FC2ブログ
2019
12.25

人として強くなりたいです

Category: 一言
昨日の続きです。



今でこそ高齢出産で子供を産む人が多いですが、私の親たちの時代はあまりいなかったと思います。

私は歳の離れた末っ子で、小さい頃よく父といると「おじいちゃんと一緒で良いね」と言われました。

母の事は好きだったし、お弁当はどの家よりも美味しいと思っていましたが、周りの若いお母さんの中で、いつからか母といることに恥ずかしさを感じていました。

だから、私は自分が結婚して子供を産んだら、たとえある程度年齢が上であっても、若くキレイなお母さんでいようと20代の頃から身体を鍛えたりしていました。



姉にいろいろ言われる度、私のどこに親と子どもと両方見る時間があるの?と思っていました。

自分は子供も社会人になって、時間も自由がきくけど、私自身具合が悪くなっても病院へも行く時間が取れないのに。

すると姉は

「忙しい忙しい言うなら、子供を2人も産まなきゃよかったでしょ」
「もっと早く結婚すれば良かったじゃない」

おいおい。

「因果応報ってことなんだよ」
「あなたがそんなだと、あなたの大事な人に何かあるよ」
「だから子供が怪我するんじゃない」

私自身の事なら何を言われてもガンマンしますが、子供を巻き込むのは止めてくれ。

確かに私も悪い。

だけど、ひどすぎやしないかい。

堪らず

「因果応報、そうかもしれないね」
「だけど、そうやって言葉に出して言うことは、必ず自分に帰って来るよ」
「だから、言葉には出さない方がいい」

そう言うと姉は黙りました。



こんな話ばかりで、姉との電話の後はいつも泣いていました。

そんな私を子供達も見ていました。

姉は私の子供達、特に娘を可愛がってくれていました。
(女児より行動が雑な男児はどちらかと言うと嫌いなようで)

だけど、そんな私を見ていて、子供たちが今まで通り懐くわけもなく。



今現在、母は施設にいます。

姉は悩んだようですが、このままだと姉の方がおかしくなってしまう。

冷たいようでも「入れた方がいいよ」、それが私の判断でした。

最終的に母を施設に入れることを決めたのは、私と言う形になりました。



母はもう私の事は娘と分かりません。

私が会いに行くと「まぁきれいな人ねぇ」と顔をじっと見ます。



姉はよく「お父さんもお母さんも、もういい年なのよ!!」と言っていました。

数字では分かるけど、私にはその実感がなかったんです。

変な話、私自身が歳をとったなんて感じていなかったんですから。

私も変わらないし、だから両親も変わらないはず。

そう思い込もうとしていたような気がします。

だからなおさら、変わっていく両親の姿も見たくなかったのだと思います。

こんな事あるはずない。

こんなのお母さんじゃない。

あの時みたいに笑ってほしいな、あの頃みたいに楽しく過ごそうよ。



この1年、毎日のように考えていました。

どうして自分はこうなのか。

言い訳をせず、悪いところは悪いと認められるようになりなさい。

現実を、現実をきちんと見れる目を持ちなさい。

なぜ私は非難されるのか、原因は分かっているはず。

相手の立場をよく考える事。

子供達に言うようなことを、自分自身に向かって言い続けていました。



関連記事

トラックバックURL
https://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/1438-c4a867b3
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2019.12.26 10:07 | 編集
鍵コメ さん
コメントありがとうございます。

みんな直面する問題なんですよね。
コメントを読んでいて、やっぱり私も受け入れたくなかった、認めたくなかったんだなと思いました。
毎日思い出さない事はなくて、その中で思い出すのは母の「笑顔」なんですよね。
ここでこんなことしたとか、楽しかった記憶ばかり。
まだ健在なのにね(苦笑)。
笑わなくなって、話が一方通行になってしまった母を受け入れることがなかなかできなかったんですね。

今年は逃げることなく自分と向き合う年になりました。
大事な年になりました。

お話、とても伝わってきました。
ありがとうございます。
miyazyydot 2019.12.26 10:44 | 編集
こんにちは、miyazyyさん

ご両親が老いることは辛いですね
ヨッシィーも90歳を超えた両親がいます
80歳代は元気でしたから、本当に急激に老いを感じます

最近では、受け入れて来れるようになりました
miyazyyさんもだんだんと納得できますよ

お姉さんから見たらmiyazyyさんは、今でも年の離れた妹で
幼く見えているのでしょうね
ヨッシィーdot 2019.12.26 14:15 | 編集
こんばんは

この種の事情は難しいですね。
個別差はあるものの、いずれは老います。
それは親はもちろん、子である自分も。
自然な流れを受け入れることは必要かも
しれません。
いずれ、分かると思います。
20歳代でギックリ腰、再びギックリ腰の
自分に説得することは無理ですが・・。
ichandot 2019.12.26 21:00 | 編集
ヨッシィー さん
おはようございます。

歳をとるということが最近やっと実感できるようになってきました。
成長からある時期を境に老いに変わる。
老いていくってこういうことなんだと。

幼い頃は父母兄姉と家に親が4人いるようでした。
どの家族からも、いつになっても手のかかる子な存在のようです。
いい歳なのにお説教をされることも多いです。
たぶんそれは心配から来ているのだな、と私も歳をとってから分かりました。
miyazyydot 2019.12.27 09:42 | 編集
ichan さん
おはようございます。

そうなんですよね。
自然に抗うことは誰もできない。
止めることなんてできないんだと、当たり前の事を改めて考える事が増えました。

私自身、ある年齢から歳よりも若く見られることが多いことや、変に若いママ達より体力があったりするみたいで。
最近まであんまり歳をとってきている実感がなかったんですよね。
でも、本当に若い20代や30代前半の人たちと付き合うようになって、やっと今の自分が分かってきました。
鈍感すぎますね。
miyazyydot 2019.12.27 09:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top