FC2ブログ
2019
06.06

あの日からの事 17

Category: サッカー
あの日からの事 1
あの日からの事 2
あの日からの事 3
あの日からの事 4
あの日からの事 5
あの日からの事 6
あの日からの事 7
あの日からの事 8
あの日からの事 9
あの日からの事 10
あの日からの事 11
あの日からの事 12
あの日からの事 13
あの日からの事 14
あの日からの事 15
あの日からの事 16


の続きです。



これがGWから我が家に起きた出来事です。

どうしても通常のようなブログを書く気力も時間もなく、暗い内容でしたが書かせていただきました。

備忘録として、気持ちの整理をつける意味でも、『書ける事』はありがたかったです。



今も週1回、高速道路で病院へ通っています。

現在はランニング、本数は限られますがダッシュまでできるようになりました。

リフティング、ショートパス軽いドリブルならボールを使うこともできます。

息子は走る事やボールを使えることが嬉しいらしく、早起きをして外でボールを触ったり、下校後も暗くなるまで外でボールを蹴っています。

リハビリをし、少しずつ負荷を増やしながら、完全スポーツ復帰を目指す毎日です。



選抜試験は先延ばしにしていただけましたが、そこまでに治癒は間に合わず。

今年も県代表・北信越代表になる機会は訪れませんでした。

彼の目標の1つだったため、残念です。



彼の中にも心境の変化は日々あるようで、明るい日もあれば落ち込んで見える日もあります。

それは仕方ないことなんだろうなと思います。

この経験から彼が学ぶことも少なからずあり、今後もあるだろうと思います。

それをこれからの人生にどう活かせるか、それは彼次第です。



最初の診断で出た靭帯の断絶に近い損傷は、ケガ直後の症状を見ると妥当なのかもしれません。

大量の出血とMRIの各部の薄さから、そう判断してしまうのも仕方なかった気がします。

結局、再度MRIは撮りましたが、どこからの出血かは判断できずでした。

A医師から採取した血の濃さを聞かれましたが、注射器に入ったその血を見た私には、濃いのか薄いのか、サラサラしていたのか、判断はつきませんでした。

サラッとしていたら骨から、ドロッと濃いと靭帯から出血の場合が多いとのことでした。

症状や状態は刻一刻と変わるため、時間がたった現在では判断が難しいようです。

後日医師から、内側副靭帯損傷だったかもしれないね、と言われました。

その靭帯は前十字靭帯と違い自然治癒するものです。

現在は周りも驚くほど順調に回復していて、膝のグラつきや動きにくさは全くないと本人は言います。



復帰の目途はまだ立っていませんが、手術をすれば8ヵ月~12ヵ月と言われていたことを考えると、それよりも大幅に早くなることと思われます。

ただ、その後も状態を見ていく必要はあるのかな、と思っています。



ひとまず、息子のケガの話はここまでです。

温かいたくさんのお言葉をいただき、ありがとうございました。

長々お付き合いいただき、ありがとうございました。

関連記事

トラックバックURL
https://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/1422-b3d0a1fc
トラックバック
コメント
>毎日暗くなるまで自宅の外でサッカー

サッカーがほんと大好きなのですね^^
先は長いですが、リハビリ頑張って、早く以前のように動けるようになるといいですね!!

来年以降の代表選抜入りも楽しみ^^

今はサッカー人口も増え激戦でしょう
私の子供の頃は野球ばかりでサッカーしている子が珍しかったですもの
時代ですねぇ~

ところで、昨日のトバゴ戦
日本代表のシュートは、トバゴキーパーの真正面にばかり行って止められていましたが、あれは日本代表選手の技術の問題?
それともトバゴのキーパーがシュートのコースを読み、守備位置が最良だったから?

まいどイライラさせられるんですけど。
息子ちゃんのプロの目ではどっちなのでしょうか
ご指南ください

代表Aマッチのみ見る にわかサッカーファンより^^
10tadot 2019.06.06 12:49 | 編集
こんにちは、miyazyyさん
松葉杖やリハビリの状態から
ランニングや本数は限られますがダッシュまで
本当に良かったですね
若いから回復するスピードも違いますね
ヨッシィーdot 2019.06.06 14:41 | 編集
息子さんは絶対に二回り位精神的にタフになって復活しますよ~間違いなし!!
自遊自足dot 2019.06.06 16:14 | 編集
こんばんは

代表になれなかったのは残念ですが、
息子さんが快復方向、何よりです。
確かに、若いと治癒能力も高いのかも
しれませんね。
ichandot 2019.06.06 21:26 | 編集
おはようございます。
今日のブログで劇的に回復している様子が分かり
胸を撫で降ろしています。
余りにも残念で、コメントも出来なかったのですが、
本当に良かったですね。
たびいくひとdot 2019.06.07 08:15 | 編集
10ta さん
息子はサッカー大好きですね。
だからなおさら今回は心配でした。
周りから見ると品行方正な彼も、小さい頃からずっと1番大事だったものを奪われてしまった時、どうなってしまうんだろう?と。

リハビリは本人に任せてあるので、様子を見ながらやっているみたいです。
早い復帰も本人次第というところです。

学生時代の私の友人たちはサッカー少年が多かったです。
それでも、野球部の方が上の扱いでしたね(笑)。

トバゴ戦、息子と見ていました。
コメントをもらってから、すっかり聞くのを忘れていました~。

息子もそうなんですけど、キーパーの正面の場合、ミスキックかシュートコースがそこしかなかったか。
そうは思いつつ、見ているこちらは『入れてよ!!』と思いますよね(^_^;)
息子にもいつも思っていることですよ。
miyazyydot 2019.06.07 09:30 | 編集
ヨッシィー さん
おはようございます。

若いと回復力が違いますね。
ケガをした時、左足も擦れてやけどみたいになったんです。
そこは2・3日で気にならなくなりました。
私だとそうはいきません・・。

とりあえず、一安心しました。
ありがとうございました。
miyazyydot 2019.06.07 09:32 | 編集
自遊自足 さん
サッカーに関しては、思い通りに行かない事ばかり。
精神が鍛えられると思います。
親としては辛い思いをしてほしくない思いもありますが、彼のためにはこれで良いのでしょうね。
ありがとうございました。
miyazyydot 2019.06.07 09:34 | 編集
ichan さん
おはようございます。

小学校4年生からの彼の目標です。
今年は、と思っていましたが、上手くは行きませんね。
それが彼の強さに変わってくれたらと願っています。

治癒能力は非常に高いと思います。
ケガをしてから食事にもさらに気を使っています。
親の気持ちの問題ですけどね(苦笑)。
miyazyydot 2019.06.07 09:37 | 編集
たびいくひと さん
おはようございます。

深刻な事態だとなかなか言葉が出てきません。
みなさんも私自身も同じなんだなと感じます。

ひとまず、安心しました。
ありがとうございました。
miyazyydot 2019.06.07 09:39 | 編集
息子さん、大好きなボールをさわれるようになって、
本当に良かったですね。

目に見えない怪我は、本当にわからず怖いと思います。
ですから、しばらく経過観察が大切ですね。
若いので治癒も早いと思いますが。

miyazyyさん、本当に本当にお疲れ様でした。

じゅーあんぱんdot 2019.06.07 10:14 | 編集
お疲れ様でした。
ブログの途中
なんどか書き込もうとしたのですが、
ごめんなさい、
言葉が上手く出なかったです。

ただただ
親の愛情をとても感じました。
愛情ゆえのとてつもない恐怖が
あったのですよね。

またサッカーが出来ること。
また家族でスポーツを楽しめる事。
遠くから応援しいます!

たかたんdot 2019.06.08 13:15 | 編集
じゅーあんぱん さん
こんなに早くまたボールを使えるようになると思いませんでした。

本人は痛くないし、違和感もないとは言うけど、どこまでも心配してしまいます。
はっきり診断がついたものは、ほぼ治癒しているんじゃないかと思います。
ただ、見えない何かがあるんじゃないかと不安になるんです。

彼の変化もしっかり見ていかなきゃいけないと思っています。
ありがとうございます。
miyazyydot 2019.06.10 10:05 | 編集
たかたん さん
好きな物を突然奪われるのって怖いことです。
特にその事を中心に生活していた思春期の彼にとって。
どうなってしまうんだろうって思いました。
なんとしても取り戻してあげなきゃと思いました。

まだ完全復帰ではないですが、慎重に前に進んで行こうと思います。
ありがとうございます!!
miyazyydot 2019.06.10 10:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top