FC2ブログ
2015
12.18

郷土を誇りに

Category: 子供
12月に入ったばかりの頃、「燕ジュニア検定」の表彰式がありました。

「燕ジュニア検定」とは、燕市の歴史や文化などのを学ぶため、市内の小学生を対象に燕市が行っている検定試験です。

A・B・Cクラスで難易度が異なり、一番難しいのはAクラス。

クラスの中でも点数に応じて、A1級・A2級などと分けられています。

この日の表彰式に出席したのは、Aクラス90点以上1級者と満点獲得者。

娘、C・Bクラスとも満点でクリア済み、残るはAクラス。

残念なことに結果は99点。

1問間違いで満点獲得を逃しました。

この日、満点者は一人一人賞状をもらい、A1級者は代表が賞状をもらうことに。

ギリギリまで知らなかったのですが、代表に選ばれておりました。

201512燕ジュニア検定表彰式1

おしかったけど、良い想い出ができましたね。

この日は燕市長も出席。

201512燕ジュニア検定表彰式2

この検定ですが、「こんなん勉強してどうすんの?」な子もいるようです。

でも、私はよい取り組みだと思います。

私たち大人が、自分の生まれ育った土地の事をどれほど知っているでしょう。

これから、県外や海外へ出ていく子供達。

「あなたの出身地の事を話して」と言われた時、たくさん話せるように。

誇りを持って話せる大人になってほしいと思います。

201512燕ジュニア検定表彰式3



Comment:8  Trackback:0
2015
12.17

子供の社会 と 雪の華

Category: 一言
昨日、帰宅したそうそう

娘:「今日、友達遊び来るけどいい?

私:
  「・・・・いいよ

ただでさえ学期末が迫り、子供たちの帰宅時間が早い。

イコール、一息つく暇もない

そこに友達が来るとなると、正直・・・。

でも、いいよいいよ、楽しく遊びなさい。

てことで、娘の友人が3人。

我が家は2階に子供部屋があるものの、基本的に友人が来てもリビング脇の和室で遊んでもらっています。

キッチンにいる私からは死角になるものの、同じ部屋にいる感覚。

彼女たちは偉いことに宿題をしていました。

が、その合間の会話が面白い。

私もバタバタで、じっと耳を傾けている訳ではありませんが。

TVの話やら、好きな子の話やら、クラス内のこと。

友人:「・・・ひどいよね、絶対傷ついていると思うし

ヒソヒソヒソ。

どうやら、クラスに空気の読めない子がいるらしい。

私もよく知っているその子。

親御さんもよく知っています。

正直、お母さんはかなりきつい方。

捉え方とは思いますが、言わなくていいきつい一言を発します。

子供を介した付き合い、波風立てずに行きましょうよ。

お子さんは、もともと、おっとりしている印象。

あのお母さんなのに、似てないなぁと思っていました。

でも、子供たちの話によると、お母さんの片鱗が出てきている模様。

小さい頃から、きつく物を言われていたもんね。

そっか、やっぱりそうなっちゃうか。

今だに娘をかばってくれる優しい一面も持っているのに。

少し可哀想だなと思いました。

ただ、これは子供間の話、この時点での私の口出しは無用だと思い、口は挟みませんでした。

今後の様子を見ていこう。



今朝から新潟県、雪が降り始めましたよ。

私たちの地域では、まだまだ積もるまではいかなそうなミゾレ混じりの雪です。

今朝のBGMは中島美嘉の「雪の華」で。

201512雪
画像はイメージです

Comment:4  Trackback:0
2015
12.16

やっぱり 来るのね

Category: 季節
紅葉も終わり、長い秋から本格的な冬へと。

天気予報では、今週ついに今シーズン初めての雪マークがつきました。

いろんな弊害もあるでしょうけど、個人的には1月までこんな天気ならいいのにと思い続けた12月。

やっぱりそう甘くはありませんね。

我が家でこの秋最後の紅葉画像。(12月頭頃の画像です)

玄関に可愛らしく並んでいましたよ。

201512紅葉



Comment:10  Trackback:0
2015
12.15

気持ちのリセット

Category: 一言
昨日、車を運転していたら、急に前に入ってきたトラック。

正直イラッとしました。

その上、かなりのノロノロ運転。

もう、急いでいるのに~

なんて思いながら、ふとトラックの荷台を見ると、なんか書いてある。

よ~く目を凝らしたら

201512トラック

分かりますか?

アンパンマンと仲間たちですよ。

それを見たら、きっとドライバーさんはいい人なんだなぁなんて。

勝手に解釈して、イラッと気分も吹っ飛びました。

師走もそろそろ大詰め。

道行く人はせかせかそわそわ。

そんな中、見せてくれたアンパンマン。

ホッコリした気持ち、ありがとうございました。


Comment:6  Trackback:0
2015
12.14

勝ちを繋げ

Category: 子供
小学校で市内バスケ大会が開催されました。

娘は6年生女子チームで参加しました。

ここまで2か月、長かったぁ。



まず、送り迎えが大変でした。

学校へ直接迎えに行かないと、夕方の習い事に間に合わない。

娘の宿題問題もありました。

バスケの練習 → 夕飯 → 習い事 → 帰宅10時

我が家はできれば9時半、娘は最低でも10時半までには寝てほしい。

寝る時間を守ると、バスケ&バドミントン練習日は、学校の宿題をしている時間がない。

朝早く起きてやったりもしてましたが、疲れているせいか起きれない。

よくケンカしましたね「何でも中途半端。やることを選べ」と。

そして、キャプテン就任を内緒にしてた話。

バスケ練習に付き合ってあげたこと。

2か月前は、足の故障で医者にも通っていましたし。

たった2か月、されど2か月。



練習試合後、またシュートが入るようになったと言う娘。

スタメンで出場できたようです。

実は息子サッカーの遠征が近いため、話し合いに出なくてはいけなくて、娘の大会はところどころしか見れませんでした。

昨年、5年生チームで出場した時は1回戦負けでした。

6年生になった今年、1回戦を大差で勝利。

2回戦。

私が会場に駆けつけた時には、すでにダブルスコア以上点差をつけられていました。

明らかに、相手は校外チームに入っている子達だよね、な動き。

そんな相手によく頑張りましたが、負けてしまいました。

でも結果は3位で終わることができました。
(出場チーム数が少ないので)

201512バスケ大会

シュートが入らなかった。

膝で思いきり足を蹴られたようで、湿布を貼った足。

若干うつむきがちで帰宅した娘。



褒めてあげましたよ。

いつもは持久力がない感じがしますが、この日はよく走ってた。

私が言ったことをきちんと実行してた。

練習試合の時に大量得点された理由を話していました。

それを、防ぐためにこうしなさいということ、きちんとしていました。



昨年の6年生も3位。

そして、今年はそれに応じたトーナメントの組み合わせ。

あなた達も来年の6年生に繋ぐことができたんだよ。



Comment:6  Trackback:0
back-to-top