FC2ブログ
2019
04.16

案ずるより産むが易し

Category: バドミントン
中学校時代、バドミントンを頑張ってきた娘。

全国大会なんて夢のまた夢でしたが、北信越大会には出場することができました。

高校入学後もバドミントンを続けると言っていましたが、高校はサークル程度に考えていた方がいいよ、と母からのアドバイス。

今までのように、泣くほどの練習とかたぶんないから。

勉強も頑張らなくちゃだしね。



いっその事、別の部活に入ってみては?そう言うと

娘:「バド部に入るよ。約束したから。
   で、卒業まで続ける」

誰と?!

娘が中学時代にいくつか練習に行っていた団体の中で、指導者として高校の先生がいました。(娘の入学した高校の先生ではありません)

厳しい、話は哲学チック、バドの指導は的を得てる。

子供達は恐れていつつ、指導してほしい先生。

その先生と約束したらしいです。



私:「GWには地区大会が始まるけど、出れないかもしれないよ
   先輩優先かも知れないし、顧問の考え方だからね」

娘:「分かってる
   けど、出たいなぁ」



今週に部活見学があるから、GWの大会は無理かな。

そう思っていた矢先、娘から『練習試合へ行っていい?』と聞かれました。

えっ?誰と??

よくよく聞けば、バド部顧問がクラスに来て入部の希望を聞かれたとのこと。

で、練習に1度も行ってないのに、練習試合に参加していいと言われたらしい。

母は全然かまいませんが。

あなたさえ行きたいのなら、そうしなさい。



久しぶりにした練習試合は全勝で、最後は相手チームの外部コーチなどにお相手してもらったらしい。

楽しかったけど、疲れたと言って帰ってきました。

高校の団体戦は2複3単(ダブルス2試合・シングルス3試合)で試合をします。

多く試合をとった方の勝ち。

娘:「私、1ダブ1単だって」
(強い順に第1ダブルス第2ダブルス、第1シングルス第2シングルスと続きます)

へっ?

娘:「強い順に並ばされて、そう言われた」

1年生で、しかも練習に1日も参加してないのにいいの?

人間関係など不安は残るものの、大会には参加できそうです。

娘の場合、勉強1本では逆に身が入らない。

適度に好きな事をやる方が、それぞれに集中できるでしょう。

かなり驚きましたが、彼女が楽しいのが1番です。

とりあえず、良かったね。

関連記事

トラックバックURL
https://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/1376-2bde6d2d
トラックバック
コメント
こんにちは、miyazyyさん
娘さんの思ったようにさせるしかないですね
でも、不安もありますよね

miyazyyさんが心配する結果になったら
その時に対処は考えましょうか
タイトル通り「案ずるより産むが易し」でね
ヨッシィーdot 2019.04.16 12:36 | 編集
こんにちは。

娘さんしっかりしてて凄いと感心。

学生のころに 打ち込めるものに出合えるって素敵なことですよね。それにいい指導者との出会いも力を伸ばす後押しにもなりますもんね。

あんこdot 2019.04.16 15:29 | 編集
勉強以外に打ち込めるものが何かある高校生活っていいですよね。
我が家の二人は中学から卓球初めて高校もその延長でやってました。その時の友達も結構いるみたいですね~
自遊自足dot 2019.04.17 06:32 | 編集
ヨッシィー さん
こんにちは。

なんだかね。
若さは怖いもの知らずですね。
まぁ失敗することを考えてたら何もできませんしね。
miyazyydot 2019.04.17 14:24 | 編集
あんこ さん
こんにちは。

しっかりしているんでしょうか(笑)。
ある部分は感心するほどですが、別の部分はかなり抜けてるんですよ。

早速行った初練習で挫けて帰ってきました。
「緩すぎる~」だそうです。
改革するんだって豪語してましたよ。(^_^;)
miyazyydot 2019.04.17 14:29 | 編集
自遊自足 さん
そうなんですよ!!
高校生活を充実させるには部活が必要不可欠!!
(すいません、体育会系なもので(^^ゞ)
楽しさと辛さを同じ目標を持って経験する友人は一生の友になります。
と、私の経験からもアドバイスしております。
miyazyydot 2019.04.17 14:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top