FC2ブログ
2018
10.05

してあげられることは・・

Category: 一言
子供達の定期テストの結果が返ってきて、今回も姉弟で競っておりました。

学年も違い、単純に点数では判断できないので、順位で比べている2人。

クラスでは息子より1番高い順位の娘。

ところが、学年では息子の方が上位でした。

息子の順位×2+6の順位で、軽く落ち込む娘。



これに引き続き、受験対策用テストで思わしくない結果が返されました。

各テストの前、今までにない勉強時間を過ごしていました。

本人は自信満々で、「楽勝でしょ」くらいの大口をたたいていました。

ところが自信があっただけに、結果が出なくてどんより元気がなくなってしまいました。

娘:「なんであんなとこ間違ったんだろう
   自分で意味わかんない」

どうらや凡ミス?!

いえいえ、それも実力のうちでしょうね。

いろいろアドバイスをしましたが、どうも彼女の気持ちが上がってこない。

不安なんだろうなと思いました。



そこで再び、塾の話を出してみました。

正直言うと、できれば塾に行かないで勉強してほしい。

でも、やっぱりノウハウを学ぶこと、その分野に精通している人と常に接していることは、今の彼女にとって必要なことなのかもしれないと思いました。

勉強の解き方だけじゃなく、心の安定のために必要なのかもしれないな。

そんな話に娘は即答。

娘:「行かせて下さい」



前回、通うって言っといてドタキャンした時も、お断りの話をするのに気を使いました。

今回、1度そんな形で断わったのに、再び通うと言う話に神経がピリピリしました。

どんだけ母に負担かけるわけ?!

娘がこれ以上迷わないよう、お話に伺ったその日から勉強してもらうことにしました。



その後、授業は役立ってるか分からない、と言いつつも、気持ち的には少し落ち着いたようです。



娘が落ち着いて良かったのですが、お支払する金額が・・・。

高いことを予想はしていましたが、予想以上。

中3になって、受験関連の勉強費は4月~翌年3月まででざっと35万~40万。

これでも金額が安い方の塾なんですけどね。

学年で5本の指に入る子は、長い事塾通いの子も多いとか。

いったい、いくら払っているのやら。

ただただすごいなぁ~と感心します。

目標が決まっていて、それに必要なら支払うのでしょうね。

一生に1度の事だから、できることはしてあげたい、どこの親御さんも思うことは同じってことか。


関連記事

Comment:2  Trackback:0
トラックバックURL
https://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/1247-21d59f11
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2018.10.06 07:08 | 編集
鍵コメ さん
たぶん、我が家の場合は大学へ行くと在学中もかなりお金がかかりそうです。
それが地方の辛いところ。
今後は貯めることはまず無理だ、とママ友たちは言います。
でも、仕方ないですよね。

優秀ではないですよ。
本当に優秀な子は塾には行かないとか。
自分で勉強しちゃうんですって。
数少ないとは思いますけどね。(^_^;)
miyazyydot 2018.10.09 11:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top