FC2ブログ
2014
11.20

届かないハガキ

Category: 一言
私の中学校は小中一貫校になり、現在はもうありません。

歴史の古い学校だったし、子供も多かったので、今だになくなったことが信じられませんが。

学校がなくなるのを聞いたのは、子供が保育園の頃。

たまたま同窓生のママがいたんです。

何年も同じ保育園だったのに、お互い気付かなくて。

せっかく気付いたのに、しばらくすると、そのママは引越して行きました。

彼女が引越す前に、母校がなくなると聞きました。

名前をよく知る当時の友人たちが、大同窓会を企画しているとも。

同窓会の連絡するから、と言って彼女は行きました。

でもそれから数年、彼女からの連絡はありませんでした。


ほんの2週間前、小学校からの友人よりメールが来ました。

友人:「Facebook で、中学の同窓会の受付してるよ。」
   「Facebook はやってる?」

私は仕事で Facebook はしているものの、お恥ずかしながら、個人でSNSは全くしていません。

そう友人に送ると、

友人:「〇〇(私)みたいに、結婚して他の町に住んで、
    実家もすでに元の場所にないと、ハガキも届かないもんね」

どうやら、友人のところにはハガキが届いたようでした。

時が流れたことを寂しくも感じ、あ~実家が動くってこういうことなんだと思いました。

その友人に Facebook から申し込んでおくから、一緒に行こうと約束して、その日のやり取りは終わり。

なのに、忙しさにかまけて、今だに申し込みをしていません。

そんな昨日、自宅に帰り、郵便物の確認をしていると、見慣れない封筒。

送り主は”〇〇中学校同窓会 幹事”になっていました。

中を開けると、届け主がいなくて返送になってしまったハガキが。

中学校の同級生の何人かは、今も連絡を取り合っています。

きっと、その誰かから聞いたのでしょう。

私は、その封筒を見た時、ものすごく嬉しかったんです。

地元にもいないし、実家もないし、何となく置いてけぼりのような感覚。

それを誰かが、きちんと探してくれたこと。


さてはて、皆さんどんな姿・形に変貌しているか、こうご期待です。



Comment:8  Trackback:0
2014
11.19

真っ赤だな

Category: 植物
ここ数日の雨風で、現在はだいぶ散ってしまいましたが、一週間前の我が家のもみじ。

毎年、秋を感じさせてくれます。

201411もみじ

日本の四季は素敵ですね。

寒くなってきて、引きこもりになりたいところですが、草木が呼んでます。

「私たちを見て」と。


Comment:8  Trackback:0
2014
11.18

「食いしん坊」は恥ずかしい

Category: 子供
以前にもチラッと書いた小学校の職業体験。

金属加工の我が町には、金属を磨くする人、加工する人がたくさんいます。

その他にも、パン屋さんお料理屋さん日本舞踊の先生のところ、いろんな場所から子供たちが好きなところを選んで、体験へ行きます。

娘の時は、1度、キセル作り名人のところへ行きました。

後継者がなく、名人の代で終わりかもなんて話をしてくれました。

息子は2年生の時、お料理屋さんへ行きました。

201411職業体験
※画像はイメージです

彼の目的は、試食。

美味しいものが食べれると思ったそうです。(いえいえ、作るのが目的ですから!!

帰って来てから、美味しい料理の名を連ねて、その中でも「ゆずシャーベット」が一番だったと話してくれました。

息子:「〇〇さんで食べたゆずシャーベット、すっごく美味しかったんだ
   「でも、スプーンに一杯だけで、もっと食べたかったぁ~

母、何度もこの話を聞かされました。

そして今年、息子たちは何故か2度目の職業体験。(娘たちの時は1度きり)

 母:「今年の職業体験は、どこ行くの?

息子:「〇〇さん(昨年と同じ)

 母:「あのさ、職業体験って、いろんなとこを回って
    こんな仕事があるって経験するんだよ

息子:「分かってるよ

 母:(お前は、〇〇さんの弟子になるの?

このお料理屋さんのご主人と私は、一緒にバレーボールをしているチームメイト。

そこで

 母:「今年もうちの子、○○さんへ行くって
   「ぜったい、ゆずシャーベットが食べたいんよ

ご主人:「あっはっは、今年は何作ってもらおっかな?

 母:「もう、弟子にしてやって
   「2年連続、同じとこ回るの、〇〇(息子名)くらいだよ

ご主人:「いっぱい作ってもらうよ

201411ゆず1


~ 職業体験 帰宅後 ~

息子:「ママ、今年もゆずシャーベット食べたよ、いっぱい

 母:(ママがお願いしたからだよ、バカ
   「良かったね

息子:「里芋の揚げたのでしょ、熱かったけど美味しかったぁ
   「後ね、菊も食べたよ 」(新潟のこの地域では食用菊を食べます)
   「今日ね、給食が美味しくなかったから、いっぱい食べてきて良かった

 母:(そこじゃないだろ 

ぜったい料理人にはならないだろう、我が息子。

美味しいものが食べたいがために、選んだ職業先。

食べたいだけなら、パン屋さんでも釜飯屋さんでもいいでしょうよ。

この後、再びお料理屋さんのご主人に会うと

ご主人:「めっちゃ、いっぱい食べてたよ

  母:(

先生にも同じことを言われ、はっ恥ずかしい

ちなみに、ご主人は、簡単だよと「ゆずシャーベット」の作り方を教えてくれました。

なので、先日ゆずをもらった時に、悩んだんです、母でも作れるかどうかと。

でもね、いざ作ろうと思ったら、作り方忘れちゃって・・母もバカ。

この親にしてこの子あり・・なの?


Comment:8  Trackback:0
2014
11.17

あだ花に終わる

Category: 行事
私、バレボール大会に出場しました。

リーグ戦から決勝トーナメントへ勝ち上がるこの大会。

我がチームは、リーグ戦全勝したものの、失点差わずか3点で決勝トーナメント出場なりませんでした。

バレーの3点て、僅かな差だと思うのですが、大きかった。

時間の都合上、リーグ戦は総当たりでないので、直接対決なくして、勝率・失点で1位のチームが決勝リーグに上がりました。

なんだかね、せめてジャンケンでも直接勝負したなら、諦めがつくものを。

勝負の世界は厳しいです。

201411松ぼっくり


毎年決勝トーナメントへ行っていたので、まさかお昼を食べて解散になるとは思ってもみず、ふいに時間が空いてしましました。

この同じ日、娘も少年団の運動会へ参加していました。

201411少年団運動会


毎年、バレー大会と少年団運動会が重なるので、一度も見に行ったことがありません。

きっと、神様が「見に行っておいで」と言っているんだわ。

運動会会場へ着くと、いつもでは考えられない、多くの車が駐車場を埋め尽くしていました。

中に入っても、大量の保護者。

うわ~、みんな見に来てるんだ。

バドミントン関係者の席へ行くと、よそのママさんが

ママさん:「もうすぐ、〇〇(娘)ちゃん走るよ

   私:「ほんと?!ナイスタイミングだね

競技は障害物リレー、最終競技でした。

さすが地元の子供ばかりが集まっているだけあって、見知った顔もたくさん。

声がかれるほど応援して、盛り上がりました。

娘は、1位でバトンをもらいましたが、最初の網くぐりで、すぐに3番手に落ちしましました。

彼女の後世まで語り継がれそうな網くぐり。

普通はね、網を手で上に押し上げながら頭を入れて、前へ前へ進むと思うんです。

娘の場合は、手が体の下。

見事な軍隊の匍匐(ほふく)前進でした。(ホントに綺麗な匍匐前進で、別の意味で関心

あれじゃ、前になかなか進めないよね。


思いの外楽しかった運動会を終えて、その後、バレー大会の打ち上げに参加した母。

今日は月曜日なのを頭の片隅に置きながらも、ついつい遅くなってしまいました。

現在、油断していると夢の世界へ引きづりこまれそうです。


Comment:10  Trackback:0
2014
11.14

バケツと拳銃

Category: 行事
今週も、息を切らせながら、やっとこさ今日が最終日。

山を登り切った達成感です。

こんなにゼェ~ハァ~してるのは、先週末の休みが休みでなかったから。

娘の大会や、小学校の音楽会。

毎年、打楽器を演奏していた娘ですが、今年は大太鼓のオーディションに落選して、リコーダーでした。

息子は言わずと知れた、その他大勢リコーダー。

息子:「いんだよ、リコーダーやりたいんだ

とのこと。

母的には一度でも、目立つ楽器をやってみて!と思いますが。

前日からの疲れで、音楽会のお弁当作りのための早起き、けっこう辛かった。

どうせ、親も行くんだから、昼に間に合うように私が後で持って行く・・。

そんな悪魔のささやきも。

でもね、やっぱりみんなと一緒がいいよね。

子供たちを送り出した後、しばらくして、母も出動です。

音楽会の場所取りのため。

運動会の場所取りから始まって、難儀なことです。


息子の発表は隣の子とじゃれあいながら、なんとも楽しそう。(いいのか?それで

そしてまさかの「NIKE」繋がり。

2人とも「NIKE」のトレーナーで、ロゴが蛍光。

笑えたけど、見つけやすくて、Goodでした。

次は娘の発表。

口頭で、曲の説明が始まりました。

こんな長い文章をよく覚えたなと感心しながら聞いていたら、ん? 聞き覚えのある声。

娘でした。

そう言えば、最初の言葉を言うと言っていたっけ。

もっと集中して聞くんだった。(←母寝ぼけすぎ


音楽会も無事終了し、帰り際、児童玄関で知り合いのママに会いました。

とっても慌ててる様子。

  私:「どうしたの?

ママ友:「今、お弁当持って来たの。作るの間に合わなくて

  私:(同じ考えの人がいた!!けど、もう昼だよぉ~


この後、娘をバトミントンの合宿へ再度送り、母も手伝い。

は~あ、ちかれた。


この怒涛の週末からほぼ一週間。

現在、私の頭を悩ませているのは、息子の一人演奏会。

仲のいい子が演奏した小太鼓をまねて、朝でも晩でもバケツを太鼓に、拳銃をステッキにしてミッキーマウスマーチ。

息子:「上手にできたぁ~

と毎回、悦にひたっております。

大変騒々しいのですが、音楽に興味が出たのはいいことだと、エア耳栓をしつつ、バシバシ音に耐えている健気な母でございます。



Comment:10  Trackback:0
back-to-top