておりました。

みなさん、万単位での購入。

みんなお金持ちなんだなぁ~なんて感心して見ていると、私の順番が。

母:「年末ジャンボミニ、バラで10枚ください」

どこまでも気弱な私。少し買うのが恥ずかしかったです。

でも、この10枚であと2週間夢が見れるよね。

2013宝くじ


Comment:4  Trackback:0
2013
12.18

思い出オーナメント

Category: 行事
先週土曜日の子供クリスマスパーティーの日、少しでも気持ちを盛り上げてもらおうと、慌ててクリスマスの飾り付けをしました。

2013クリスマス1


あまりセンスが良いとは言えませんが、我が家では、その年々の思い出の品を飾っています。

「これは、〇〇からもらったんだよね
「この帽子キューピーちゃんがかぶってなかったっけ?

なんて話が毎年できるように。

昨年はここに、子供たちが小1の頃作ったリースや松ぼっくりなんかを並べていました。

が、今年は省略。
(慌てたらリースの飾りがとれちゃった&松ぼっくりを選んでる時間が・・

 2013クリスマス2 
 ← 小さい子が1人くらい入れそうなほど大きな靴下。

 デカ靴下を飾った最初の年、
 「この靴下にプレゼント入れてくれるかな?
 と子供たち。

 期待に応えるべく、母プレゼントを押し込めようと
 頑張りましたが、入らず・・。

 一度もこの靴下にプレゼントを入れたことはありません。

そして最後はクリスマスツリー。

我が家のツリーは、私が独身の頃、父に買ってもらったもの。

父からクリスマスプレゼント何がいい?と聞かれた20代の私は迷わず「ツリー!」。

オルゴール付、回転する、ライトもすでについている優れものですが、なんせ小さい。

それに、オーナメントが壊れたり、なくなったり。

でも我が家のツリーには、子供たちの思い出オーナメントが飾られています。

2013クリスマス3



子供たちが大好きだった動くサンタカーやキーホルダー。
 
2013クリスマス4 





 息子の保育園カバンについていた魚のキーホルダー。

 2013クリスマス5

        
          

         保育園の頃作った折り紙飾り。

いつの頃からか、子供たちが自分の好きなものをツリーに飾り始め、これもまたいいかなと毎年こんな感じになりました。

本来、クリスマスツリーの飾りには、一つ一つ意味があるそうです。

それを全く無視のオーナメント。

しかも、最近は色を統一しているきれいなツリーをたくさん見かけます。

お店に行くたび、今年こそ新しくて素敵なツリーが欲しいなと思いますが、それはもう少し先になりそうです。

もうしばらくはこのままで。


Comment:2  Trackback:0
2013
12.17

市販のルーって素晴らしい

Category: 食べ物
最近、我が家の定番メニューとなりつつあるクラムチャウダーです。

2013クラムチャウダー

カレーやクリームシチューを作るのと同じようにお手軽に作れるのが、母嬉しい。

しかも、野菜だけでなく、魚介類を入れるところがいいです。

なかなか海の物を食べない子供たち。

でも、クラムチャウダーに入っている海老やアサリなんかは喜んで食べてくれます。

クラムチャウダーと言えば、モスバーガーやちょっとしたレストランに行った時しか食べられないものだと思っていた私。

大好きで、もっと食べたいけど、「外でおかわりなんかできないっ」といつも思っておりました。

でも、自宅で作れば食べ放題。

寒い冬はあったまるし、幸せ気分を味わえるメニューです。


《余談》
本当は具材にベーコンを入れるそうですが、ない時はハムとか入れちゃいます。

ちなみにこの日は、ウィンナーを切って入れました。

何を入れても、美味しくできちゃう市販のルーって素晴らしい。


Comment:10  Trackback:0
2013
12.16

師走に走るっ

Category: 行事
土曜日に、娘がクリスマスパーティー&お誕生日パーティー(娘のではありませんが)を開きました。

この会、様々な名目で何度か開催されています。


思い起こせば11月も終わるある日、娘が12月に我が家でクリスマス会をしてもいいかと聞いてきました。

もうすでに何軒かのお宅にお邪魔していることを考えて、OKしました。

のちによくよく聞けば、もう1軒候補にあがっていたお宅は却下したとのこと。

ただでさえ忙しい師走。雪も降り、移動も一苦労。

コップやら、皿やらお菓子やら用意する物は盛りだくさん。

しかも当日、休みだと思ってた旦那さんは仕事。

息子のサッカーの送り迎えもあるし、どうする母?!

引き受けたことをちょっと後悔


~ そして、土曜日 ~

朝から、オモチャ部屋になっている和室の道具を全部2階へあげて、コタツのせいで居場所のなくなったソファも和室からリビングへ戻し、大忙し。

息子をサッカー練習へ送り、その帰りにミスドのチョコツリーとベリーツリーを人数分購入。
(スヌーピーのクリスマスツリー型のドーナツです

部屋のセッティングをして、お友達が来るのを待ち、再びサッカー練習場所へ。

ようやく、ホッと一息ついたサッカーからの帰り道、娘からの電話。

娘:「人数が増えてドーナツが足りないの。どうしよう。
母:「買って帰るから、ちょっと待ってて。
娘:「うん

ドーナツを買って家へ帰ると、和室の中は大混雑。

11人もの子供たちがひしめき合って遊んでおりました。

結局、一部屋では収まらず、リビングも開放。

お邪魔な母は、2階の大掃除。

楽しい時間はあっという間。全員が帰った後は、嵐が過ぎ去った後のようでした。

でも、楽しさの余韻がたくさん残っていて、大変だったけど良かったなぁと思いました。

そして和室には、子供たちが持ち寄って食べきれなかったお菓子やジュースが山盛りに。

息子曰く:「ちょっと早いサンタが来たみたいだ」だそうです。

まぁなんと言ってもこの日の収穫は、大掃除がはかどったことでしょうか。


Comment:8  Trackback:0
2013
12.13

ドキドキが止まらない12月

Category: 行事
2013クリスマスプレゼント2
今日の新潟またまた真っ白です。

昨日の昼から降り続いた雪は、夕方にはすっかり街の景色を変えていました。

2013クリスマスプレゼント3
 今朝、車の温度計を見たらなんと2℃。

 寒いです。

 ついに本格的な冬がやって参りました。

さてさて、日々ドタバタな我が家。またしても昨日の夕飯時、

娘 :「クリスマスプレゼント決まったよ
母 :「(えっ?!)
母 :「クリスマスギフト券じゃないの?前回記事での話
娘 :「ううん、〇〇が欲しいの
母 :「もうサンタさんに頼んじゃったよ。変更できないよ。
娘 :「・・・。 じゃいいや、券もらったら、すぐ買うから。
息子:「もう言っちゃったから、変更できないんだよ~。

2013クリスマスプレゼント私、作りました。サンタさんからの手紙。

クリスマスプレゼントとしては夢のない
「ギフト券」。

娘のプレゼントが決まらないので苦肉の
策です。

なるべく夢を壊さないようにと、時間がない中、一生懸命作りました。

夜、旦那さんにこの会話を話すと、「前からそう言ってるよ

それなら、早く言ってよ!!! 誰がプレゼント用意するのよ。

この雪の中、欲しい物が見つかるまで探すの母ですけど。

旦那さんが知っていた以上、変更は許可することにしました。

今日から、プレゼント探しの旅が始まります。


姉に「変更できないんだよ~」なんて言ってた息子。

数日前のことがあったから、この発言です。

私が息子のクリスマスプレゼントを買いに行った時の話。

店で探すと、もう残り1つ。

良かったとその1つを買い、家に帰った途端、「ぼく、欲しいもの変わったよ

なにぃぃ~。 変更不可と言われ、半べそをかいてた息子。

その夜、最初に頼んでた物をサンタさんが持って来る夢を見たそうです。

「夢でとっても楽しかったから、最初のでいいよ」ですって。

毎年恒例行事ですが、クリスマスプレゼント心臓に悪いです。


Comment:10  Trackback:0
back-to-top