FC2ブログ
2017
12.21

思いやりを持つということ

Category: 一言
ここ1か月、息子の腕が不自由なため、学校の送り迎えをしています。

身体も気持ちもピンピンしているので、できれば歩かせたいところですが。

ランドセルが背負えない事。

傘をさすともう使う手がなくなる事。

雪道。

それらを考えて渋々、毎日行ったり来たりしております。



そんな毎日で、とても気になっていることがあるんです。

それは、保護者の送迎がバカみたいに多いこと。

登校は、他の子の迷惑なども考えて、少し早めに送っています。

ですので、ほとんど保護者の車とは会いません。

ですが、数台はいます。



問題は帰り。

終業式間近で、全学年が同じ時間に帰宅するせいもあるかもしれません。

それにしても、学校周辺は大混雑。

特に、祖父母が孫を迎えに来るパターンが多いようです。

だいたい低学年から中学年なのかな?

高学年は迎えに来るのを嫌がるのか、ほとんどいません。

もうピカピカの1年生ではないし、雪があっても、それほど足元が悪い訳でもないんだけどな。

ましてや、青空出てますけど・・。

走って車に駆け寄る姿から、病気や怪我って訳でもなさそうですし。



確かに自宅が遠い子は大変でしょうね。

おじいちゃんおばあちゃんは、心配にもなるでしょう。



基本的に、登下校での経験をたくさんさせたい派の私。

色んな事がありますもの。

子供(同士)でそれに対処する力を養うことの意味が、たかが行き帰りの道にもあると思っています。

自分が子供の頃も田舎だったので、学校まではひどく遠かったですが、困った事があっても、友人たちとなんとか切り抜けて楽しんでました。

1人で帰って、でっかい用水(水無し)に落ちて、上がれなくて大変だったことも。

低学年の頃、トイレに行きたくて、友達と相談してよそのお宅へ借りに行ったことも。

大人がついていたら、すぐに解決できた問題。

それを子供でなんとかすることの意味。

甘やかしは、結局子供のためにならない気がします。



まぁ、それはそれ、各ご家庭の考え方なので良しとしても、どうしても納得できない部分があるんです。

なぜ、近いからと言って、身障者用の駐車場に停車して子供を待つのか?

確かに今現在、小学校には車いすのお子さんがいないかもしれません。
(確かめたわけでないので、分かりませんが)

そう言った不自由な人がいないし、空いているから、止めてもいいものだろうか?



娘が小2の時に手術をして、松葉杖登校が1・2カ月続きました。

後半は、リハビリもかねて、歩かせましたが、前半は車登校。

その頃は、みんなが身障者用のスペースを空けてくれてた。



身体の不自由な保護者の方もいらっしゃいました。

その方がいつも「学校関係者には、いつもよくしてもらっている」とおっしゃっていました。

ところが、娘たちが高学年になるにつれ、その方が止めていた身障者用駐車スペースは、全く必要のない方々が利用されていたように思います。

身障者用スペースの利用には、どこまでの人が使うのか、意見は様々なようです。
(息子も足ではないので、該当しないかな)

でも、私は思います。

自分よりも辛そうな人に使ってもらえたらって。

それは、身障者スペースでなくても同じ事。

自分が逆の立場なら、グラウンドのあっち側から歩いてくるのは大変でしょ?

足が自由に利かなくて、その上、雪が積もっているのに。



その姿を、大切にしている孫や子供に見せてる事。

その子たちは、正しさを教えられずに大人になるでしょう。

それを知ってほしいと、そんな大人の姿を見て、子供達が可哀想だと思いました。


Comment:6  Trackback:0
2017
12.20

難は転じなかったのかな

Category: 植物
難を転じて福となす。

南天の実が今年もたくさん(我が家比)ついたのにな。

201711南天1

南天も千両も紫式部も、今年は色が鮮やかでした。

写真を撮ることはできなかったですが・・・。



1つ1つの難をよく考えれば、最悪の事態は避けられている気もします。

良い事もあれば、悪い事もある。

アップダウンの激しい1年でした。

その1年もあと10日ほどですね。

201711南天2

だいぶ鳥に食べられてからの11月の写真でした。


Comment:6  Trackback:0
2017
12.19

幸せな時間

Category: 食べ物
11月、年に1度の少年団のイベントが開催されました。

各スポーツチームが集まり、運動会(?)のようなことをします。

運動会の後は、餅つき大会です。

今年もたくさんいただきました。

201711餅つき1


アンコにきなこに大根おろし。

私はアンコときなこをいただきました。

つきたてのお餅、やっぱり美味しかったです。

箸休めの漬物も美味しい!!



つきたてのお餅を食べる息子と友人。

201711餅つき2

この時は、左手も動いていますね。

まさか、この夜、大変なことになるとは・・・。

思ってもいない幸せな時間でした。




イベントの帰りに、つきたてのお餅を2つもらって帰りました。
(恥ずかしかったけど、この日はタッパ持参で参加しました)

娘が所属していた街の少年団運動会には、餅つきイベントがなかったんです。

毎年、こちらで私がお餅をいただくたびに、「娘にも食べさせたいな」と思っていました。
(私同様、娘はお餅が大好物)

選手の他、選手家族も食べられるこの餅つき。(兄弟や祖父母もね)

息子が参加できるうちに、1度、娘を連れて来ようとずっと思っていました。

ですが結局、息子が参加できる最後のこの日も、娘は福井へ遠征で来れませんでした。
(選手として参加できるのは小6まで)



持ち帰ったお餅を、遠征から帰った娘に温めて食べさせると、すごく喜んでいました。

お土産にもらって良かった。



でもお餅を食べた喜びよりも、帰って来たら骨折していた弟に驚いていましたけどね。



Comment:4  Trackback:0
2017
12.18

病院病院、また病院

Category: 一言
またまた更新が空いてしまいました。

先週金曜日に取れると思っていた息子ギプスは1週間先送り。

別に状態が悪い訳ではなさそうですが、大事をとって。

ギプスが取れる=学校の送り迎えから解放される

そう思っていたので、ガッカリ感がものすごくありました。

暮れのこの時期に、まだまだお医者様通いが続きます。

ふ~うぅ。



そんな昨日の夜、娘が大量嘔吐。

「胃ってこんなにたくさん入るんだ」なんて感心するくらいたくさん。
(汚い話ですいません)

ベット上でなかったのが幸いでしたが、後始末が大変でした。

「その引き出しから、袋出して広げて」
「タオル2枚下さい」
「袋が足りないもう2枚」

と主人をアシスタントに使いながら、まるで外科医のようにゴム手袋着用で処理。

一応一帯を消毒しましたが、完璧ではないだろうな。

ふと、保育園の先生って大変だろうななんて思いながら。



その後、夜中に2度吐いたそうで、今朝熱を測ると、38.6度。

ただの食べ過ぎかと思いきや、そうではなさそう。

病院で診てもらうと、胃腸炎のようでした。

もし、明日の朝まで熱が下がらなければ、インフルエンザの検査をするので、また来てくださいとのこと。

タイミングの悪いことに、明日娘と息子2回目のインフルエンザ予防接種の予定でした・・・。

ち~ん。



息子は今のところ元気なので、今日予防接種に行くつもり。

娘は暮れも押し迫った頃、もしくは新年早々の接種になりそう。

息子の骨折があったとは言え、もう少し早い時期に受けとけばよかった。

今年4月に娘がインフルエンザにかかったので、今回は遅めに打とうと思ったのがこの結果。

うまい事いかないな。



Comment:6  Trackback:0
2017
12.14

ありがとう また会いましょう

Category: 一言
息子が退院した日、私が参加していたPTAバレーの卒団?イベントが行われました。

イベントと言っても、ただみんなで試合しただけなんですけどね。

欠席者も多かったし、先生方もほとんど不在でしたが、私は行くことにしていました。




それなのに、急な息子の怪我。

普通行かないよね・・・。

でも、私は行きましたよ。

息子の退院を知っている保護者、先生は目が丸になっていたけれども。

彼の状態は落ち着いているし、何と言っても1週間ずっと一緒に過ごしましたもの、もう大丈夫でしょ。




緩く和気あいあいと試合をして、時間は終了。

と、今年度のPTA会長さんから、プレゼントが?!

201712卒団

今年で最後の人たち1人1人に花束贈呈。

毎年参加しているけど、こんなこと初めてです。

みなさん、ありがとうございました。


Comment:8  Trackback:0
back-to-top