FC2ブログ
2018
07.11

決めたことに責任を持つ

Category: 子供
6月、7月、8月、娘にとっては切り替えの時期になります。

6月から始まったバドミントンの最後の公式戦、順調に勝ち進んでおります。

これと同時に、中3に入ってから、受験や進路についての話がたくさん出てきます。

オープンスクールが始まっている高校もあり、娘もどこに行こうか悩んでいました。

とりあえず、今のところ2校の申し込みが終わっています。



学力でよりレベルの高い公立高校へ行くのか?

バドミントンで強い私立高校へ行くのか?

ここら辺で悩んでいるみたい。

学力もあって、バドミントンの強い公立高校ってあんまりないようです。

勉強重視なら、部活はサークルのようなもの。

逆にスポーツ重視なら勉強は二の次。

その先の大学に関してはバドミントンの事を考えていないようなのですが、高校でもある程度は力を入れてやりたいみたい。

難しいなぁ。



進路に関して、親としては学力で公立高校へ行ってもらうのがベスト。

私も経験しましたが、プロを目指すわけでもないのにスポーツで学校を選ぶと、先の選択肢が狭まる。

ただ、高校のその時しかできない部活での経験もかけがえのないもので、その経験があるからこそ今がある。

どちらを選ぶにしても、私たちは助言はしますが、「こうしなさい」と言う気はありません。

結局、自分の将来、自分で選んでその責任をとるのも自分なんですからね。

本人の意志でなければ頑張れない事も、この先出てくると思います。



将来の目標が決まっていたら、自然と先も決まって来るのでしょうが、それも不透明。

今月末には三者面談があります。

「どこ行くか分んな~い」って先生に言うつもり?って昨日も話したばかりです。

とりあえず、先生に相談してみよう。



ところで、以前ちょっぴり触れた体育祭の団長問題

知らないうちに決まっていました。

投票で当選したようです。

あれもこれも忙しい娘だ。

仲間たちが協力してくれるか母としては心配ですが、何事も為せば成る!!かな?


関連記事

トラックバックURL
https://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/1187-2fd18ed8
トラックバック
コメント
こんにちは、miyazyyさん
娘さんの人生ですからね 我が家も子どもたちの決めた道を
進めるようにサポートしました
決める時に狭い中から選択しない、広く考えているかを
話しましたね
ヨッシィーdot 2018.07.11 18:04 | 編集
ヨッシィー さん
おはようございます。

そうですね、なるべく多くの道を選べるように。
子供より人生経験がちょっと長いだけで、アドバイスしかできませんもの。
進むのは本人たちですからね。
miyazyydot 2018.07.12 09:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top