FC2ブログ
2015
04.22

「ガンバレ」の言葉

Category: 一言
先週末の息子の試合で、珍しく旦那さん&娘も応援に来ました。

その時に母たちが「ガンバレ」と応援していると・・。

娘:「『ガンバレ ガンバレ』って言われると、逆にプレッシャーなんだよね

と申しました。

確かに、頑張っている人にそれ以上『ガンバレ』とは言えないと、話に聞いたことがあります。

特に震災の時期に、そんな話をよく耳にしました。

娘にしてみても、自分が現役でプレーしているが故の感想なのだと思います。

家に帰って考えました。

単純に『ガンバレ』と言われると、もう頑張っているのに、これ以上頑張れないと思うかもしれません。

でも、『ガンバレ』の中には、いろんな見えない言葉が入っているんです。

へこたれない・めげない・くじけない・諦めない・引き下がらない・逃げない・しょげない・投げ出さない・堪える・我慢・持ちこたえる・乗り越える・・などなど。

思いつく言葉を並べてみました。

本当は、ダイレクトに「諦めないで」と言ってあげられたらいいのかもしれません。

ただ、次々に変わるスポーツの場面の中で、これらの言葉を選ぶのは難しいです。

何とか相手の力になりたいが、直接は手助けができない。

手を出さず、励ます時に言葉は大事です。

『ガンバレ』と言う言葉は、もっとやれもっとやれと煽っているのではなく、応援したい相手にパワーを送りたい気持ちの表れなのかもしれません。

応援してるよ = ガンバレ なのかなと。

だから、応援する方の気持ちを伝える一言は、やっぱり『ガンバレ』なのだと思う母なのでした。


関連記事

トラックバックURL
https://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/478-7ade4ebc
トラックバック
コメント
そうですね。
応援するときの言葉って考えますね。
我が家は個人戦のスポーツなので、大会時には「落ち着いて」とか「大丈夫、普段通りで」とか声をかけます。
練習の時に「がんばって!」とよく使うかな?

言われるほうはプレッシャーになるのですね。
選手だからこその言葉、しっかりと受け止めたいと思います。
でも、一番身近で応援している親のいろんな意味を含んだガンバレも痛いほどよくわかります。
私の言葉のパワーもすべて使っていいから、練習の成果を出せたらいいね!のガンバレ!なんですよね~。
応援のパワーは絶対あると信じているので、選手に上手に伝わるといいなぁ~。
Shop Asahiyamadot 2015.04.22 16:46 | 編集
こんにちは

ガンバレの言葉は、受け取る人によって違う意味になってしまうんですよね。
前向きな気持ちの時は、『よし、踏ん張っていこう!頑張ろう』となるのに、後ろ向きな気持ちの時は『何やってんだ!しっかりしろ』と罵倒されているように聞こえてしまう。
わたしも、昔は普通に使っていました。
でも、娘に『ガンバレって言われるのが辛い』と言われて、言い方に気を付けるようになりました。
言いやすい言葉だからこそ、気をつけなくてはいけない言葉の筆頭かもしれませんね。
カミさんdot 2015.04.22 17:00 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.04.22 22:12 | 編集
最近の「頑張っている人に頑張れって言っちゃいけない」って風潮はよ~っく分かるのですが、こと、スポーツの応援に関しては間というかリズムというか、テンポ良く言わないと意味がなくなっちゃう時があって難しいですよね。
1対1でじっくりと仕事の相談を受けている時なんかだったら「(あぁ、こいつはもうメーター振り切ってボロボロなんだな…)ま、この件に関しては、もっと人員投入するよう俺から上にお願いするから少しのんびり構えようや」とかなんとか多くの言葉をつなぐことも出来ますが…。
多感な若者相手に、瞬間的に短い言葉で適切な応援って難しいですよねぇ…。
トカ太dot 2015.04.23 00:00 | 編集
Shop Asahiyama さん
「ガンバレ」と言う言葉にたいした意味はないと言うか。
応援したい気持ちがまとまった言葉なんですよ。

どのスポーツに関しても、戦術とか直接試合に関わる応援の仕方は禁止されています。
なのでなおさら言葉を選ばなきゃなんですね。

娘は試合中に私の姿が目の端に映ると、プレッシャーだと言います。(^_^;)
逆に息子は、試合中のコート外の声はあまり聞こえないようです。

種目にもよるんでしょうね。

気持ちだけ伝わったらいいですよね。
miyazyydot 2015.04.23 10:08 | 編集
カミさん
おはようございます。

「がんばれ」に過剰反応の娘と、全く意に介さない息子。

その子によって応援も様々になるんですね。

娘の時はなるべく具体的な言葉で応援しています。
たまたま息子の試合を見た娘が発した言葉でした。

怒涛のように押し寄せる試合。
サポートが大変な親にとっては、「そんなこと!」と思いがちですが、大事なことなのかもしれませんね。
miyazyydot 2015.04.23 10:14 | 編集
鍵コメ さん
負担になる言葉ではありますが、当たり障りのない言葉でもあると思います。
同じ「がんばれ」でも気持ちの入れ方は変わりますもん。

受け取り手の気持ちでしょうね。
基本にあるのは、「相手を思いやる気持ち」なんですね、きっと。

私も「がんばれ」と言われて、イラッとした時がない訳ではありませんもん。
「ここまでしてきた何が分かるの?」って。
あ~そっか、そんな気持ちなんですね娘。(-_-;)
miyazyydot 2015.04.23 10:18 | 編集
トカ太 さん
そうなんです。
じっくり話す時は、私はあまり使わない言葉なんですよ。

頻繁に出るのは、子供たちの試合の時。
短い言葉で、相手に伝える。
しかも言うタイミングもある。
そんなこと考えてたら、声なんて出せなくなっちゃいます。
だけど、応援したいんですよね。

特に息子の試合の場合は、息子以外の選手にかける事が多い言葉なんですね。
もしくはチーム全体。
たぶん娘はそれを分かってないのかもしれないです。

そりゃ1対1で言われ続ければ、プレッシャーにもなると思いますもん。

難しいぃぃぃーー(ToT)/~~~
miyazyydot 2015.04.23 10:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top