FC2ブログ
2014
11.13

なんか へん

Category: 食べ物
すっかり、山形土産のご紹介を先延ばしにしていたので、本日は「さくらんぼチョコクッキー」のお話。

201411さくらんぼクッキーさくらんぼクッキー3

(画像は引き延ばして使ったので、不鮮明ですいません

201411さくらんぼクッキー2


袋から取り出すと、表はこんな感じ。

さくらんぼのチョコがコーティングされています。

201411さくらんぼクッキー1


チョコがコーティングされているのは、表だけ。

裏は普通のラングドシャクッキーです。

ラングドシャ生地のクッキーは大好物ですが、これはとても薄くて、味わえない感じ。

さくらんぼチョコも、「言われてみれば、さくらんぼかな 」くらいです。

一箱にたくさん入っていましたが、もう少しクッキー生地を厚くして、チョコもさくらんぼ感を出した方が良いかも。

たくさん入っていただけに、2枚一緒に食べたら、美味しさUPかもしれません。

(本日、全体的に画像がぼやけ気味ですがご了承ください 


~ 追記 ~

記事を書いた後、ネットを見たら、もしかして・・。

もしかして、我が家がもらったクッキーは、チョコ部分が1度溶けて、固まったのかも。

チョコの付き方もまばらだし、裏面にもチョコがついていたし、粉っぽい感じもしました。

ここから学ぶこと。

チョコ製品を買う時は、くれぐれも溶かさないように持ち帰らねばですね。
(いただいておいて、ごめんなさい


Comment:8  Trackback:0
2014
11.12

ぷち ハイソ

Category: 食べ物
娘のバドミントン大会のお手伝いのお礼に、「いただきものだけど 」とゆずを5個もらいました。

201411ゆず1


「いい匂い 」ともらって来たはいいけど、これどうすればいいの

ゆずって高級なイメージ、もちろん自分で買ったことなどありやせん。

と旦那さんが

旦那さん:「お風呂に入れたら

   私:「そうね、そうしよう

で、この日はゆずを浴槽に2個入れて、ゆず湯。

お風呂場から脱衣所のみならず、お風呂に入った者の身体から、ゆずの香りが漂っていました。

また翌日、

息子:「今日はお風呂に、ゆず入れないの?

 私:「えっ、今日も入れるの?!

息子:「うん

2日続けて、ゆず湯。 

この日は1個使用。

さすがに、毎日ゆず湯で使ってしまうのももったいないので、何か料理に使いたい。

いろいろ考えました。

息子が学校の職業体験で行ったお料理屋さんの「ゆずシャーベット」が美味しかったと言っていたよな、とか。(この話、機会があればまた記事にします。若干笑えるので。

考えあぐねた結果、結局これ

201411ゆず2


漬物・・。

普通は大根だけで作るようですが、キュウリがたくさんあったので、オリジナルで。

調味料だって、目分量。

しかし、美味しかったんです。(適当だったので、ちょっとビックリ

売ってるのと同じような味。(←自画自賛

ゆず料理(?) 初挑戦は、成功したようです。

さて、残りの1個は、何に使おうかな。


Comment:10  Trackback:0
2014
11.11

くぅ~ ガンバレ私

Category: バドミントン
先日行われた、娘のバドミントン大会&合宿。

合宿初日に大会が行われました。

残念ながら、合宿2日目は学校の音楽会出席のため、娘が合宿に参加できるのは、1日目の夜まで。


大会当日、選手宣誓を娘と娘と同じクラブの女の子が行いました。

突然言われたので、彼女たち大慌て。

何とか、宣誓を無事に終わらせることができ、一安心。
(見てるこちらもハラハラしましたよ

201411大会


この日、娘のクラブは主催クラブだったので、私、お手伝いで忙しかったです。

娘の試合も、ほとんど見ている時間はありませんでした。

本部席から、チラッチラッとチラ見。

娘は、母に見られていないせいか順調で 決勝戦まで勝ち上がりました。

しかし、健闘むなしく準優勝に終わりました。

201411大会2


そんな感傷に浸っているヒマもなく、母が大変なのはここから。

合宿の買い出しと、夕食準備が始まります。

子供たちのためだ、ガンバるっぺ。

最近、フットワークの悪さが気になりますが、何とかこの日をクリアすることができました。

良かった良かった。

次は、明日の音楽会弁当から、1日がスタートじゃ。

「気合入れて、頑張ろう 」と自分に鞭打つ母でございました。


Comment:8  Trackback:0
2014
11.10

さようなら、ありがとうございました

Category: 一言
さすがに過ごしやすい11月、行事がテンコ盛りです。

バドミントン大会に学校の音楽会。

でも、今日は少し別の話を。


ブログをやっていると、色々な方とお知り合いになります。

ほぼ毎日、コメントのやり取りをしていると、まるで友人のような気分になるのは私だけでしょうか?

年齢の近い方なら、友人のよう。

少し先輩なら、いろんな事を教えてくれる姉や兄のように感じます。

先週、あるブロガーさんが亡くなられたようです。

201411空1

詳細は分かりません。

非常に動揺しました。

最初は、冗談とか、別の人にブログを乗っ取られたんじゃない?!とか思いました。

でも、それきりパタリと、その方の声は聞こえなくなりました。

「なぜ?なぜ?」がたくさん、と同時に何もできない自分に気付きます。

小さい頃から知っている遠くの親戚のおじさん。

遠くへ嫁に行った学生時代からの友人。

たぶん、その人たちを亡くすより(不謹慎ですいません)、自分にとっての衝撃が大きかったことに気付きました。

毎日話す人、何となく身近に感じていた人が、フッといなくなる。

それなのに、「なぜ?」を確かめる術も持っていないこと。

「わからない、わからない」が頭の中をグルグルして・・。


ネットでの繋がりって、実態はないけれど、浅いようで深い。

私はそう思います。

そして、困った時は「困ってる、助けて」と言われなければ、分からないんですね。

ネットの中で、普段言えないことを言う人。

逆に自分をあえて明るく見せる人、いろんな人がいます。

その中で、相手の力になることはとても難しいんだ。

会って話していれば、顔が見えなくても、電話で話していれば。

でも、それがないのが前提のネット社会。

辛いですね。

201411空2


きっと、お空の上から見て笑ってらっしゃいますね。

励ましていただいたり、いろんな事を教えていただいたり、ありがとうございました。

お話をして、嬉しくて涙が出そうになったこと。

プッて笑っちゃうこと、いっぱいありました。

たった1年足らずの短い期間でしたが、楽しかったです。

どうか、安らかにお眠りください。

やっと、さよならの言葉が言えました。

なかなか気持ちの整理がつかなかったのですが、少し前進した気がします。

ここまで、読んでくださった方々、ありがとうございました。

明日からはまた、いつものようなブログに戻ります。

今日は、すいませんでした。


Comment:12  Trackback:0
2014
11.07

まだまだ ちゃ豆

Category: 食べ物
昨日の山形土産 part2 です。

”だだちゃ豆煎餅”。

201411だだちゃ豆煎餅1

箱の中には大袋が4つ。

その中に、この2枚入りの袋が5袋入っていました。

思っていたよりは、薄焼きな感じ。(どれだけ欲張りなんじゃ

201411だだちゃ豆煎餅2


こちらも、昨日ご紹介した”だだちゃ豆餅”と同じく、おせんべいの中に、だだちゃ豆のプチプチがたっぷり。

食べると、ちゃ豆の味が口いっぱいに広がりました。


新潟県でおせんべいと言うと、お米で作られた物を想像します。

この”だだちゃ豆煎餅”は、いわゆる卵煎餅のような、どちらかと言えばクッキーのようなおせんべいでした。

茶豆が好きな人には、たまらなく美味しいおせんべいだと思います。

こんな風に申しますのは、かぼちゃ同様、茶豆のお菓子は苦手なんです。

栗、さつまいもスイーツは大好きなのに、かぼちゃ、茶豆はそのまま楽しみたい我儘さ。

我が家にあるお餅とお煎餅は、旦那さんと子供たちが美味しくいただいてくれることでしょう。


Comment:6  Trackback:0
back-to-top