FC2ブログ
2016
06.27

上がったり下がったり まっことお疲れです

Category: 一言
なんだかなぁの月曜日。

久しぶりの青空でも気持ちが湧き立たない。

金曜日から喜んだり怒ったり、アップダウンが激しくて疲れちゃいました。



娘がバドミントン地区予選の組み合わせを持ち帰りました。

「あれ?

先日の地区出場決めの時、同順位チームがいくつかありました。(例えば3位が2チームとか)

しっかり順位を決めない場合、「より上位シード選手と当たって負けた方が次の大会の上位シードになるんだよ」と教えてもらっていました。

(例えば第1シードと対戦して負けたチーム、第2シードと対戦して負けたチームでは、第1シードと対戦して負けたチームが次大会で良い枠へ入れる)


それならば、第1シードと対戦した娘たちの方が良い枠に入れるはず・・はず・・。

が、3年生の先輩組の方が上位シードじゃん。

練習で試合をしても3年生に負けないのに。

3年生、5月の大会を2人でドタキャンしたことは忘れられちゃいましたか?

また顧問にやられたよ。


その枠と、娘たちが与えられた枠では、県大会へ行ける確率が全然違う。

逆に3年生がその枠に入ったとしても、上へ行ける可能性は低くなるでしょう。

とにかく3年生を優先する顧問の考えは分からないでもありません。

分からないでもありませんが、こんなの子供が納得できるわけないんです。

怒り心頭の私。

娘もガッカリしていましたが、あまりの私の剣幕に冷静になってました。

娘:「別にもういいわ
   ママ、パソコン使いたい




プリプリと怒りながら夕食を作る私に

娘:「ママぁー!英検受かってたよ!!

スピーチコンテストや定期テストの合間に行われた英検。

勉強時間もあまりなくて、受けたはいいけど自信ないと言い続けておりました。

私:「良かったね



私の気持ちのアップダウンはまだまだ続きました。



今年度、息子サッカー最大の目標は秋に行われる大会。

その大会のシードを決める大事な大会がこの週末に行われました。



初日全勝で、2日目決勝トーナメントへ進出いたしました。

その後、決勝戦まで無失点で無事に勝ち上がることができました。



決勝が始まります。

ピッチ内8人の選手のうち、いつものスタメンが5人、残り3人はいつもベンチスタートの控え選手でした。

息子はこの大会で初めてベンチスタート。

まぁ大丈夫の判断なんだろうな。



ところが、先制したものの、オウンゴールでこの大会初めての失点。

ベンチスタートのスタメン、後半1人投入。

後半の半分くらいから息子もピッチへ。

でも、点数を入れることができず、PK戦。

今回も1人目で蹴った息子、ゴール上を狙ったものの、相手キーパーの指先に当たり弾かれてしまいます。

相手チーム1人目、こちらは大きく左へ外して 0-0。


息子チーム2人目。

いつもは確実に決める選手なのに、キーパー真正面へ蹴っちゃった。

このボール取られてしまいますが、相手2人目も外してくれました。

ここまでで、点数動かず 0-0。


息子チーム3人目。

普段は控えの選手です。

外してしまいました。

そして相手チームの選手、このPKで初めて決めて、0-1。

息子チーム負けてしまいました。

結果、準優勝でしたが、たぶん誰も喜んでいない。

なぜ、「大事な試合」と言っていて、あの起用だったのか?

それが息子たちに課されたことと言え、あの時間じゃ点を返すのは難しい。

ここまで2日間頑張ってきたのに、どうして最後の最後で。

PKを蹴ったのは3人とも途中出場した選手ばかり。

ここで点数を取りたいと願ったのかもしれません。

外した時、ゴール前から帰る息子は腕で顔を覆って泣いていました。



準優勝したのに、カップを持っての写真を誰も撮りませんでした。
(自宅へ帰ってから気付きましたが

今回の大会は、誰もが優勝することしか頭になかったからだと思います。



悔しいと言うより、気が抜けてしまって。

これは何なんだろう。

コーチの意図は分かっても、交代のタイミングはどうなんだろう。

「勝つ気がないとしか思えない」と人は言いました。

そうではないと思いたいですが、何だったの?が残ります。


201606曇り空
1日めは風が強く、2日目はピッチがプールみたいでした


と週末は、怒ったり喜んだりガッカリしたり。

気持ちが忙しくて、精神的に疲労困憊です。

しかも月曜日の多忙も重なり、本日ブログにご訪問できません。

ごめんなさい。

愚痴を聞いていただき、ありがとうございました。


関連記事

トラックバックURL
https://cutleryblog.blog.fc2.com/tb.php/743-b51a4314
トラックバック
コメント
こんにちは

本当に、嬉しい事ともやもやすることが交互に来ましたね。
学校の部活って、本当にそういうものです。
3年生に花を持たせることに、重きを置くのが常。
1年生がどんなに頑張っても、『でも3年生は今年で最後』の一言で終わります。
なので、強くなりたい子がどうしてもクラブチームに流れてしまうのでしょうね。
カミさんdot 2016.06.27 16:42 | 編集
おはようございます

まずは・・・
英検合格おめでとうございます!!!
すごいですね!!!!!

そうなんですよね・・・・
勝ち負けよりも
3年生は最後だから・・・が優先な常

こちらは
民間のクラブに実力のある子は
最初から流れています

マルチ君の母dot 2016.06.28 06:21 | 編集
カミさん
おはようございます。

そうなんですね。
分かってはいたつもりが、娘の枠があまりにもな感じで。(T_T)

同じ1年生の娘の友人が心臓の検査を受けることになったんです。
唯一一緒にラケットをふってきた友人。
「3年生だから最後」ではないのかもしれないと思いました。

でも、仕方ないですね。

娘は部活+夜練+強化練習会の上にスポ少の練習にも行くと言い始めました。
身体はかなりきつくなると思います。
それでも、「できない事をクリアしたい」ようです。
miyazyydot 2016.06.28 10:04 | 編集
マルチ君の母 さん
おはようございます。

ありがとうございます♪
英検合格、それだけが良かったことかな。(^^ゞ

試合の件は分かってはいても、モヤモヤドッカンでした。

中学に上がる前に、クラブチームを調べました。
新潟で中学生のクラブチームは探し出せませんでした。
サッカーはたくさんあるのに。
辛いところです。
miyazyydot 2016.06.28 10:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top