FC2ブログ
2016
01.13

泣いて強く

Category: サッカー
先週末に今年初のサッカー大会に参加しました。

今回は息子の学年だけのチームで参加。

上の学年と混合で出場する大会ではありませんでした。

小さな大会ですが、みんなで勝利できた試合でした。

そして、みんなで優勝を掴み取ることができました。

しばらく聞いてなかった「優勝」の言葉。

子供達も親達も嬉しかったです。

ところがそんな中、息子は決勝の試合終了ホイッスルと同時にベンチで号泣していました。

骨折しても泣かない息子。

特にサッカーでは、泣かない息子。

親たちは応援席から「どうしたんだろう?」

こちらに戻って来たチームメイトに、どうしたのか聞きました。

すると

「悔しくて泣いてるんだよ。決勝に出れなかったから」

そっか。

それまでの試合はピッチに出ていました。

そして、だいたい各試合2得点づつ上げてた。

ところが、いざ決勝で出してもらえなかったんだ。

この日の試合は、「チームみんなで」の色が濃く、普段ベンチの子供たちも積極的に試合に出ていました。

すると、普段出ている子が出れない。

と思いきや、スタメンの中で息子だけ出られなかったんです。

決勝だったので、もう得失点は関係ありません。

得点が取れない試合でもなかった。

息子のポジションに普段ベンチの子が入っていた形でした。



コーチの配慮か、大会後の交流戦にほぼフルで出してもらっていた息子。

ベンチの仲間たちは、息子の名前を大きな声で叫びながら応援してくれました。

息子も決勝の悔しさを晴らすほどの走りをしていました。



後でコーチと少し話をしました。

「ベンチの子供の気持ちが分かったでしょう。それも大事」

とおっしゃっていました。

そうなんですね。

息子の一件で、優勝に沸いていた子供達にコーチからお話が。

ベンチの子は、出れなくて悔しい気持ちを忘れないで。

ピッチの子は、そういう思いをしている子がいることを忘れないで。



最近、いろんな絡みで出場回数が減ってきていた息子。

だけどね、これも君を大きくしてくれる試練なんだよ。

201601サッカー大会

写真の時の息子は、いつもと同じオチャラケキャラに戻っていました。

普段とは全く違う息子の涙に、仲間たちは驚いたことでしょう。



もうすぐ再び、上の学年と合同チームの選抜メンバーが選ばれます。

1次には通ったけど、その中から後2人落とされる。

発表がないだけで、たぶんもう決定しているだろうメンバー。

どんな結果になっても、またそれを力に変えてほしいなと思う母でした。

関連記事

トラックバックURL
https://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/642-cb0c53c8
トラックバック
コメント
こんにちは、miyazyyさん
子どもさんの成長が感じられる場所に居られて
良かったですね
これからも、嬉しいこと、悲しいことが、多くありますが
徐々にその場にいないことが多くなります
貴重な時間でしたね コーチもよく考えた配慮されていますね
良いチームだと思います
ヨッシィーdot 2016.01.13 13:04 | 編集
miyazyyさん♬ こんにちは^ ^

遅くなりましたが 明けましておめでとうございます♪

とっても良いコーチですね。
全体の事を 把握して 見ていると思います。
個人競技と違って 団体競技は 心を合わせないといけませんものね^^;
個々にはいろいろ思う事があるかと思いますが…
技術面だけでなく 心も強くならないと…なんでしょうねぇ〜(・ω・)ノ

今年も ゆる〜く よろしくお願いします(* ̄▽ ̄*)
shizudot 2016.01.13 14:28 | 編集
こんにちは

こうやって大人になっていくんですよね。
ベンチにいる人の気持ちを知りその人たちの思いと共に頑張る、そんな風になってほしいというコーチの気持ちを、きっと息子さんたちも胸に刻んでくれたと思います。
息子さんの涙、新しい1歩のしるしですね。
カミさんdot 2016.01.13 17:33 | 編集
miyazyyさん☆
今年初のサッカー、優勝おめでとうございます!!

息子さんの涙、成長を感じますし、
コーチもよく考えられた人ですね!!


Lilo&Stitch!dot 2016.01.13 20:10 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.01.13 21:34 | 編集
ヨッシィー さん
こんにちは。

そうか!!
こんな場面に立ち会えることは、なかなかなくなるのかもしれませんね。
子供たちがどう感じているかを、私の目で見ることは少なくなりますね。

息子たちのチームは、まとまりが良い方だと思います。
何かあっても、子供も親もコーチを信頼しているからです。
高圧的ではなく、静かに話す言葉には、いつも感心させられるんです。
miyazyydot 2016.01.14 13:38 | 編集
shizu さん
こんにちは。

あけましておめでとうございます。(^O^)

クラブのコーチは大変だと思います。
今はいろんな子供や親御さんがいますし。
息子のクラブのコーチは、みんなを上手くしたいと言っていました。
底上げが必要なこともありますが、親としては嬉しい言葉です。

スポーツはメンタルがとても重要。
そこも鍛えられますね。(^_^;)

それでは、こちらこそ今年もよろしくお願いします。(*^_^*)
miyazyydot 2016.01.14 13:43 | 編集
カミさん
こんにちは。

ちょうど、全国高校サッカーで、東福岡の選手が同じような話をしていました。
「ベンチに入れない大勢の選手、ピッチに立っている僕たちはその分も頑張らなきゃいけない」

1人だけで戦っている訳ではないのですよね。
息子にそれが分かったかな?

彼らは、本当に日々成長しています。
学ぶことはまだまだたくさんあるのでしょうね。(^^)
miyazyydot 2016.01.14 13:48 | 編集
Lilo&Stitch! さん
こんにちは。
ありがとうございます!!

悔しい思いをして、人としてもサッカーの面でも成長してくれたらなと思います。(*^_^*)
息子は良い人たちに恵まれていますね。
miyazyydot 2016.01.14 13:50 | 編集
鍵コメ さん
そうですね。
単純に戦術だったと思います。
もともと、スタメンはこの大会へ出すかどうか、迷っていたようですので。

ただ、彼にとっては「自分がいいプレーをできないから出れない」に結びつけていたのだと思います。
「僕がダメだから」と。

スポーツをやっているとよくあること。
これをバネにできるかどうかは、本人次第です。
そこらへんも資質が問われるんだなと感じます。
miyazyydot 2016.01.14 13:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top