FC2ブログ
2016
01.22

わくわく♪

Category: 一言
本日、息子の2分の1成人式に出席します。

昨日、

息子:「歌、覚えてないんだよね。練習時間が少なくて
   「あのね・・・。あっ!!これ言ったらダメだ。明日のお楽しみにしなきゃ

などなど申しておりましたので、楽しみに行ってきたいと思います。

今日は少し短めで。


Comment:10  Trackback:0
2016
01.21

人の振りみて我が振り直せ

Category: 一言
ここのところ、画像が撮れず、昨日は下手な絵をお見せしました。



年度末に向けて、各々団体の役員は忙しい。

締めの行事やら、役員の引継ぎやら。

もう慣れたもので、それこれには動じなくなりました。

でも1つ。

人にはどうしても苦手な人っているものなんだなぁと感じます。

先方が攻撃的だとなおさら。

「どうかわすかな」と頭を悩ませることが、くだらないと思いつつ。

どちらかと言うと、相手の言葉を深く考えてしまう性質。

攻撃的な態度や言葉は、意味がない物だと分かっていても、いいものではありません。

できるだけ関わらないのが一番ですが、それもなかなか難しい。

だた1つ、子供にいつも話しているように自分は「人の嫌がることはしない」。

人の振りみて我が振り直せ。

どんな相手にも思いやりを持つことが、円満の秘訣なのだと年の初めに改めて思います。



今日は少し愚痴っぽくなってしまいました。

すいませんでした。


Comment:8  Trackback:0
2016
01.20

大雪効果

Category: 子供
全国的に大荒れだった昨日。

みなさん、大丈夫でしたでしょうか?

こちらの地域も昨日は暴風雪。

少し車を止めておくと、車の雪を降ろしてから出ないと、出発できないような感じ。

いつもは娘のバドミントン練習日ですが、昨日は初めて天候のため中止に。

いやはや、予定外に時間ができちゃった。

てことで、その貴重な時間を娘の中学準備の買い物にあてました。



夕飯後、家を出ようとすると、玄関のドアが半分しか開かない。

風で吹き溜まりに溜まった雪がいっぱい。

201601寒波

それでも出かける私たち。

運転しづらい暴風雪。

でも、店は空いているし、いつも混み合っている道路も車の姿は1台2台・・。

あんな天気の夜、あちこち出かけるなんて、バカだなぁと思います。

その代り、快適に良い買い物ができました。



最近、成績が同じくらいの友人が続々と塾へ行き、不安がる娘。

そこで、私の小学1年生から高校3年生までの全通知表を披露しました。

こんなんでも、ある程度のところには行けるから。

昔と今は違うかもしれないけど、たぶんこんなもんだよ。

私:「〇〇(娘)の方が成績良いでしょ?

娘:「ホント、ママ 『がんばろう』 がある
  「生活態度も、『言葉使い気を付けましょう』だって

そのファイルの中には、小中高での運動や絵などの賞状。

委員会の任命書なども入っていて、子供たちは見るのが面白かったようです。



その夜、

娘:「中学行くの嫌だったけど、なんだか楽しみになってきた

良かった良かった。

不安もだいぶ解消できたようでした。



Comment:12  Trackback:0
2016
01.19

将来を考える

Category: 子供
昨日、中学の入学説明会がありました。

準備は早めにと思っていたのに、ここにきて制服だのなんだのとバタバタしそうです。

それよりも、中学は厳しい所なんだなと感じました。

スタートから、高校受験が絡んでくる。

だから、知っている親御さんは、小学6年の秋ぐらいから塾に通わせているようです。

成績を維持しようと思うと、部活との両立が大変と聞きました。



娘は大好きなバドミントンを中学へ行ってもやりたいようです。

いろんな話を聞いていて、本人にとって、それが大変なことであると思いました。

今のところ、成績は悪い方ではないです。

中学へ行っても、それを維持したいと思っている娘。

大丈夫かな?

私の印象では、成績がトップなまま部活も両立していきたい子。

塾に通って、部活はとりあえず入るだけ。

部活を頑張って、勉強はそこそこに。

タイプは3つなのかな?

私は部活は大事だと思っています。

そこで学ぶことは、とても多い。

集中力や時間の使い方も上手になります。

だけど、将来それで食べていけるわけもなく。

だから、勉強も今の状態を維持してほしい。

彼女の意志が一番。

だけど、まだ小学生、甘い部分もあります。

それを教えてあげるのが親なんでしょうか?

それとも、見果てぬ夢をやりたいようにやらせてあげるのが、大らかに育てることなんでしょうか?

また友達関係も複雑そう。

LINEの問題とか。

先の事を不安がるのは、余計な話なんでしょうけど。

いろんな事でバタバタしている毎日に、ふっと現実に引き戻されたようなそんな感覚になりました。



Comment:10  Trackback:0
2016
01.18

永遠の小学3年生

Category: 子供
もうすぐ学校で、息子の2分の1成人式が行われます。

親は、子供へお祝いの手紙を書きます。

娘の時も手紙を書きました。

産れた時のこと、小さかったころのこと、娘に対する気持ち。



ここのところ、平日も週末も目の回るような忙しさ。

気持ちを込めて手紙を書いている時間が、なかなかとれませんでした。

締切日ギリギリで提出した手紙。

一度担任に預けます。

 私:「これ、先生に忘れずに渡してね

息子:「読んでもいい?

 私:「ダメでしょう



もう10歳か、早いものです。

どんどん時は流れていくものですね。

私の中では、小学3年生くらいからずっと成長が止まっている気がします。

永遠に小学3年生。

ちびまる子ちゃんやのび太君のように。

だけど現実は、彼ももうすぐ10歳になります。

可愛い少年から青年へ、頼もしくもあり、寂しくもあり・・です。



Comment:8  Trackback:0
back-to-top