FC2ブログ
2017
10.25

台風と一緒にTDR ~TDR到着編~

Category: お出かけ
台風と共に行って来たディズニーリゾート。

良くも悪くも、今までに無いことが盛りだくさんの旅でした。



毎年、こちらを夜中に出て、途中のサービスエリアで仮眠を取り、朝方ホテルの駐車場へ向かいます。

いつもは車で熟睡できない私。

でも、先週の疲れからか、高速に乗った途端に爆睡してしまったようです。

主人に起こされたのは朝の4時半過ぎ。(いつもは3時には起きてます)

仮眠をとるサービスエリアででした。

いつもなら、このサービスエリアで仮眠をとるのももどかしく、ソワソワしてしまう私。

だけど、ここに到着したことすら分からなかった。

よその人が間違って車のドアを開けたんですって。(主人談)

それすら気付かなかった・・・。




その後、ホテルの駐車場へ到着。

いつもは8時開園のところ、パークの入り口で6時くらいから開くのを待ちます。

でも、この日は雨だったので、7時くらいから入り口で待とうかな?
(毎年、スタートは私一人で待ちます)

一応開園待ちの人がどれくらいいるか見て来よう。

例年、6時だとかなり待ちの列も長くなっていますが、この日は3組だけ。

台風、恐るべし。

これなら、遅くてもいいな。

結局、7時過ぎに行っても、10組か15組くらいの人しかいませんでした。




今年もホテルミラコスタ泊なので、通常開園時間の15分前に入園できます。

開園後、まずはトイストーリマニアへ向かい1回乗車。

その後、トイストーリマニアのファーストパスを取り、次のアトラクションへ。

雨はひどいですが、すいすい乗れちゃう。

1時間でかなりのアトラクションに乗りました。

その後、ニューヨークデリで昼食。

20171022TDR7
ディズニー公式ホームページより


ハロウィンの特別メニュー。

赤いハンバーガーは生ハムと紫キャベツのサンドです。

中に角切りのりんごが入っていて、サクサクとした食感。

美味しかった。

子供達と主人はこれにプラス、デザートとお酒。

20171022TDR1


実は何度もシーへ行っていますが、お酒を飲むのは2回目。

このビアカクテル(アップル)は初めていただきました。(主人に一口もらいました)

りんごの甘酸っぱさで飲みやすく、美味しいカクテルでしたよ。




アトラクションにたっぷり乗ったので、午後からはお買い物。

ディズニーホテルに泊まると、チェックイン前でもお土産をホテルに送ってくれるサービスがあります。

なので、早い時間に買い物しても、手ぶらで移動できるんです。




私たちは翌日午前中のハーバーショーをホテルで鑑賞しようと計画していました。

でも、台風の影響で、翌日の方が風が強そう。

予定変更で、早めにホテルにチェックインして、今日のショーを見ちゃおう。

そう思いました。

ところが、この日、この時点でパークのハーバーショーは全て中止。

3回あるうちの最終回のショーはどうなる事やら。

それでも、ショーを見るべく、チャックイン時間ピッタリにホテルへ行きました。



つづく


Comment:4  Trackback:0
2017
10.24

無事に帰れました

Category: お出かけ
台風の中、行って参りました夢の国。

どうなる事かと思った旅行でしたが、無事に帰って来れました。

ラッキーな事、残念な事、両方ありました。

さすがに台風直撃。

台風に向かって行った2日間でしたから。



晴れの新潟を出発して、雨の千葉へ。

晴れの千葉を出発して、暴風雨の新潟へ。

おバカさんだとは思いますが、急な予定変更ができないのが泣けてくる地方住民。



どちらかというと、まったりだった今回の旅行。

雨のため画像少なめですが、明日から少しづつ記事を上げていきます。



それにしても、ミッキーに一度も会えなかった夢の国は初めてです。
(帰る頃に初めて気付きました



Comment:6  Trackback:0
2017
10.23

外装工事で思うこと

Category: 一言
今、我が家は外壁工事中。

工事と言っても、塗り替えです。

本当は10年目でやる予定だった外壁の塗り替えも、諸事情から11年目になりました。



当初は、ハウスメーカーにお願いしようと思っていました。

でも、建てた当時に聞いていた10年目のメンテナンスMAX金額より、大幅に高い。

足場代や塗料代、人件費が高くなったと言っても、倍とは・・。

そこで、友人の伝手で外壁工事屋さんに見積もりをお願いしました。

すると、友人価格も加味してハウスメーカーの金額の3/5。(半額に近い金額)

よくよく聞けば、主人の友人も働いている会社。

信用度も高いです。

10年前に聞いたメンテナンス金額よりは高いものの、許容範囲。

こちらの外壁工事屋さんにお願いすることにしました。



ハウスメーカーの方も、友人の伝手で頼んだ工事屋さんにも外壁はかなりキレイだと言われました。

やらなくてもいいレベルかもって。

でもね、今年大きなお金は支払っておきたい。

来年からは息子も中学生、娘は中学3年生になります。

今後、今までとは桁違いのお金がドンドン出ていくことが予想される。

それに備えるためにも、早めに支払えるところは支払いたい。

これから、また10年したら(次の外壁工事の時には)、子供達も落ち着いているでしょうしね。



10月に入ってから始まった工事は、雨の影響もあり先日やっと終了。

後は足場を外すだけとなりました。

工事の方たちは若い方が多かったけど、仕事は早いし丁寧な作業でした。

ものすごく礼儀正しいし、何事も年齢じゃないんだなと思いましたよ。



色を塗り替えたわけですが、気分を変えてちょっと濃いめの色にしました。

時間のない中、サンプル片手にあ~でもない、こ~でもないと悩みました。
(我が家の外壁は3色使っているので、3色を選びます)

サンプルを借りてから、色の決定まで2日しかなくて、え~いこれだ!!と選んだ色。

実際塗ってみると、日の当たり方で赤みががって見えたり、想像とは少し違ってた。

毎日毎日どんなもんかな?と家を眺めております。

私:「ちょっと、この色どんなもん?」

主人:「赤が濃いね」(実際は茶です)

娘:「私は好きだよ!!
   いいと思う」

娘のこの一言で、これで良かったと思う単純母。



こうして初めて我が家を見上げた10年前はまだ4歳だった娘も、今は私と同じ目線で家を見てるんだな。

なんだか、幸せな気分になりました。


さて、次の10年目はどんな風に家を見上げているのかしら。


この記事は予約投稿です
コメントの返信は後日いたしますね



Comment:8  Trackback:0
2017
10.19

1年ぶりに行ってきます

Category: 一言
今週、久しく具合の悪くなっていない息子が発熱しました。
(今は元気に学校へ行き、サッカーをしています)

ただの風邪とのことでしたが、疲れが出たのかな?



今週末は台風が来そうな気配。

そんな中、年に1度の家族旅行へ出かけます。(毎年恒例夢の国です)



我が家の旅行は雨の日も多い。(晴れ雨半々くらいです)

数か月前から計画しているから、雨だからって変更は不可。

おかげで、雨なら雨の楽しみ方を習得しつつありますよ。

雨だったら、ホテルでゆっくりもありかな?

家だとどうしてもゆっくりできないから。

1年ぶり、家族4人で行く旅行、楽しい想い出をたくさん作りたいなと思います。

201710葉っぱ


Comment:8  Trackback:0
2017
10.18

自分の子供が一番だけど・・

Category: 子供
~ どれが真相なの? ~ の続きです。


その日の夜、それぞれの親御さんと話しました。



すると、食い違いがいくつかあります。

息子に聞いても、微妙に違っていたり。

ただ、印象としてはやっぱり親は、自分の子が可愛いんだろうな、でした。

もちろん、私だって自分の子は可愛いです。

でも、子供は嘘をつくこともあるし、自分が責められることはできるだけ隠そうとするものだと思います。

その中で、真実を聞くのは難しいこともあります。



それぞれの子供から親への話を聞いて、私は翌日学校へ電話しました。

そして、昨日は電話でお話ししましたが、今日は他にも話したい事があるので直接伺ってもよろしいですかと聞きました。



学校へ行って、それぞれの(親の)話を先生にお伝えすると、事実が湾曲されている部分がいくつかありました。

息子に関しては、

クラブの話を最初に出したのは息子ではなかったこと。

息子は聞かれても、最初から最後まで言いたくなさそうだったこと。

息子以外の多くの事も、聞いた話とは微妙にズレていました。



私:「だいたい分かりました
   私も感情的になった部分があり、申し訳ありません
   今、子供たちの気持ちの中では『やってはいけない事』よりも『先生が怖かった事』
   『クラブの活動ができない事』の方が大きくなっています
   でも、本当に心に残さなければいけないのは、『やってはいけない事』の方です
   どうしてやってはいけないのか、自分がされたらどうか、そこをきちんと話して
   子供達の心に染み込ませる方が重要なんじゃないでしょうか?
   怖いとか、ペナルティーなどが先に立ってしまうと、今度トラブルが起こっても
   子供達は先生に言わなくなると思います」

私:「親御さんたちから話を聞いて、事実と少し捉え方が違う部分がありました
   子供は自分が怒られるようなことを進んでは言いません
   息子に関しては、アウトプットが下手くそです
   言葉が足りないので、どうしても私が誤解してしまう事もあります」

私:「子供と親と一緒に話をした方がいい事もあると思います
   同じ言葉でも言い方が変われば、受ける印象も全く違いますから」

そんな話をしてきました。

それから、夏にあった息子が泣いた話も。



帰宅してから、

私:「親は客観的に自分の子が見れないのよ」

息子:「ママは見てるでしょ
    そんな気がする」

私:「でもさ、あなたの言葉が足りないと、ママも勘違いしちゃうんだよ
   ママはあなたの言葉と言葉をくっ付けて、判断してるの
   自分の言いたい事をしっかり相手に伝えられるようにならないと」
   
息子:「ママの想像力が足りないんだよ」

おまえが言うな!!



親は子供を守るもの。

自分の子供が一番かわいい。

だけど、それが子供のためにはならない事もあるのかもしれません。

メガネが曇らないように、しっかりと見て行きたいなと思いました。



結局、この話はこれ以上大事にならず、クラブに話は行ったものの、試合に出れないということにはなりませんでした。

子供同士のトラブルはよくある事。

最近はいじめに敏感だから、ちょっとしたことでもすぐに大事になってしまう。

子供たちは、いろんな経験から「ここまでは大丈夫だけど、ここからはダメ」を覚えていくんだろうに。

少しの事を力で抑えつけてしまっては、きちんとした判断のできる大人にならないんじゃないだろうか。

押さえつける力がなくなった時、その子たちはどうなるんだろう。

そんなことを考えました。



Comment:6  Trackback:0
back-to-top